(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近読んだマンガ
南伸坊「李白の月」

こないだ「最近買ったもの」でも書きましたが、もう何度となく読んでる本作…初出は'88〜90年の「コミックトム」で、先ず「チャイナ・ファンタジー」の書題で単行本化された後に各話毎の解説エッセイを付して「仙人の壺」と本書とに分冊されたのだそうです。
ただし、本書に収録された17編の内2編は分冊された単行本のための書き下ろしで1編は'02年に「鳩よ!」という雑誌に掲載されたものを文庫化する際に追加したとか…ま、そこら辺はどうでもいいですけど。
僕に、自分が怪談を好むのはホラー要素でなく志怪要素に惹かれるからなのだと気付かせてくれた一冊で。

もう一冊は「仙人の〜」で、あとは小泉八雲の「怪談」ですが、どれもシュールな泥臭さとでもいうか猟奇的な恐怖とは質が違っていて…そういった人の情やら念やらの抜けた渇きっぷりの源流は中国志怪にあったのですけど、六朝時代の「捜神記」から清代の「聊斎志異」まで数多の志怪録が遺されているんですね。
それらの中でも作者が特に牽かれた小話を、旨みを残しつつ実にアッサリと描いている…文を抑えて絵で語る、その力量は読み返すほどに唸らせられるのです。
最初は少し物足りない、そのユルさに味わいを感じていたのに…無駄もなければ隙もない、そう気付いて。

コマ割りも画面構成も考え抜かれている、普通じゃこうは描かないよなぁ…と、自分のセンスを自覚出来ている座りのよさに今更ながら作者の凄味を感じます。
しかし各話に付されている、蛇足と称したエッセイ文も面白くて…言うなれば「余白を活かした文章」なのですよ、敢えて描かない空間の表現に似た印象で。
画力に相応しい漫画としての構成力、そして志怪の非ホラーな魅力を軽やかに表す文才と…読み直すほどに奥深くなる、その裏には師匠筋に当たる赤瀬川原平の多芸多才さにも一脈通じる氷山の一角的なバックグラウンドがあるのでしょう。


〈志怪〉関連記事:
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
0
    | comic | 2018.08.04 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
    本日の脳内BGM
    松任谷由実「Destiny」
    LEE RITENOUR feat. ERIC TAGG「Is it you」
    WALTER MURPHY「A fifth of Beethoven (運命’76)」
    TAVARES「More than a woman」
    SING LIKE TALKING「Is it you」
    CASIOPEA「いにしえ Inishie☆old times」
    THE BRAND NEW HEAVIES「Close to you」
    CASIOPEA「Touch the rainbow」「After school」「Cookin' up」
    野呂一生「Bright times」
    BLACK BOX「Open your eyes」「Everybody everybody」
    神保彰「It's a holiday」「The light around us "Chris"」「The mood in the melody」
    EPO「ふたりのDestiny」
    野呂一生「Moon dance」
    河合その子「涙の茉莉花Love」
    CASIOPEA「Eccentric games」
    DREAMS COME TRUE「すき」


    *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

    『Casiopea - 08. Cookin' Up (1984)』(Sound Only)


    『河合その子/涙の茉莉花Love  
    0
      | B.G.M. | 2018.08.03 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
      本日の脳内BGM
      HUEY LEWIS & THE NEWS「Do you believe in love」
      CASIOPEA「Sunnyside feelin'」「Halle」
      ムーンライダーズ「悲しいしらせ」「歩いて、車で、スプートニクで」
      OLIVIA NEWTON-JOHN & ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA「Xanadu」
      AC/DC「Deep in the hole」
      THE BRAND NEW HEAVIES「Close to you」
      ゴダイゴ「What did you do for tomorrow」
      SHANICE「I love your smile」
      CASIOPEA「Super sonic movement」「Swear」
      RCサクセション「トランジスタ・ラジオ」
      スペクトラム「In the space」
      CASIOPEA「Looking up」「Galactic funk」
      中山美穂「派手!!!」
      “KENNY & COMPANY”O.S.T.「ボーイズボーイズのテーマ」
      スチャダラパー feat. 藤原ヒロシ、工藤昌之「何処か…どっちか…」
      CASIOPEA「Paradox march」「The turning bell」
      THE SMITHS「Bigmouth strikes again」「How soon is now?」
      竹内まりや「Oh no, oh yes!」


      *以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

      『CASIOPEA HALLE The Turning Bell』(Sound Only)


      『竹内まりや OH NO,OH YES!』(Sound Only)
      0
        | B.G.M. | 2018.08.02 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだマンガ
        藤原カムイ×寺島優「雷火 (普及版)」第三巻

        時は紀元3世紀、大陸は三国戦乱の時代を迎え…その一国、魏と同盟を結ぶ邪馬台国は軍事顧問として派遣された張政の謀略により老女王・卑弥呼が暗殺されて混迷の最中にあります。
        近隣29連合国の首長統治国である邪馬台国は南の狗奴国と一触即発の状態にあり、両国に挟まれた熊鬼山で孤児を育て神仙術を仕込んだ老渡来人の元を去ったライカは仲間のウツキとオタジと邪馬台国へ…筆頭巫女で次代女王となる壱与と惹かれ合うライカに女王殺害を糊塗し政権を握った張政は、武闘派の内乱に紛れたライカ達に壱与を連れ去られてしまうのでした。
        というのが、前巻まで。

        邪馬台国の親衛隊長として壱与を追跡するキジノヒコでしたが、反張政派に加担し追われる身となって狗奴国に命を救われました。
        大陸との交易で逸早く騎馬隊を組織し、城塞を構えるなど先進的な国家運営に目を見張るキジノヒコ…日向一族を統べる国王ヒメキコソの豪胆さに魅入られ、また彼に見込まれて夜美の率いる騎馬隊に編入されます。
        一方、熊鬼山の老師と再会したライカは“国造り”を戒める教えを聞かず邪馬台国へ…彼を動かすのは壱与の存在だけではなく、山育ちの彼にとって未知のフィールドである“国”という概念への好奇心なのです。
        しかし軽はずみでしたな?

        邪馬台国に攻め入らんとする狗奴国の騎馬に驚愕するライカ達、折悪しく阿蘇山の噴火が一帯に噴石の雨を降らせて両軍大破…更に張政の配下イキナメが仕掛けた罠に落ちる壱与、間一髪で間に合ったライカ達は壮絶な神仙術合戦の果てに際どくもイキナメを撃退。
        彼や張政、老師ら渡来人のもたらした神仙術が後々に忍術へと発展するんです…少なくとも本作の設定上はね、なので歴史大河ストーリーに特撮映画ばりの忍者アクションが盛り沢山!
        だけど今の読者は「NARUTO」を先に連想するだろうなー、っていうか僕がそうだったのですけど。笑


        関連ありそうな記事:
        【最近読んだ本】国立歴史民族博物館「縄文文化の扉を開く 三内丸山遺跡から縄文列島へ」| 2008.03.12
        【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
        【最近読んだマンガ】山岸凉子「月読」| 2009.10.29
        【最近読んだ本】「マンガで読み解く 日本の歴史 弥生〜奈良時代編」| 2012.07.15
        【最近読んだ本】藤森栄一「古道(こどう)」| 2014.12.13
        【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
        0
          | comic | 2018.08.02 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
          本日の脳内BGM
          ムーンライダーズ「悲しいしらせ」
          HUEY LEWIS & THE NEWS「Do you believe in love」「Tell me a little lie」
          DARYL HALL & JOHN OATES「Kiss on my list」「Private eyes」「Maneater」
          SING LIKE TALKING「Burnnin' love」
          小泉今日子「U・bu」
          中山美穂「派手!!!」
          M.C. A・T「Bomb a head!」
          ADAM & THE ANTS「Ant rap」
          矢野顕子「ひとつだけ」
          RCサクセション「わかってもらえるさ」
          今井美樹「Amour au chocolat」
          T. REX「The groover」
          矢野顕子「David」
          桜井哲夫「Tension」
          HERB ALPERT「Magic man」「Route 101」
          松任谷由実「Destiny」
          新沼謙治「嫁に来ないか」
          THE 虎舞竜「ロード」
          FU MANCHU「King of the road」「No dice」
          PRINCE「Dirty mind」
          山下達郎「クリスマス・イブ」
          NIGHT RANGER「Don't tell me you love me」
          ロイヤルナイツ「それゆけガイコッツ」
          ムーンライダーズ「犬にインタビュー」
          SING LIKE TALKING「Rise」
          PRINCE「So blue」
          0
            | B.G.M. | 2018.08.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近やったゲーム
            PS2ソフト「スターオーシャン3 Till the End of Time」

            前回は、第二の未開惑星に不時着するも身柄を拘束されてしまった所まで…ちょうど二国間が争っているタイミングだったので、敵じゃないのかと疑われた訳。
            手荒な尋問を受けて牢に放り込まれた主人公フェイト&助っ人クリフに、敵対する国の女スパイが交渉を持ち掛けます…2人の乗っていた宇宙船の技術力を自国の兵器開発に提供するのならば、待遇を保証すると。
            話を合わせて辺境に存在するハイテク国の技術者と思わせた2人、戦争に加担する気はないけれど話を蹴っても拷問浸けですからね。
            彼女の要求を呑んで脱獄するや、雑魚バトル後にフリーズ発生!…来ましたか。

            バトル終了からフィールド画面に戻る際の暗転で操作不能になり、フィールドのBGMは鳴ってるのに画面は真っ暗…仕方ないのでリセットして、最初の未開惑星でセーブした時点からムービー視聴メインで改めて牢屋までを再プレイ。
            まぁムービーといってもCG動画じゃなく、PS1の頃みたいな自動進行です…つまり自分でプレイする時と同じポリゴン・キャラが動いて話を進めるタイプ、CG映画なんか観せられるより断然マシですから。
            これは後で知ったのですが、こういう場面転換やマップ切り替え時のフリーズは何故か一旦コントローラーを抜くと解決するみたい。

            当面はPARを使わなくてもゲームオーバーしないレベルに達してるので、通常プレイで女スパイのネルに付いて地下水道から城下町へ…ちなみに秘技コードなしだとバトル中は何かとガッツが減るので、ボタンをガチャ押しして戦ってると一気にスタミナ切れで動けなくなっちまうのね?笑
            時間経過で回復するまで無防備になるから、操作キャラは支援係で戦闘に関わらないってのもアリかな…って「ローグギャラクシー」戦術だと操作キャラの装備スキルが伸びないんで、他の2人もまんべんなく使ってかなきゃってのは億劫。
            バトルは展開が早くて、結局よく分からんままだわ。

            かなり広い城下町、裏路地とかの見通しが悪いけど雰囲気は素晴らしい!
            この惑星の文化レベルは17世紀相当らしく、坂道や階段が多くて欧州の田舎町っぽい感じかな…フィールド画面は視点が斜め上で固定なのだけど、むしろバトル画面の2WAY視点をフィールド側に欲しかった!
            城下町を発つ際、スパイ仲間っていうか部下が合流し馬車旅に…しかし敵の追っ手を反らすため即離脱、徒歩で国境を越える羽目に。
            目立たないよう迂回経路を来たとはいえ、これがまた長いっつーか広い!…マップを全体表示にしてもエリアが見渡せないし、今は行かなくていいエリアまで行けちゃうから超迷ったわ。

            これは「幻想水滸伝III」の山道で文句垂れてたのが可愛く思える位、ネル側の国に通じる山道から外れると雑魚がどんどん強くなってきて…秘技コードでレベル上げしなかったにしても装備は割と上物なのに、ネルが戦闘不能に陥ったりと早くも雑魚に苦戦とはね!
            ここらで区切って、やっぱりPAR使おうっと。笑
            そういや本作って、ワールドマップがないんじゃ?…あっても星間マップだったら意味ないけどさ、この入り組んだ山道で今どこら辺なのか分からんのは不便。
            町と町を繋ぐエリアの名称とか混同しやすいし、まるで異世界の地理を把握してないフェイト達の気分。笑
            0
              | game | 2018.08.01 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
              本日の脳内BGM
              ユニコーン「逆光」
              THE POWER STATION「Go to zero」
              TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」
              布袋寅泰「Dancing with the moonlight」
              CASIOPEA「Time limit」
              野呂一生「Bright times」
              ポンキッキ合唱団(ロイヤルナイツ)「宇宙船地球号のマーチ」
              CASIOPEA「Halle」「Sunnyside feelin'」「Eyes of the mind」
              0
                | B.G.M. | 2018.07.31 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近みたDVD
                「レディ・ガイ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                殺し屋が死の淵から舞い戻った時、何故か女性になっていた?…何ソレどこのカーミ・サンチンby「県立地球防衛軍」実写化ですか、まぁパクった訳じゃないのは分かってるけど観るぜ!
                でも日本語デカ字幕って、最近どっかで見たな…しかもこのテイスト、あー「アンデッド刑事」臭いわ。笑
                まだ男の殺し屋なのに声が女、分厚い胸板に胸毛ボーボーでも筋肉が女…無精ヒゲでも目許や肌ツヤが女、つまり不気味マッチョなミシェル・ロドリゲス。
                雇い主に裏切られ女性化し、ようやくララ・クロフト2世に?…まさにサンチン的リアクション、なのにコメディじゃないのね本作。笑
                要はシリアス・バカ映画?

                マッド・サイエンティストな整形外科医も勘違いバカなのに、笑いを誘う間がないから台無しですよ…緊張感のあるBGMを要所々々で止めるだけでも違うのに、そういう演出イヤなの?
                原題は「THE ASSIGNMENT」、意味は作業割り当てとか研究課題?…よく分からないけど「アンデッド〜」同様'16年の映画ながら監督がウォルター・ヒルで音楽にクレジットされているのがジョルジオ・モロダーとゴージャスでビックリ!
                整形外科医がシガニー・ウィーバーだったのも驚き、その他トニー・シャルーブやアンソニー・ラパーリアも主要な役で出演。
                0
                  | cinema | 2018.07.31 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  CASIOPEA「Twinkle wing」
                  山下達郎「マーマレイド・グッドバイ」
                  CYNDI LAUPER「Money changes everything」
                  CASIOPEA「Halle」「Sunnyside feelin'」
                  神保彰「It's a holiday」
                  ロイヤルナイツ「王者 侍ジャイアンツ」
                  子供ばんど「あんたはまだまだ子供だよ 〜子供ばんどのサマータイム・ブルース〜」
                  THE BRIAN SETZER ORCHESTRA「Rocky mountain shakedown」
                  中山美穂「派手!!!」
                  野呂一生「Bright times」
                  山下久美子「Single」
                  THE MIRACLES「You've really got a hold on me」
                  SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES「I second that emotion」
                  CASIOPEA「Swallow」


                  *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                  『AKIRA JIMBO It's a holiday』(Sound Only)
                  0
                    | B.G.M. | 2018.07.30 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近みたDVD
                    「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」2巻(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                    ゲームクリエイターこと社畜のアラサー鈴木一郎、連徹で仮眠した筈が何故かゲームと似て非なる異世界へ…いきなりステータスをカンストさせた鈴木ことサトゥー、前話で助けた少女からお礼のデートに誘われ第3話「デスマーチからはじまる恋愛事情」の始まり。
                    早くも勇者フラグですか、まぁ魔王の登場は当分ないでしょうけどね…旧来の異世界召喚ネタを勇者=チートスキル持ちと今風にしたのも「SAO」っぽいなー、リンチ状態の獣人を救おうとして魔族をあぶり出したものの魔方陣から生成されたダンジョンに囚われ。
                    それよか魔族さー、ナニ言ってんだかワカンネーヨ!

                    獣娘を従えて法術士や市民を救護しつつ脱出を目指す第4話「デスマーチからはじまる迷宮探索」、マッピングしなくても立体表示され一目瞭然とは流石チーター!笑
                    獣娘たちにも経験値を積ませつつ「ダンジョン飯」状態、上級魔族も神殺しの称号で一刀両断とは流石チーt(ry…こうして無事に市民救助&脱出成功し勇者の称号フラグも獲得、しかし意味深な少女の登場は吉兆か凶兆か?
                    しかしケモミミ幼女が出た時点で萎えちゃいました、そういうの結構ですから…それと作画崩壊って程じゃないにしても、法術士の横顔が微妙に不細工だったり主人公より顔デカかったりするのも如何なものかと。
                    デスマーチからはじまる作画崩壊(←左クリックで拡大表示されます)


                    前巻
                    0
                      | animation | 2018.07.29 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top