ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ダライ・ラマ「世界平和のために」

少し前までの“FREE TIBET”なる鬱陶しいムーブメントが沈静化してきて、ほっとしたような呆れるような微妙な気分ではあります。

本書は'99年にニューヨークで行われた4日間の講演をまとめたもので、更に序章として最終日の朝に行われたセントラルパークでの講話が収められています。

僕も10年ほど前に聴きに行く機会がありましたが、とてつもない眠気で一部始終が夢うつつでした。
それはそれで文字通り夢のような体験でしたし、個人的には本書でも同じような感覚を得ました。

ダライさんの言わんとするところは、基本的に誰もが知ってるであろう事です。
僕にとっては、その理想を身近な事としていく中での確認というか見直しの機会とする受け入れ方ですね。

本書で中心的に語られる修養の方法は、それほどカジュアルではありません。
特に僕個人は瞑想というのが上手くできないし熟達の意欲も持たないので、大半は頭の中を素通りでした。
仏陀の心境に至るためのチベット仏教的なメソッドの一つで、単にアカデミックな興味本位では意味がないでしょう。

ダライさん信奉者でもないし“FREE TIBET”とやらにも無関心な僕ですが、本書からは(キリスト教圏においては仏教もまた一神教なのね)と感じられました。


関連記事:【最近聴いたCD】ナムギャル・タツァンの僧侶「チベット密教 極彩の響き」| 2009.02.06


その他、関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】加藤敬「マンダラの里」| 2008.10.29
【最近読んだ本】松本栄一、色川大吉・上野千鶴子「KAILAS チベット聖地巡礼」| 2008.11.23
【最近読んだ本】後藤多聞「遥かなるブータン〜ヒマラヤのラマ教王国をゆく〜」| 2009.08.31
【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近読んだ本】山折哲雄、大村次郷「ブッダの教え 仏教2500年の流れ」| 2012.10.02
0
    | books | 2010.06.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top