ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
レスター・ヤング「プレス」

最初の音で(戦前か?!)と思っちゃいましたが、さすがにそこまで古くない'50〜51年のNY録音。

一つにはモノラル・サウンドの、また一つにはドラムスのえらくオフマイクな残響音が実際よりも古めかしい印象をもたらしている気はする(当人たちには無論そんな狙いなどなかったろうが)。
しかし、何よりもレスターのサックスが古臭いのだ。

モダン・ジャズの創始者、または大統領を意味する“プレス”の愛称で呼ばれた革新的プレイヤーだが、当初は“テナー・サックスの父”コールマン・ホーキンスに連なるジャズ・テナーの王道から異端視されていたようだ。
一種の様式美に陥っていたジャズを期待する聴衆にとって、レスターの独特なプレイ・スタイルは裏切りや失望といった感想をもたらしたのだろう。
内省的なブロウ、そしてインプロヴィゼーションは新たな世代に受け継がれてジャズ全体の世代交代を促す事になったのだけども…。
…って、ほぼ解説の受け売りですが。

やっぱり今となっては何もかもが様式の典型で、4ビートの基本みたいなベースも3連符を刻むピアノも単純な展開の楽曲も手垢まみれの響かない音というか。
でもだからって悪い訳ではなく、この華のないマットさが快感でもあるのです。
カフェ・ミュージックと紙一重ながら、お上品さにチラリ覗くバップな気配…ジャズ喫茶で聴きたいなぁ。


関連記事:【最近聴いたCD】MILES DAVIS, STAN GETZ「Rare Live」| 2012.11.14
0
    | music | 2010.07.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top