おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
伊藤克己・監修「サウン道」

今回は2作品を同時に紹介させていただきます。

VOL.1「昭和・時代劇・世界大戦 編」
VOL.2「アニメ・SF・恐竜 編」
どちらも、映像・音響の現場に40年以上携わってきたという監修者の制作した効果音を、ジャンル別にしてまとめたCDです。
ボートラ含むトラック数は各盤99で1時間弱、VOL.1のボートラはバイクサウンド各種、VOL.2には特殊サウンド編と銘打ったドラムロールやファンファーレなどを収録しています。

これまでの効果音CDとはクオリティが違う、実際の映画やTV番組で使用されたもの、すべて生音…と売り文句にはありますが。
まぁVOL.1の刀による斬撃や海上戦も仮に生音として、だけどVOL.2のボヨヨンとか宇宙空間とか恐竜なんかも業界的には生扱いなのでしょうか?
などと揚げ足取りましたが、あんまり書く事ないのですよね〜。

ずいぶん昔にバイノーラル録音のテスト盤を聴きましたが、某私鉄の踏切とかジェット・コースターとか卓球といったステレオ感が強調される音源が主でした。
バイノーラルとは人間を模した両耳部分に仕込んだマイクの録音方式で、再生される音場感覚が非常にリアルなのですが…何故か残念な事にエロビデオの全盛期に流行って廃れたような。

ってハイ、すっかり話がそれてしまいました。笑

ところで音源素材集「サウン道」シリーズには限定盤の「怪奇・怪談 編」がありまして、解説書のURLから購入可能です。
いずれもフリー素材ではありますが、使用許諾契約者には目を通しておきましょう。


関連記事:
【最近読んだマンガ】藤原カムイ「ウルトラQ Unbalance zone」全2巻| 2008.01.16
【最近読んだ本】パトリック・マシアス「オタク・イン・USA」| 2008.08.07
【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
0
    | music | 2010.10.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top