ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
新渡戸稲造・作「武士道」

といっても「まんがで読破」シリーズでして、原作をバラエティ・アートワークスなる漫画集団の企画で大幅に再構成したであろう内容となっております。
まぁひょっとしたら、原作においても「忠臣蔵」に大きくページを割いているのやもしれませんけど…。

旧五千円札から「おひさしぶりー」と抜け出てくるイントロ、そして紙幣を折った兜の稲造というラストはユニークですな。
一介の浪人者の生活と、赤穂浪士の物語を通じて稲造翁が「武士道」の何たるかを解説していきます。

封建制度という背骨を失って功利主義や軍政のドグマに転化された「武士道」が、本来的には愛に基づいた「道」であるという主張は強く心を揺さぶっていい…筈なのですが。
何故か、あんまり響かなかったんですよねぇ。

儒教思想に由来する義勇仁礼誠名と忠の徳目、それはそれで分かるのですが。
まだ根っこの部分を説明してはいないように感じられるのです。
それと海外留学の折に外国人から指摘された、宗教不在の道徳教育というエピソードにも引っ掛かりを覚えてしまうのですね。

なんだか内田樹「日本辺境論」の受け売りっぽいですが、西欧に言われて国旗や国歌を作った時期の日本と重ねてしまうのです。
西欧の価値観に沿って説明せねば、そんな意図から書かれた「武士道」は見直されてよい気がするのです。
そんな頭を働かせてくれる、という点で好著かと。


関連記事:
【最近読んだ本】ジョージ秋山「武士道とは死ぬことと見つけたり」| 2007.06.24
【最近読んだ本】山本周五郎「雨あがる」| 2010.10.24
【最近読んだマンガ】宮本武蔵(原作)、近藤こうじ(漫画)「コミック版 超訳 五輪書」| 2011.04.23
【最近みたDVD】「果し合い」| 2018.03.25
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | comic | 2010.08.09 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top