ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
pupa「floating pupa」

やはり歌は顔だな、と思った。
名は体を表すというが、声は曲を表すのか。

原田知世が歌えば知世ちゃんの曲に聞こえ、高橋幸宏が歌えばユキヒロのアルバムかと思う。
楽曲の中にも、音のセンスはユキヒロでコードの展開が高野寛だったりと、色が完全には融け合っていない印象を受ける。
しかしそれは否定的な意味でなく、昔あった「宝石箱」というカップ・アイスを僕に連想させるのだ。
ラクト・アイスに散りばめられたカラフルな氷の欠片は、それぞれ色ごとに違った味の氷菓だったのだろうけど、柔らかなバニラ味の舌触りにコリコリとした軽い歯触りのユニークな食感として記憶されている。

ただ、近年のユキヒロが関わった作品(といっても本作の他にオーディオ・スポンジしか知らないけど)に強く感じられるビートルズ臭が個人的には鼻につく。
というかオーディオ・スポンジでのB.ウィルソン讃歌と同じ手法でJ.レノンやバート・バカラックからフレーズを拝借しており、温もりコラージュでリスナーのウンチクは満たされるとでも?
巧者の遊びは解せない。

しかし参加メンバーの揺るがし難いトーンは決して交じり合わぬ主張ではなく、自然に滲み出る味として不思議な調性を醸している。
初期の高野寛に聴かれたクリーンなギター・サウンドや、ユキヒロのソロ作で特徴的だったゲート処理のドラムスこそ聴かれないが。


関連記事:
【最近行ったところ】ワールド・ハピネス2010| 2010.08.20
【最近聴いたCD】METAFIVE「META」| 2020.02.11
0
    | music | 2010.07.29 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top