ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
シオドア・スタージョン(著)、大森 望(編)「不思議のひと触れ」

河出書房新社の翻訳SF短編集シリーズ、奇想コレクションの文庫化。
本書の初版は'09年だが、収録作は'38のデビュー作〜全盛期の'61年まで古典SFながら幅広く編まれた10作品。

「アメリカ文学史上最高の短編作家」、またはそのファミリー・ネームに因んで文体を「キャビアの味」と称されるそうで。
またSFという狭い枠にこだわりながら幻想的な着想で高い評価を得た著者のユニークな履歴など、巻末の解説と解題も面白い。
例えば同業のハインラインも驚いたという美貌の持ち主だった事や、まるで結婚と離婚の度に多筆期とスランプを繰り返した事など。

作品に関しては全体的に、SF要素を匂わせつつ案外ほのぼのとした人同士の交わりを描いていると思う。
まるで手品師のように、気を引いている動きに隠して巧みな仕掛けを施すような…謎や不思議のあしらい方と心の機微の描き方に特徴があると思う。
古いけれど気の利いた映画を観たような、暖かな余韻に浸れる。
しかし確かに、ブラッドベリの懐古的なファンタジーではないのだ。


〈海外古典SF〉関連記事:
【最近読んだ本】フレドリック・ブラウン「闘技場」| 2010.04.02
【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
【最近読んだ本】レイ・ブラッドベリ「バビロン行きの夜行列車」| 2012.08.09
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】アーサー・C・クラーク「宇宙のランデヴー」| 2014.09.29
0
    | books | 2010.09.28 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top