ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
片岡義男「今日は口数がすくない」

ハワイイ抜きの片岡義男なんて…と思ってたら、案外に面白かったです。

こないだ読んだ「頬よせてホノルル」でも感じられましたが、この人って女性を魅力的に描くのが上手い。
視覚的なイメージが思い浮かぶ訳ではないのに、ちょっとした仕草や言葉遣いに感じる品のいい色気が心に残るのです。
本書に収められた短編は男女の恋愛風景が中心なので、その辺が際立って感じられるのかもしれません。

特に表題作の、そこはかとない可笑しみが好いです。
何故か続けざまに女友達から飲みに誘われる1週間、女性たちの普段と違う意思表示を淡々と考察する主人公…。
他の短編も、一つを除いて男女間の心地好いテンションに充ちていて、この作家の新たな魅力を感じました。


〈片岡義男〉関連記事:
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだ本】片岡義男「頬よせてホノルル」| 2010.02.25
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」| 2011.10.29
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」(再読)| 2016.12.01
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」(再読)| 2017.11.09
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」(再読)| 2018.01.31
【本日の脳内BGM】1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)| 2018.06.19
【最近読んだ本】アーヴィング・ペニグ(著)、片岡義男(訳)「メシア・ストーンズ 聖なる石をもとめて」| 2018.09.12
【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24
0
    | books | 2010.03.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top