ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
クラフトワーク「コンピューター・ワールド」

'09年のリマスター盤だそうで。
オリジナルは'81年に発表され、折しもYMOブームに沸く中で日本語版「電卓」が注目を集めました。

当時FMで特集された番組をエアチェックしたテープは、僕の大事な夜更かしの友でした。
表題作のデッド(残響なし)なリズムと短調のメタリックな和音で始まる、行き場ない真夜中の(現実にもコンビニすら存在しなかった訳で)唯一の慰めでした。

希望も勇気も夢もない未来…それは誰しもが抱える不安だったのか、あるいはディストピアSFの再現音楽だったのかもしれません。
ただ、右肩上がりの終焉をそのように堂々と暴露したのは彼らが初めてで、漠然と抱いていた暗い予感を共有できる安心感に救われていた気がします。
ま、今となって思えば…という話ですが。

ちなみに本作には先述の「電卓」はおろかボートラは一切収録されておりませんが、むしろ作品を尊重した潔い判断だと思います。
お得感のつもりで付け足されて、本来の構成にあったであろう制作意図が台無しにされてるCDって結構あるんじゃないかな…?
という訳で、目新しさはブックレット位。

しかし改めて聴き直すと意外に音の隙間がなく、またリマスタリングの効能か抜けが良くて未だ新鮮です。
ムーグにアープにプロフェット10など、ヴィンテージ電子機器が生き生きと聴こえます。


関連記事:【最近聴いたCD】クラフトワーク「ヨーロッパ特急」| 2009.08.30


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Kraftwerk - Computer World』(Sound only)
0
    | music | 2010.08.10 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top