おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
リチャード・ボナ「ザ・テン・シェイヅ・オブ・ブルース」

(えっ、ボナさん…?!)
青味がかったモノクロのジャケには、若かりし頃のレニクラを思わせる姿が。

そして摩訶不思議なハーモニーの多重コーラスに続いてヒンドゥー系サウンド、どこまでいっても中村善郎の「ルミノーゾ」的な要素は感じられない…つまりボサノヴァじゃないし、更に言えば“凄腕ベーシストのソロ作品”ですらなくて。
うん、彼が敬愛するというジャコパスの「Word of Mouth」に感じた何かが…。

天才と謳われたジャコだけに超絶技巧の弾き倒しかと期待してたら、ジャズやベーシストといった“枠に囚われない音楽”の魅力にあふれたアルバムだった・・・あの感じなのです。

カメルーンで育った少年時代から優れた歌い手であり、たった一人でフランスに渡りベーシストとして頭角を現した彼はNYに移ってソロ活動を始めた…と解説から知りました。
ちょうど彼がブラジル音楽に接近した時期に、おそらく「風がくれたメロディ」を吹き込んだのでしょう。

以前ディー・ディー・ブリッジウォーターを聴いた時に“真のワールド・ミュージック”的な印象を受けましたが、本作はアフロ・アフリカンに留まらないグローバル・ミュージックと言っても過言ではない筈。
何語で歌っているのかも判然としない、ボナという唯一無二のカテゴリーです。


*以下の動画は、携帯からですと視聴できないかもしれません。

『Richard Bona - Liberty City』(「Word of Mouth」収録のジャコの代表曲をカバーしてる、10分近いライブ映像です)


『Richard Bona - Good Times (2009)』(アルバム収録曲中、スムース・ジャズ寄りの聴きやすいナンバーです;Sound Only)
0
    | music | 2010.09.21 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top