ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
今市子「百鬼夜行抄」5巻

前巻のあらたかな霊験によって(なのか?)無事に大学生となった律ですが、やはり華やかなキャンパス・ライフとは縁遠いようで…。

飯嶋家の遠縁にあたる兄弟の失踪と兄嫁のミステリー、そこに不器用な人たちの愛を描いた「雲間の月」。
妖怪たちの宴と一途な犬と老婆の織り成す、ほろ苦い喜劇「うす紅色の女」。
謂われを持つ桜の大樹に運命を狂わされた一家と、眼帯をした律の因縁が交錯する「魔の咲く樹」。
祖父と異形との口約束が、母を通じた頼まれ事と師を自認する住職の祓い物とで思わぬ決着をみる「狐の嫁入り」。
家人の留守に始まった、百物語ならぬ妖怪十五物語と因業ジジイの首が奏でる狂想曲「笑う盃」。
呪われた家に監禁された少女に助けを請われた律が、会話の中から事件の秘密を解き明かす「秋しぐれ」。
そして「魔の咲く樹」での眼帯に至るプレ・ストーリーと、若き祖父が洩らしていた『身の内に妖魔を棲まわせる』という台詞が司からも発せられる「返礼」。

著者は芝居の演出兼脚本家ではないかと思う位、拡げた話を一気に回収するのと見せ場の組み立てが上手いです。
というかホラー話の魅力は、人の情を掘り下げる腕前にかかってるんだなぁーと感じたりも。
笑い同様に怖さも鮮度があって、どこかで(この話は知ってる)と思われたら褪せてしまうのでしょうね。


前巻

続巻
0
    | comic | 2010.04.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top