おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
平井和正(原作)、石ノ森章太郎(画)「幻魔大戦」2巻

原作は未読ながら、70年代の日本SFを語る上では欠かせない作品であるとは認識している。
80年代にも角川書店が鳴り物入りでアニメ映画化して、強く感化された当時の若年層も少なくはなかった気がする。
しかし、やっぱり70年代的なのである。
ユリ・ゲラーのエスパー・ブームに五島某のノストラダムス本といった、あの時代に特有の終末論的サブカル要素だけで成立しているといっても過言ではない。

本作の連載時期は'67年であるから、正確には60年代の日本SFと言うべきなのだろう。
半端な企画に乗って当時流行りの大河SFに手を出して、収拾がつかないまま打ち切られたような出来映えに感じる。
つまり石ノ森マニアだけが読むに値する、原作のファンや70年代SFファンであっても、超駄作で読むだけ時間の無駄である。

最初から強力な超能力が発揮され、そのパワーのインフレ化で東京は消滅し富士山が噴火する。
あと1巻でも続いていたら、地球全土が阿鼻叫喚の巷と化したに違いない。
万物を無に帰する幻魔との全宇宙的な戦争に巻き込まれ、世界中のエスパーを召喚して対抗してゆく、今となってはベタ過ぎる展開。
どさくさにサイボーグ001を紛れ込ませているコマは、笑うべきなのか?
熱血主人公とツンデレ王女というカプも70年代的。


補足:ウィキペディアによると「SF作家 平井和正と漫画家石森章太郎との共作で『週刊少年マガジン』に連載された漫画作品に始まる一連のSF作品」とあり、本作が原点のようです。
勉強不足でした。


〈石ノ森章太郎〉関連記事:
【最近読んだマンガ】石ノ森章太郎「サイボーグ009 時空間漂流民編」| 2009.10.16
【最近聴いたCD】フラワーカンパニーズ「フラカン入門」| 2011.11.14
【最近みたDVD】「009 RE:CYBORG」| 2015.08.16
【最近みたDVD】「サイボーグ009 VS デビルマン VOL.1」| 2016.05.01
【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」1巻| 2017.05.25
【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」2巻| 2017.06.11
【最近読んだ本】鉄人社編集部「人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編」| 2019.09.24

関連記事:
【最近読んだマンガ】水木しげる「水木しげるのノストラダムス大予言」下巻| 2010.11.26
0
    | comic | 2010.06.30 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top