ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
「男鹿和雄画集II」

「ジブリTHE ARTシリーズ」だそうで。
「スタジオジブリ責任編集」と謳った、やや大ぶりの本であります。

アニメーションの背景美術なるもの、その表現技法や用いられ方について、数々の作品で美術監督を務めている男鹿和雄という人の仕事から学べる本です。
なので画集と題されてはいますが、淡々と絵が並べられているのではなく、実践的な解説による「背景画入門」といった趣き。

今やアニメ制作にCG技術を取り入れていないのは「サザエさん」だけだと、どこかで聞いた気がします。
ジブリでもセル画を使った最後の作品が「もののけ姫」だったそうで、5人もの美術監督を立てた内の一人として参加した背景画から中心に紹介されてます。
男鹿が育った東北地方の環境、木々の植生や空気遠近を上手く起用したのだと感じます。
というか、やはり「もののけ姫」は空前絶後のアニメ作品だったと改めて驚かされました。

更に宮崎駿の盟友、高畑勲が監督した「平成狸合戦ぽんぽこ」での背景美術も重点的に紹介され、作品による背景の要点や描き方の違いがよく分かります。
他にも様々な作品を取り上げて、華やかなキャラクターの背後にある風景の重要性を確認できました。
背景動画という技術、絵筆メーカーとの15年、色味と情報密度の加減など、いわば“アニメを10倍楽しむ知識満載”です。


〈ジブリ〉関連記事:
【最近読んだ本】名倉靖博「名倉靖博画集 ムーミン」| 2010.08.08
【最近読んだマンガ】柊あおい「耳をすませば」| 2012.01.09
【最近読んだ本】上橋菜穂子「精霊の木」| 2014.03.29
【最近みたDVD】「アズールとアスマール」| 2014.12.06
【最近みたDVD】「もののけ姫」| 2017.04.29
0
    | books | 2010.06.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top