ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近の驚き・発見 | main | 最近の初体験 >>
最近読んだマンガ
田中芳樹(原作)、恵広史(漫画)「創竜伝」,2巻

中国伝奇モノか?…と思わせて舞台は現代日本。
竜堂家の四人兄弟を狙い、日本を影から動かす“鎌倉の御前”が差し向ける刺客との戦いから始まります。
しかし最初から水を差すようですが、どんなに人外の力を秘めていても雨の中をローラーブレードでベンツに追い付くのは無理っす。
というか濡れた路面では走るどころか、立っているのが精一杯ですから〜!笑

竜堂、すなわち竜童は竜帝の子を意味する家系。
古代の文献には「四千年前の殷周易姓革命で牛魔を駆逐した四竜王は、その魂を人界に宿してより170代後に目覚める」と記されてある…という設定、ここら辺の膨らませ方次第では非常に面白くなった気が。
実に残念。

その身に危機が及ぶと竜に変身とか、銃弾を跳ね返す肉体とか、少年マンガとはいえ新味がなさすぎ。
そして影の権力者も2巻で退場、続きましてはアメリカよりレディLが襲いかかり…ってのも古臭い展開。

2巻の巻末対談によると、原作者は「銀河英雄伝説」と「アルスラーン戦記」も手掛けてる方らしい。
本書の元ネタは高校時代の授業中に思い付いたそうで、中国神話の“竜vs.牛”や旧約聖書のモーゼと訣別した人々なんて知識をその年頃で知ってたとは(というかここで「第五の山」に出てくる牛を捧げる民への理解が深まるとは!)。

しかし小説版「創竜伝」も、こんなちゃちな話なのかな?


3〜5巻| 2010.08.18
0
    | comic | 2010.08.15 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top