ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたレコード
O.S.T.「ルパン三世」

お馴染みアニメの、'78年に発売された最初のLP。
これ以降(特に80年代半ば)、アニメとは思えないほど大量のアルバムがリリースされる訳ですが。
本作唯一の特徴、それは曲間にオリジナルの台詞が挟まれている事であります。

サウンド・トラックとは本来「フィルムの音声が記録された部分」で、だから元々サントラと言えば劇伴に限らず劇中の台詞が挿入されているのも珍しくもなかった気がします。
ビデオなんて想像だにしなかった時代の産物ですから、音楽と共に流れる名台詞で銀幕の余韻に浸る…っていう代物でした。

さて話を戻して本作ですが、いま聴いても音が良い!
そりゃあ毎回スプレー吹いて大事に聴いてきたのもありますが、録音時およびマスタリング段階の丁寧さとカッティング職人の腕によるものが大きいのです。
よりクリアで分離のよいリマスタリングも可能でしょうが、久々にボリューム上げて聴いた感想は籠っている音もないし程よく全体が馴染んでますね。

サウンド的にはスタッフ的なフェンダー・ローズのパンニングにエリック・ゲイル風フルアコと、ロニー・リストン・スミスなど当時の先鋭的なコンポージングを上手に取り入れた洒脱な大野雄二ワールドが完成されてます。
すべての音がツボなのは、本作が自分の小遣いで買った最初のLPだからでしょうけど。

因みにゴダイゴのドラマーをシンガーとして起用、このコンビは2作目の他に24時間テレビの手塚アニメ「マリン・エクスプレス」でも聴かれます。
もう1人のシンガーであるサンディ・ホーンは、サンセッツのサンディであるとかないとか…(声質からはビンゴじゃないかと)?

当時にしてみれば、アニメごときにダブル・ジャケットとは粋でしたねぇ。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「ルパン・ザ・ベスト・パンチ・ザ・オリジナル」| 2007.12.09
【最近聴いたLP】「ルパン三世カリオストロの城 ドラマ編」| 2008.05.13
【最近読んだマンガ】「アニメ版ルパン三世」8巻(←緑ジャケ)| 2009.01.17
【最近聴いたCD】大野雄二トリオ「ルパン・ザ・サード・ジャズ」| 2009.10.14
【最近聴いたレコード】ルパン三世「−ルパン・トーク・ルパン−」| 2010.03.11
【最近みたアニメ】「ルパン三世」1〜11話(←赤ジャケ)| 2012.06.27


ちなみに収録曲は以下のとおり。

A-1. ルパン三世のテーマ THEME FROM LUPIN III
A-2. 愛のシルエット SILHOETTE
A-3. 抱いて、ルパン I MISS YOU BABE (,YES,I DO)*
A-4. 殺し屋に紅薔薇を RED ROSES FOR THE KILLER
A-5. 月影におやすみ GOODNIGHT MOON-SHADOW

B-1. デンジャラス・ゾーン DANGEROUS ZONE
B-2. サンセット・フライト SUNSET FLIGHT
B-3. マグナム・ダンス〜ロンリー・フォー・ザ・ロード MAGNUM DANCE 〜 LONELY FOR THE ROAD
B-4. ラヴィン・ユー(ラッキー) LOVIN' YOU (lucky)*
B-5. ルパン三世 愛のテーマ LOVE THEME

*featuring vocals:
A-3. SANDI A HOHN
B-4. TOM SNYDER (GODIEGO)
0
    | music | 2010.06.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top