ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池澤夏樹「マリコ/マリキータ」

表題作を、先日の「タマリンドの木」を読んでいる間、強く思い出していた。
確かに、あの掌編を書き上げるための習作だったようにも思える。
出会う場所も結末も対照的で、アンハッピーエンドではあるが忘れ難い余韻を残す本作が劣る訳ではない。
単に主人公あるいは著者の握力が本作では生々しく、「タマリンドの木」は希望に彩られているだけで。

再読して、修子の原型とも思えるマリキータの強さと弱さに改めて惹かれた。

他に4つの短編が収められており、どの作品にも異国の気配がある。
意外な消息から回想する、超然とした義兄の思い出。
南の島に赴いた技師の、衛星回線の調整と呪術的な一夜。
手紙形式で知らされる嫁の出奔と経緯から導かれる、空想の結末。
理解を超えた体験と、そこから帰還した男の根源的な葛藤。

それぞれ異なった手法を用いた、まったく関連性のない小話でありながら何か通底するものを感じる。
隔たった価値観への受容、憧れ、跳躍…もしくは隔絶したように見える地平も想像力によって到達可能であるといったメッセージかもしれない。
…と、そのような解釈も読み手の立ち位置を反映するものでしかないのだが。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2010.05.02 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top