おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
V.A.「地球の“聴き”方 バリ編」

海外旅行ガイドの「地球の歩き方」をもじったタイトル、そしてジャケット…。
もうそのまんまです、といっても無論「鑑賞の手引き」ではありません。
現地の、いわゆる民族音楽をコンパイルした企画盤。
なので、最新のポップスやバリ島の流行歌などは一切収録されておりません。

基本的には既発の音源からの、ベスト・オブ・ベストな選曲らしいです。
といってもバリの伝統音楽に詳しい訳ではないので、実際のところ選択の基準は分かりません。
しかしまぁ、ケチャやガムランといった(いかにもバリ)な要素は押さえてあるので、一般的にイメージされるであろう彼の地の雰囲気はバッチリです。
とりあえず、素人向けの入門編といった感じかと。

個人的には、バリ音源はカセット・テープで(しかもケチャとガムランは別々に)しか所有してなかったので、まとめて一枚で聴けるCDは有難いです。
ただし聴き慣れているせいでしょうが、テープ音源の方がサウンド的に好みではありますが…。

最後に西洋音階のオーケストラ(インドネシア国歌)というのが意外に効いていて、異国への音の旅から醒めるような感覚になります。


関連記事:
【最近聴いたCD】「ジャスミン・アイル〜ジャワのガムラン音楽への誘い」| 2013.01.31
【最近聴いたCD】「《オセアニア》南太平洋の音楽〜最後の楽園」| 2017.12.26

〈バリ島〉関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05
【最近読んだ本】河野典生「デンパサールの怪鳥」| 2017.09.06
0
    | music | 2010.09.18 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top