ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
松本剛「北京的夏」

なんと原作は北京在住('07年)のファンキー末吉、彼の実体験から生まれたフィクションは1990年の中国で始まります。

'90当時、爆風スランプは「ランナー」とか「リゾラバ」といった方向にシフトしていった時期だろうか。
「青春りっしんべん」でもなければ「黎明」でもない、何か詰まらなくなってしまっていった爆スラと重ねてしまいそうになります。

(商売音楽に魂を売った)と自嘲する、人気バンドの作曲兼ドラマーが主人公。
売れ線を求められ行き詰まった彼が、充電と称して向かったのは意外にも中国。
ミュージシャンといえばアメリカやらロンドンなんていうパターンへの対抗心からの、あんまり意味もない海外逃亡でしたが…。
体制に抑圧された街で出会ったロック・ボーカルの女性、リュイを通じて失いかけた魂に火花が弾けます。

天安門の一年後に打ち上げんとする自由の仕掛け花火、メンバー達の胸に去来する不安とトラウマの中で迎えた当日…そして後日譚。元カノで売れっ子漫画家の美菜子やマキシムのジェフなど、端役も効いてます。
熱く、ほろ苦い顛末に思わず泣けてしまいました。

続編、本当に期待してます(もう脱稿したのかな?)。
そして何となく、守村大の「パワー・フール」を読み返したくなりました。

初出は'92〜'93年、本書は松本剛の全作品復刊プロジェクト第3弾として講談社BOXよりリメイク刊行されたもの。


〈中国〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】久保田千太郎(作)、久松文雄(画)「秦始皇帝」上下巻| 2009.09.22
【最近読んだマンガ】和泉かねよし「二の姫の物語」| 2009.06.25
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】ケレン・スー「ふるさとのパンダ」| 2010.06.06
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだマンガ】加藤四季「お嬢様と私」3巻| 2010.07.10
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
【最近読んだ本】宮城谷昌光「重耳 (上)」| 2019.05.10
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」展| 2018.10.29
0
    | comic | 2010.03.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top