ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」下巻

2つの独立して並行する物語は、深い相関関係にあったのですね…。
以前に読んだのはいつだったか…物語の外枠は覚えていたものの要所が記憶から抜け落ちていて、理解力は増しながらも新鮮に読み進める事ができました。
なんだか、すべてが象徴と隠喩で表現された壮大な構築物ですねぇ〜。

図書館の女性は両方の物語に登場する点で分かりやすいのですが、同時に現実の計算士にとっての心理学的なアニマとも想定できる。
同じように「世界の終わり」における登場人物は「ハードボイルド・ワンダーランド」での何者かに置き換えられるようでいて、実は計算士の様々な一面を人格化した存在でもある…。

それ以上に(自身の現状をデッドエンドのように捉える読み手への、人生の選択の拡大と肯定を促すメタファー)にも受け取れたり。
あるいは独創的な視点からの、輪廻転生への示唆とも読めたりして。
更には回転木馬など、自著に関連するキーワードが埋め込まれた遊び(?)も意味ありげに思えてきます。

ともあれ今回、最も印象的だったのは、唄がもたらす力への言及でありました。
それが僕の幼少期に関わるドーナツ盤のA面曲である事も、ちょっとした奇遇または暁倖といった感じで。
しかしながら理不尽な暴力への赦しを暗示する結末は、個人的には「第五の山」を連続させ、まだまだ読み返すに値する個人的なテーマに関わるものであったのだと感じました。

ちなみにアニメ作品「灰羽同盟」の舞台は「世界の終わり」に触発されたのだそうで(そういえば確かに)、なんか納得です。


〈村上春樹〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」| 2007.10.24
【最近読んだ本】村上春樹「またたび浴びたタマ」| 2008.02.15
【最近読んだ本】素樹 文生「回転木馬のデッド・ヒートRMX」| 2008.02.29
【最近読んだ本】村上春樹「うさぎおいしーフランス人」| 2009.02.21
【最近読んだ本】村上春樹「東京奇譚集」| 2009.03.08
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(再読)| 2009.06.05
【最近読んだ本】村上春樹「約束された場所で」| 2009.07.17
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」上巻| 2010.08.02
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近読んだ本】村上春樹「めくらやなぎと眠る女」| 2011.07.04
【最近読んだ本】村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」| 2011.07.19
【最近読んだ本】村上春樹「アフターダーク」| 2012.03.10
【最近読んだ本】村上春樹「はじめての文学」| 2012.07.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】クリス・ヴァン・オールズバーグ(絵と文)「ベンの見た夢」| 2015.07.14
【最近読んだ本】村上春樹「女のいない男たち」| 2016.01.01
【最近読んだ本】グレイス・ベイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」| 2016.04.10
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」| 2017.04.15
0
    | books | 2010.08.05 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top