ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近聴いたCD
ジミー・キャスター「ヘイ・リロイ」

'06年リリースの本作、原盤は'67年である。
イースト・ハーレムの「エル・バリオ」で撮影されたジャケの写真、手前でサキソフォンを掲げた童顔の青年が作詞作曲にボーカルからパーカッションまで兼ねる23歳のジミーだ。

スマッシュ・レコーズ(マーキュリーの別レーベル)からのデビュー作だが、初のリーダー・アルバムの10年も前から音楽業界に身を置いていただけあって非常にこなれている。
強い黒人訛りの呼び掛けでスタートする楽曲は、裏ジャケの英文解説に“Latin Rock”の文字があるようにカリプソ風味ではあるが、現代的なニュアンスでのロックではない。

歌と呼べるほどの歌唱は入っていないし、主としてサックスがリードを取るジャジーなインストゥメンタルである。
今風に言えばラウンジ系といったところだが、それが作為的なアプローチだった訳ではない。
プエルトリコやドミニカ出身の人々に囲まれて育ったアップタウンでは、バミューダ諸島の血を引くジミーにとって耳に馴染んだ音楽の延長だったのだろう。

もちろん時代の流行もあっただろうし、それからも時代は移ろっていった。
そして40年を経た今、どこか懐かしくて新鮮なサウンドとして僕の耳を捕らえるのだった。

〈サルサ〉関連記事:
【いま聴いてるCD】ウィリー・ボボ「レッツ・ゴー・ボボ」| 2007.07.19
【最近聴いたCD】SPANISH HARLEM ORCHESTRA「UNITED WE SWING」| 2011.06.05
【最近聴いたCD】ウィリー・コローン「オリジナル・ギャングスター」| 2011.10.18
【最近聴いたCD】WILLIE BOBO & HIS ORCHESTRA「Let's Go Bobo !」(再聴)| 2012.09.30
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「デイブは宇宙船」| 2017.03.14
【最近みたDVD】「ポリー my love」| 2017.03.29
【最近聴いたCD】V.A.「IRMA LATIN FLOOR」| 2018.03.07
【最近聴いたCD】V.A. 「Latina Cafe: Best Of」[Disc 1](再聴)| 2019.03.21
【最近聴いたCD】V.A. 「Latina Cafe: Best Of」[Disc 2](再聴)| 2019.04.01
【最近みたDVD】「カムバック!」| 2019.10.29


*以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

『Jimmy Castor - Hey Willie』(Sound Only)
0
    | music | 2010.06.12 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top