ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
フレドリック・ブラウン(著)、星 新一(訳)「闘技場」

本書は、10代の読者に空想科学小説を紹介する「ボクラノSF」第3弾として刊行された、古典SF作家のアンソロジーです。
訳出年代が古いようで、故人の初訳に改訂が加えられている旨の但し書きが巻末にありました。
要するに、これもバージョン2.0的なものなのでしょうか。

カバー及び挿し絵は島田虎之介なる新進漫画家による(アメコミ調の杉浦茂)で、意外とよくあう感じです。
著者の名前も知らなかった僕は、椎名誠の解説も含めて楽しく新鮮な気持ちで読む事ができました。
もちろん僕は、ターゲット層の10代ではありません…といいますか、それ位の子供がいてもおかしくないんですけどね。笑

読んでて思い出したのは、10代の初めに買った星新一の単行本でした(ただし本書はショートショートではなく短編集ですが)。
それに加えて、古いアメリカのコメディ映画のようなエスプリというかウィットをふんだんに盛り込んだような。
まさに奇想天外、軽妙洒脱な14編です。

ペーパーバック・サイズ、ユニークなロゴ・デザイン、本文のフォントも読みやすくて丁寧な作りです。
しかも本文、扉、見返し、表紙、カバーそれぞれの用紙種別も記載されており、ある意味ブック・マニアをも唸らせる凝りようかも。
作品自体も面白いですが、製本に携わった人たちの愛情も魅力です。


関連記事:
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」2012.10.09
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」2012.10.17
【最近読んだ本】フレドリック・ブラウン「まっ白な嘘」2013.05.24


〈海外古典SF〉関連記事:
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】シオドア・スタージョン「不思議のひと触れ」| 2010.09.28
【最近読んだ本】レイ・ブラッドベリ「バビロン行きの夜行列車」| 2012.08.09
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
0
    | books | 2010.04.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top