ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
星野道夫「グリズリー アラスカの王様」

'85年に出版された処女作であり、生涯のテーマとなった熊の写真集です。

本を開いて、序文を寄せたアラスカ大学の教授と元アラスカ州知事からの、作者の門出を讃える文章を読んでいると何故だか(もう星野道夫はいないんだな)と胸をしめつけられるような気持ちになりました。
もちろん作者との面識などないけれども、彼らの語る作者の横顔に、まるで自分の親しい人かのような誇らしさを覚えてしまいます。
そして同時に謹み深い神妙さが沸き上がってきて、
(そうか、師だったのだな)と気付かされました。

作者が十代だった頃、よく(自分がこうしている今も遠い雪原に熊が生きている)と想像したそうで。
まさにその心象風景を思わせるような“四季折々の拡がりをみせる大地に小さく写った熊”という構図は、いつ見ても言い難い衝撃を伴って心に迫ります。
熊のいる世界の広がり!

各写真のエピソードと、本書に費やした7年を振り返る視線に(兄ちゃんの土産話)を聞いてるようです。
そして処女作を山に逝った友に捧げた作者を、晴れやかな気持ちで見送ります。


関連記事:【最近読んだ本】星野道夫「オーロラの彼方へ」| 2008.10.18
     【最近読んだ本】星野道夫「ラブ・ストーリー」| 2008.10.27
     【最近読んだ本】星野道夫「最後の楽園」| 2008.11.09
     【最近読んだ本】星野道夫「森に還る日」| 2008.11.14
     【最近読んだ本】「星野道夫の宇宙」| 2009.02.26
     【最近読んだ本】星野道夫「森と氷河と鯨」| 2013.10.24

関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】別冊太陽「先住民アイヌ民族」| 2007.08.15
【最近読んだ本】甲斐崎圭「第十四世マタギ 松橋時幸一代記」| 2010.04.06
【最近読んだ本】上野動物園開園120周年記念行事実行委員会・編「動物園で撮った家族の写真」| 2014.06.10
【最近読んだ本】熊谷達也「ウエンカムイの爪」| 2017.10.08
0
    | books | 2010.09.07 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top