おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ジョン・フルシアンテ「ジ・エンピリアン」

う〜ん…。

「おたく、宅録はじめてなん?」と肩のひとつも揉んでやりたくなるような、初っぱなから8分オーバーの自家中毒サウンドに恐怖。
まさかの通り、全編この調子ですからねぇ…。

仰々しいジャケとタイトルに反して空回りする表現力、まるでレッチリの「スカー・ティッシュ」を延々と弄くり倒したようにしか聴こえない痛々しさ…。
もうね、一人多重録音して陥る要素を残らずぶち込んだとしか思えませんよ!
うあぁー、やめてぇ〜!って感じですマジで。

なんで誰も言ってやらなかったんだろう、よくまぁ自分に酔ったままGO出来ちゃったもんだと悩ましい。
そもそもレッチリ自体(フィッシュボーンの焼き直し)としか感じない僕の感覚がダメなのだろうね、でも本作を革新的だと評価する方には「テレンス・トレント・ダービーの2ndでも聴いとけ」って感じだわ。

悪いけど、身の丈を越え過ぎなんだと思うよ?
表現したい事が高尚というか、自分自身の血肉として消化し切れてないでしょ?
まぁ西洋文明の根幹なんて、僕なんかに分かる筈もないんだけど…。


関連記事:【最近聴いたCD】ATAXIA「Automatic Writing」| 2011.12.24
0
    | music | 2010.10.06 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top