ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池上永一「ぼくのキャノン」

こないだ読んだ「バガージマヌパナス」の鮮やかさに惹かれて、本作を取った。
沖縄のどこかにある、グスクにそびえる「キャノン様」を奉る変わった村って?
表紙イラスト、もしやと思えばやはり五十嵐大介…ならばハズレは有り得ない。

主役はノロの孫である雄太を中心とした3人の子供と、祖父母にあたる3人の老人である。
彼らを繋ぐ筈の3〜40代は本作においても完全に除外されていて、年代的には風を呼ぶ男衆と華やかな寿隊が20代、帰還兵上がりの山師は50代より上だ。
沖縄戦に911を絡めた荒唐無稽なサスペンス要素が、謎だらけの村の儀礼を解き明かしてゆく。

現代的なコミカルさは相変わらずに(しかしヘドバとダビデの下敷きって!)、沖縄の記憶を新たな物語へと深化させた手腕は見事。
国からの補助金にすがり付く自治体…という構造に建設的なアンチを唱えた「エンデの島」ほど重みはないが、隠し財産の目眩ましに開催される祭り行事は半歩進んだ可能なアイデアだ。

クライマックスで語られる村の悲劇と3人の決断、守護と災厄の象徴に宿っていた祭神の発動とゼロ・ベースの再現…。
著者には、また泣かされてしまった。
又吉栄喜「背中の莢竹桃」などの沖縄文学を、若干ラノベ風味が入った文体にそぐわず見事に継承しているのではないかと僕は感じる。
読後は心晴れやか、久しぶりに希望という言葉を思い出した。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】岡本敏子(編)「岡本太郎の沖縄」| 2009.01.28
【最近聴いたCD】V.A.「沖縄そば屋さんのBGM」 | 2010.08.13
【最近読んだ本】畑正憲「海からきたチフス」| 2010.10.18
【最近読んだ本】池上永一「やどかりとペットボトル」| 2011.08.24
【最近聴いたCD】中田悟「中田悟 自然音シリーズ 伝説の島 沖縄」 | 2011.09.06
【最近読んだ本】柚香「金魚の国の物語」| 2012.03.22
【最近読んだ本】ノーマン・メイラー「なぜわれわれは戦争をしているのか」| 2013.01.03
【最近読んだ本】恒川光太郎「夜市」 | 2013.04.09
【最近読んだ本】宮城篤正(監修)「すぐわかる沖縄の美術」 | 2013.04.12
【最近読んだ本】三浦しをん「白いへび眠る島」| 2016.10.16
0
    | books | 2010.05.07 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top