ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
中村庸夫「ルンバ・ルンバ……イルカに出会うとき」

お気に入りの川辺で本書を開いた時、潮の香りが一段と濃く感じられた。
水中を3次方向に泳ぎ回る姿、洋上を跳ねる姿、その海と遠くでつながっている…都会の川は澄んではいないけれども。

幾葉の写真は、かつてどこかで見た気がする。
それは15年前に、友人たちがくれたポストカードだったかもしれない。
というか、彼らが撮った写真と似ていただけかもしれない。
イルカの写真は、プロじゃなくてもそこそこの出来に撮れるから。

あの頃、周りでドルフィン・スイムが流行っていた。
というよりも、そういった関心を持つ人たちと知り合う機会が多かったのか。
しかし僕自身は、イルカに会いたいと強く思ったりはしなかった。
例によって(好きだから行く)というのは自分的に違うから、そうする人の話を聞いて写真を見せてもらう事で足りていたのだ。
今もその気持ちは変わらないし、今はまた別の誰かがイルカを追いかけているのだろう。

…そんな、懐かしい気持ちと海からの風に浸れた。
奥付けをみれば'95年の刊行、なるほど。
イル・クジ会議仕様のGショックとか、今では黄ばんで誰も着けてはいない。
だけどルンバ・ルンバたちは、今も楽しげに暮らしているに違いない。
時には人に食べられたりもして、僕らは生きてる。
そう思う。


〈イルカ・クジラ〉関連記事:
【最近読んだ本】川端裕人「クジラを捕って、考えた」| 2007.07.18
【最近読んだ本】よしもとばなな「イルカ」| 2008.04.15
【最近読んだ本】リチャード・プラット/朝比奈一郎「海賊」| 2009.01.04
【最近読んだ本】池澤夏樹/高砂淳二、垂見健吾「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近の驚き・発見】女性のおでこはイルカっぽい| 2010.08.21
【最近やったゲーム】PS2ソフト「エバーブルー」| 2011.11.29
【最近みたDVD】「銀河ヒッチハイク・ガイド」| 2013.01.12
【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24
【最近読んだ本】相川結/HIROKAZU「トウキョウ イルカ 東京(魚敷)」| 2014.04.17
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン/テリー・ビッスン/嶋田洋一「JM」| 2014.07.16
【最近読んだ本】中村風詩人「ONE OCEAN」| 2015.12.19
【最近みた夢】ヴァーチャル技術のパビリオン| 2016.10.21
【最近読んだマンガ】石塚千尋「ふらいんぐうぃっち」3巻| 2017.02.16
0
    | books | 2010.06.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top