おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「CASIOPEA act−one」

これは、ビデオを所有する友人が保存版として焼いたものだが…DVDで再発されているのだろうか?
当時、レア映像にファンは歓喜したものだ。

特に冒頭の、六本木ピット・インの狭いステージでの「Time limit」と「Midnight rendezvous」
佐々木隆の荒々しいドラミングが特徴的な最初期のカシオペア、撮影年度は不明だがデビュー間もない頃のPRライブだろうか。
時代がかったエフェクトに加えて、機材の古さや記録媒体の経年劣化ゆえか非常に不鮮明ながら必見もの。

続いてドラマーが神保彰に交代した芝ABCホールでの3枚目「サンダーライブ」から「Have a nice dream」、ドラムとベースの各ソロを間に挟んだ「Black joke」。
バンド・ステッカーを貼ったメイプル・ネックJBを弾く櫻井哲夫が若々しい。

そして'82年「ミント・ジャムス」収録ライブ、アルバムよりも長い「Domino line」のソロ後にぶった切りで「Midnight rendezvous」へと強引な編集。
櫻井は既にBBのミルク・ベースを使用してるし、揃いの妙なステージ衣装もまだ無難に(?)ジャンプスーツで済ませている。笑

更に翌年のロンドン公演から「Spice road」、最後はライブ映像と向谷実が描いたイラストが動き回る「Down upbeat」のプロモ(当時12インチでリリースされたロング・バージョン音源)。


〈カシオペア〉関連記事:
【CD】「HEARTY NOTES」「RECALL」| 2008.06.02
【LP】「アイズ・オブ・ザ・マインド」| 2009.06.14
【LP】「ダウン・アップビート」| 2009.06.17
【LP】「Jive Jive」| 2009.06.19
【12"EP】「ZOOM/DOWN UPBEAT」「HALLE/HOSHIZORA/LOOKING UP」「SUN/MR. UNIQUE/SAMBA MANIA」| 2009.06.28
【LP】「サン・サン」| 2009.07.15
【EP】「ザ・サウンドグラフィー」他| 2009.08.12
【LP】「HALLE」| 2009.08.16
【LP】向谷実「ミノル・ランド」桜井哲夫「DEWDROPS」神保彰「Cotton」野呂一生「sweet sphere」| 2009.08.19
【DVD】「LIVE IN LONDON 1983」| 2010.04.26
【LP】「ミント・ジャムス」| 2012.10.28
【CD】「Mint Jams」| 2013.07.21
【DVD】「CASIOPEA MONTREUX JAZZ FESTIVAL 1984」| 2016.07.16
【DVD】「CASIOPEA 3RD 〜A・SO・BO TOUR 2015〜」| 2017.07.05
【DVD】「カシオペア・コンサート」| 2017.07.11
【DVD】「CASIOPEA LIVE」| 2017.07.17
【DVD】「CASIOPEA 3rd & INSPIRITS 〜Both Anniversary Live〜」| 2018.08.27
【CD】「HALLE」| 2019.05.25


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Black Joke (at Roppongi PIT INN 79/06/01) / Casiopea』(初代の荒くれドラマー、佐々木隆の手数あふれるプレイは見ものです・・・それと詰まらなそうな、隙間を探してるような客演の大村憲司も。笑)



以下、収録曲リスト

1・Time limit
2・Midnight rendezvous
3・Have a nice dream
4・Black joke
5・Domino line
6・Midnight rendezvous
7・Spice road
8・Down upbeat (12" version PV)
0
    | cinema | 2010.04.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top