ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだ本
篠塚達徳「新釈 諸国百物語」

百物語の起源は10世紀の百座法談や「鑑物」および巡り物語にあり、1677年に刊行された本書の原本は江戸期に隆盛した百物語怪談集の嚆矢に数えられる。
題名にある「新釈」のとおり読みやすい現代文による構成だが、時代がかった言葉遣いの語り口は大人が親しむに相応しい。

原本の序文に怪談会の書き取りであると記されてはいるが、先行する怪談集の引用とみられる話が多く、形式を真似た創作ではないかといわれているそうだ。
それは後に岡本綺堂が(青蛙堂の怪談会)として著したのと同様、怪談の作法というか意図的なフェイクであったとも考えられる。

更に諸国噺となれば、旅行など稀だった当時には異国情緒もあった筈で、つまり最新イベントのライブ・リポートと各地の怪異譚の集成を兼ねた内容としてヒットしたのではないか?
なるほど、怖いもの見たさ+トレンド感+見聞録とはマーケティングの妙だ。
各20話の全5巻(原本)、値は張ったろうが往時の百物語出版ブームを牽引するだけのインパクトは想像に難くない。

明治期の作家によるウェットな因果物とは異なり、実に聞き語りらしい投げっ放しのドライさも特徴的であり堪らない魅力でもある。
巻末の目録と全国マップ、そして詩人で法学者である著者の解説も興味深い。

因みに百話目は怪事除けの富貴譚なので、一気に読んでも大丈夫(多分)。笑


関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏 編訳「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」| 2010.05.19
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】杉浦日向子「百物語」壱| 2012.09.16
0
    | books | 2010.07.12 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top