おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池澤夏樹「タマリンドの木」

読み始めて、著者の「マリコ/マリキータ」という作品の印象が重なっていた。
もしも「マリコ/〜」を未読であるなら、あの切なさに貫かれた後で本書を体験される事を薦めたい。

文庫版の本書には、背表紙にあらすじが書いてある。
タイ国境の難民キャンプで働く修子と、サラリーマンの野山は日本で恋をする。
現地に戻った彼女を追いかけた野山だが、そこには修子の姿はなかった…とある。
だから「マリコ/〜」のような結末に違いないと、どこかマリコの面影を修子に重ねてしまう自分が少し辛かった。

しかし野山は修子と再会するのだ、ただし…。
彼女の恋が本気である事は、かなり男性の視点では分かりにくい。
時に女性は男性を無自覚に試すが、修子はそうしているのではないのだ。
オーロラの下で、野山は考える。
“最後まで握っている力がなければ、いかに大事なものでも手を開いて落ちるに任せるしかない。人はそれを見て、おまえが捨てたというだろうか。”

ここで東野圭吾の「秘密」と、自分が経験した握力の弱さをおもった。
確かに、恋とは自分のためでしかないと知っているし“今しかない”ものだ。
だが野山は、否、だからこそ野山は…。

読み返すと、毛利の存在が効いてくる。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2010.04.23 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top