おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近読んだマンガ
手塚治虫「ユフラテの樹」

手塚治虫文庫全集の一冊で、表題作の他「日本発狂」を収録。
どちらもずいぶん前に読んでたのですが、すっかり忘れてました。

「ユフラテの樹」は孤島に実る神の果物と超能力を題材とした作品で「日本発狂」は死後の世界を取り上げた、それぞれ'73年と'74年に「高1コース」という雑誌に1年間ずつ連載されたもの。
行き当たりばったりでもこれだけ描けてしまうんですね、しかしネタから時代臭を感じてしまいます。

ちょうど虫プロが倒産した時期で、他にも「ブラック・ジャック」「ブッダ」などの連載を多数抱えていたようです。
そういった、後年も高く評価されている作品に比べれば(やっつけ仕事)なのは明らかで、初めから1年という期間を分かっていながら風呂敷を拡げ過ぎて強引に終わらせた質の低さは否めません。

でも、マンガってこういうものでいいかなって気はしますね。
深い余韻や感動も得られれば有難いですが、そうでなければならぬとなったら息苦しいものですし。
ま、愛すべき駄作と。


〈手塚治虫〉関連記事:
【最近読んだマンガ】手塚治虫傑作選「家族」| 2008.08.23
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2009.06.11
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ガラスの城の記録」| 2011.07.21
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」| 2012.03.30
【最近読んだ本】司城志朗「MW ―ムウ―」| 2012.06.01
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻(再読)| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
【最近読んだマンガ】手塚治虫「百物語」| 2013.07.31
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫の描いた戦争」| 2018.01.07
【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫『戦争漫画』傑作選II」| 018.01.14
0
    | comic | 2010.05.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top