ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ロバート・A・ハインライン(著)、小尾芙佐(訳)「夏への扉 新訳版」

'56年に発表され、日本では'63年よりハヤカワSFのベストセラーとして親しまれてきた名作が'09年に新たな息吹きを得ました。
オリジナルの福島訳を読んでいない事を残念に思いつつ、その愛弟子ともいえる訳者によるバージョンを手にして感慨深い思いです。
10歳の僕が(いつか読もう)と憧れたのは本書の舞台となる'70年よりも9年遅く、そして'01年よりもやはり9年遅く本書を手にした僕は、あの頃の自分と同じ年頃の息子がいても不思議ではない年頃になっていたりする訳ですが。

内容については、ネタバレを避けるため多くは触れません。
発明家の主人公は、仕事も友人も恋人も特許も失って、愛猫と共に夏へと続く扉を捜して回ります。
個人的にはリッキーの年齢設定が作者か読者の願望なのかが引っ掛かりました、それと何故か初期の新井素子が思い出されました。
読み終えてみれば「星を継ぐもの」レベルの余韻はなく、ラノベ風「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と評する人は多いだろうなと他人事みたく思ったり。

でも、久々に止められない読書体験だったのも事実です。
それが「デートに遅刻する位」と正直に書けば、本書の魅力は伝わるでしょう。

もちろん21世紀初頭の現実は作者が描いた何一つが実現していませんが、それでも作者の楽観的未来像と明るさが甘く懐かしく前向きにしてくれました。


〈海外古典SF〉関連記事:
【最近読んだ本】フレドリック・ブラウン「闘技場」| 2010.04.02
【最近読んだ本】シオドア・スタージョン「不思議のひと触れ」| 2010.09.28
【最近読んだ本】レイ・ブラッドベリ「バビロン行きの夜行列車」| 2012.08.09
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
0
    | books | 2010.07.30 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top