ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ロバート・プラント&アリソン・クラウス「レイジング・サンド」

隆起する砂…?
ジャケットには妙齢の女性と老齢のハードロック・シンガーが、粒子の粗いモノクロの砂地に立っている。
何事だ、と思う。

カントリー・ミュージックの最右翼(いや知らないけど)、ブルーグラス。
20年選手の彼女にとってビートを伴う歌からが初体験で「枠から離れたことをするというのは…全く違う世界に足を踏み入れる感じがした」と語っている。

レッド・ツェッペリンのフロントマンがアメリカン・ルーツ・ミュージックに造詣が深いとは知らなかったが、プロデュースは映画「オー・ブラザー!」などの音楽も手掛けたT.ボーン・バーネットである。
更に言えば、件のジャケ写はスプリングスティーンの妹君だとか。

主に'50〜60sの忘れ去られたロック/フォークを取り上げている他、ロバートのセルフ・カバーも。
ブルーグラスが南部のカントリー・ミュージックである故か、選曲もサザン寄りのようではある。

フィドル・ヴァイオリン、ドブロ、バンジョー、ペダル・スティール…郷愁を誘うヴィブラート・エコー処理とブルーグラスの記号に彩られながらも不思議と最近のオルタナ・サウンドを想起させる。
つまり、これもまた大衆音楽が直面する壁なのか…そう考えてしまうと、聴き心地は悪くないのに素直には楽しめなくなってしまう。
原点回帰は、食傷気味で。


補足:ブルーグラスとは、ウィキペディアによれば『アメリカのアパラチア南部に入植したスコッチ・アイリッシュ(現在の北アイルランド、アルスター地方にスコットランドから移住した人たち)の伝承音楽をベースにして(中略)後に発展したアコースティック音楽のジャンル』だそうで・・・。
アパラチア南部、というとジョージア〜テネシー〜サウス・カロライナ州辺りでしょうか?
そもそも、カントリー音楽そのものが『アメリカ南部やアパラチア発祥の音楽』だそうですから、まぁ「カントリー・ミュージックの最右翼」はともかく「南部のカントリー・ミュージック」というのは紛らわしい表現でした。
グラミー賞を獲得しているそうですが、選考委員の保守性以上にジャンル的には保守白人層に好まれている音楽みたいです。
0
    | music | 2010.07.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top