ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「近所迷惑」

初刷'02年の徳間文庫オリジナル版「自選短篇集1 ドタバタ篇」であり、'66〜'86年の9作品と巻末に自作解題を収録。

かつて新潮社が出した全集を、中学生だった僕は毎月買っていたから、断筆前の「虚構船団」より過去に発表された作品は一通り読破している筈だ。
しかし結構ストーリーを忘れてしまっていて、こうして読み返してみて思い出す作品も少なくないようだ。

初めて読んだ「おれは裸だ」は初出が'86年、他は'74年までの作品である。
'66年に発表された「慶安大変記」は10年後の近未来に巻き起こる大学生と予備校生との戦争で、今から40年前に受験競争や予備校が存在していた驚きと同時に現実の昭和54年には未来設定が何も実現していなかった事を思い出す。
まぁ厳密な考証によるSFではなく、これらはドタバタ喜劇なのだけど。
逆に「アフリカの爆弾」は人類の進歩のなさというか、当時の空想が40年経って現実味を増した時代の皮肉な味付けが新たな魅力となっていたりも。

別に不満という訳ではないが、もっと過激なドタバタ作品たちが選に洩れたのが不思議ではある。


関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16

関連ありそうな記事:【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
0
    | books | 2010.05.25 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top