ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「七瀬ふたたび」

久し振りに読み返した、七瀬3部作のひとつです。
特にタイトルでシリーズを謳っている訳ではないので、そうと知らずバラバラの順序で読んだ僕のような人も多いのではないでしょうか。

読心能力を持つ少女、火田七瀬が様々な家庭の内面を見せつけられるネガ・ホームドラマ「家族八景」から数年後の物語です。
で、これは若干ネタバレになりますが…。
「エディプスの恋人」で神の座を引き継がなかった七瀬が、本作で死んで完結する話なのだと今の今まで勘違いしてました。
本作のラスト、山荘からの脱出途中で事切れた七瀬に「エディプス〜」の印象的な書き出しに至る過程で何があったのやら…?

ともあれ、本作に話を戻しますと。
70年代半ばという執筆時期の色が濃く漂ってくる、筒井作品にしては数少ない「古臭さ」を感じる点が多々あります。
序章に描かれる場面は古びた夜汽車のイメージが緊迫感を盛り上げてくれるのですが、ヘンリーという黒人の設定には現代的な感覚から違和感を覚えます。
日本でバーテンをしている彼が、部族とかアニミズム的な思考をするか?と。
まぁその辺も、小松左京平井和正などエスパーものが全盛だった雰囲気を醸し出しているのですが。
あさま山荘を思わせるラストシーンにも、時代を感じてしまいます。

予知能力者が見た夕景の描写は、最初に読んだ時から忘れられない名場面です。


関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2010.03.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top