ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ラフカディオ・ハーン(著)、船木裕(訳)「完訳 怪談」

小泉八雲の「怪談」は、記憶に間違いがなければ、これで3度目になる。
一つは抄訳で、一つは昭和中期の古本で随筆も併せて収録されていた。
どれも異なる訳者による味わいがあったし、本書もまた現代語に近い語り口による訳出が特徴的である。
それにしても、妙にご縁があるものだ。

かの岡本綺堂も別所で書いていたが、この(語り口調)というのは、怪異譚に欠くべからざる要素である。
日本における採話文学の祖ともいわれる著者は、それをわきまえていたからこそ聞き書きというスタンスで記したのかもしれない。
そして本書には、完訳を謳うだけあって「著者序文」および「蟲の研究」と題された随筆3編も収められている。

本書の「怪談」に関しては、ほとんどが有名な話であり、古代中国の怪異譚からのバリエーションが含まれる事は著者自身の指摘するところでもある。
ただし咄家によって語られてきた、情話めいた湿度のある怪談噺とはまったく趣きを異にするものだ。
長く巷間の伝聞に晒されるうち、妄執や怨念といった気配は色褪せて擦りきれたのだろう、おどろおどろしさは消え奇妙な風味だけが物語を彩る。
故に飽きが来ない。

3編の虫をテーマとした随筆からは旧き日本人の心が沁々と感じられ、流浪の異邦人であった著者の洞察力に感嘆を覚える。


関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】河島弘美「ラフカディオ・ハーン 日本のこころを描く」| 2011.10.14
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
0
    | books | 2010.05.19 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top