ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
ますむら・ひろし「銀河鉄道の夜」

「ますむらひろし賢治シリーズVol.1」とありますように、原作は宮沢賢治です…って知ってるか、普通その位。

自分の中では、原作は「星の王子様」と並ぶ文学界のビートルズ(またはディズニーランド)であります。
世間の絶賛する良さが、僕には理解できないという意味で(まぁ両書とも読了すらしてませんが)。

本書の著者は、80年代に人気を博した擬人化猫の漫画家で…どちらかといえば、こちらもまた否定的意見は聞かれないものの個人的には良さが分からない系。
感傷的というよりも悲愴な妄想、最終形も初期形も一部散逸した原稿、独特な崩した日本語といったオリジナルに由来する好ましからざる要素は、コミカライズにおいても忠実に踏襲されております。
故に、大して面白くはないというのが素直な感想。

ただ興味深いのは、賢治自身キリスト者であるように読める割に、唐突に挿入された巨大な十字架に祈る場面は宗教や信仰を肯定している感じがしない事です。
むしろ幻想にすがる人の弱さを見守るような視点、のようで意味深長ですね。
それと光をエネルギーの一形態と定義する辺り、賢治の時代を思えば相当のオカルティストです。
今風に言えばスピリチュアル、一昔前のニューエイジ的な世界観とも言えます。
夢オチの幻想物語の中に仕込まれた、時代の先へ託したメッセージはどれくらいあるのだろう?…なんて。
0
    | comic | 2010.06.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top