ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
大島弓子「雑草物語」

漫画の場合、あとがきを先に読む事は滅多にないのですが、たまたま今回は「あとがきマンガ」から先に目を通してしまいました。
「この原稿だけだと一冊の本にならないから他のいろんな原稿を足してまとめてはいかがでしょう」
…という編集者の意見によって、エッセイと趣味で撮った花の写真を織り混ぜたまとまりのない本になってしまったようです。

特に巻末の、答えようのない愚問に終始する「大島弓子さんへの20の質問」は埋め草としても救いようのない編集仕事で。
もう本編を読むの止そうかという気分にさせられましたよ…。
ただでさえ、中1で買った「すいーん星旅行記」という高額絵本で懲りた経験から、作者を敬遠してたし。

でも、読んでよかった!
与える愛を思い出させてくれる「クリスマスの奇跡」、'93年当時は知られていなかったネグレクトを遠景に配した短編小説「近未来オリンピック」、そして軽やかながら最後にずしっと沁みる表題作…どれも巧みです。
筋書きだけ説明されたら読む気にもならない、一歩違えれば素人ポエムになりかねない題材を凄まじく鮮やかに輝かせるのですね。

13の僕には早すぎた、きっと23で読んだとしてでも分からなかったろうな。
今だから響いてくる、まだ言葉にはなっていない心の動きが丁寧に切り出されて磨き込まれている感じ。
緩いまとまりのなさも、改めて思えば好い感じかも。
0
    | comic | 2010.03.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top