(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近みたDVD
「夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜」1巻

そんなに古いアニメじゃない筈なんですけど、本作はリメイク版らしいです…レンタル店の棚に同じタイトルで微妙に異なるパッケージのシリーズが並んでいて、どちらも初巻の収録数は2話だし1話目のサブタイトルまで共通してまして。
店員さんの手書きPOPによれば本作の方がリメイク版で、しかも“完全新作”との事…なるほどキャラ絵も旧版とは違うなー、もしや「逮捕しちゃうぞ」みたくOVA展開後にTVシリーズ化した的な事情か?いえ勝手な想像ですけど。
でも、よく見たらリメイク版には「ハナノウタ」と追記されてるのね、まぁそんなのどうでもいいんです。

「♯1サクラサク」、開始30秒もしない内からパンチラかよ…でOP曲はユニゾン・スクエア・ガーデンなのね、初めて聴いたわ。
で、舞台は桜新町?って世田谷?…女子高生の町長は桜祭りの巡回中、普通に妖怪が共存する風変わりな町に垂れ込める不吉な暗雲!
ED曲はファットマンズ・アフター・スクール、ちょっとバンプ・オブ・チキンのメロとサカナクションのビートを混ぜた感じだな。
「♯2ハルノカゼ」は、前回迷子のフリして内情を探った魔女っ娘が妖怪住民に精神戦を仕掛けてきます…土地神さまにより事なきを得ますが、妖怪住民を管理する元老院の監視は侮れない?

手枷によって力を抑えている妖怪住民は、多かれ少なかれトラウマを抱えている様子…また妖怪や半妖だけじゃなく、人間の中にも“異能のチカラ”ってのを使えるタイプがいるようで。
そして人間と見た目的には大差ないのは、妖怪だけでなく土地神さま達も同様。
ただし土地神さまは基本的に妖怪にも人間にも原則的に不干渉らしい、とまぁ微妙なパワー・バランスで成り立っている町の平穏を揺るがす連中の目的は何か?
なんて事はどうでもいいけど、効果音だけデカ過ぎ!…アニメ製作がタツノコプロ、とはちょっと意外。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その30
0
    | animation | 2018.05.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    本日の脳内BGM
    FISHBONE「A selection」
    BOΦWY「Blue vacation」
    米米クラブ「Midnight resistance」
    種ともこ「10円でゴメンね」
    THE CLASH「Should I stay or should I go」
    A TASTE OF HONEY「Boogie oogie oogie」
    MADONNA「Vogue」
    THE CLASH「Rock the Casbah」「Red angel dragnet」
    松任谷由実「輪舞曲」
    MADONNA「Physical attraction」「Crazy for you」
    J. GEILES BAND「Centerfold」
    COMPLEX「恋をとめないで」
    薬師丸ひろ子「Woman "Wの悲劇"より」
    AZUMA HITOMI「ハリネズミ」
    フロントミッション サード”O.S.T.「ネットワーク」
    ユニコーン「おかしな2人」
    CLARE TORRY「The way we were」
    BOBBY BROWN「Every little step」
    嘉門達夫「怒りのグルーヴ」
    BOΦWY「B・blue」
    CARPENTERS「Yesterday once more」


    *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

    『A Taste Of Honey- Boogie Oogie Oogie (Re-Recorded)』(サムネイルのジャケ画像にシビレます、実際女性2人がフロントマンとしてギターとベースを演奏しているバンドだったそう;Sound Only)


    『1979 ネスカフェ』(原曲はバーブラ・ストライサンドが主演した「追憶」の主題歌です、このクレア・トリーという英国シンガーはピンク・フロイド一派として「風が吹くとき」のサントラにも参加してる他カルチャー・クラブの「The war song」などでバック・コーラスをしていたそう)
    0
      | B.G.M. | 2018.05.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近みたDVD
      「フラクタル」1巻

      フラクタル、とは…“働かなくても生活が保証される”システム、22世紀の人類が生んだ神だそうです。
      冒頭から(主人公以外は宇宙生物?)と思わせて3Dアバターのドッペルとは、それにしても「コナン」の残され島みたいな景色は好いなぁ…主人公の目前を飛ぶ「ナウシカ」のメーヴェっぽい飛行機、小型飛空挺の追撃を逃れた「サクラ大戦」みたいな異国の少女を助けた主人公は彼女の物語に巻き込まれていきます。
      「01 出会い」は6分越えの長いアバンを経てのOP、このデジタル万華鏡は90年代半ばに持て囃された複雑系だかカオス理論だかが思い出されて懐かしい!

      それにしても百年以上は変化していなそうな長閑な風景と近未来の超ハイテク、本作に限らず描かれがちな理想的な未来ってのも考えてみれば文明の発達として歪(いびつ)だよな…文化の一点だけが異常進化して、他方は昔ながらのっていうアンバランスな現代の延長に過ぎないんですけども。
      などと小難しい話に思わせて、主人公の家まで押し掛けてきた飛空挺の3人組がトンマで笑わせてくれます…そして少女が残していった、礼拝堂遺跡のシンボルと同形のブローチって何?
      「02 ネッサ」はブローチ解析中に飛び出てきた少女の名前、しかもドッペルじゃなく実体とは超技術か?

      自分が何者かも分かってなさそうなネッサ、なんか誰かを連想させるんだよなぁ…とまれ両親ドッペルに言わせれば人間じゃないらしく、主人公は「持ち主に返さなければ警察に届けなさい」と言われてブローチの持ち主を探しに出ますが。
      最後は2人一緒にトンマなトリオに捕まって次回へ!
      EDがアイルランド民謡アレンジ曲だったという事は、主人公の住む石垣の続く丘陵地帯も石畳の町も彼の地をイメージしたのですかね?…まるで以前みた夢の世界っぽいんですけど、これは続きも観るべきかも。
      まぁ夢とは関係なくても何か惹かれるので、どっちにしても観るつもりですが。

      この世界では主人公のような定住志向は珍しく、気の向くままに生きているのですが…“みんな、ただいまーって帰れるお家がないのね”という呑気なネッサの言葉にドキリとさせられましたよ、しかし主人公が「セキュリティに預ける」と言った途端にネッサを実体として触れなくなったり「ネッサに謝らなきゃ」と思った途端に現れて抱きついてきたり謎だらけだなー?
      久々に(でもなかった笑)島本須美の名を見ましたが、まぁ異界の僧院長なので滅多に出てこないんでしょうね…アニメ制作はA-1ピクチャーズ、労働環境は改善されました?笑

      「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その29


      関連記事:
      【最近みた夢】イギリスの夢| 2017.08.25
      【最近みた夢】断り下手の帰れない三景3.キッチンカーと雨渋滞| 2017.10.20
      0
        | animation | 2018.05.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        本日の脳内BGM
        YOU & THE EXPLOSION BAND「気どり歩き Walking in a prim」「オアシスへ… To the oasis」
        BILLY JOEL「Los Angelenos」
        楠木勇有行「Choose me」
        BUCK-TICK「Just one more kiss」
        BILLY JOEL「Somewhere along the line」
        0
          | B.G.M. | 2018.05.07 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近みたDVD
          「SAMURAI7」第一巻

          いやはや、TSUTAYA宅配レンタルめ…いや「最安プランは旧作借り放題じゃない」って事を見落としてた僕の落ち度なんですが、月の途中で推奨プランに格上げしても「翌月にならないと適用されない」というのは些か腑に落ちないんだな。
          最初、次が送られて来ないのは新作枠を使い切ったのに新作をリストのトップに載せてるせいかと思い…それでもダメだから一度リストアップしてた分を全部削除して旧作を先頭に再度リスト登録し直したりして、気付けば1週間が過ぎてました。
          確かに約千円/月で旧作借り放題、ってのは都合の良い勘違いでしたからまた約2千円のプランに戻して。

          今月だけは、以前TSUTAYAプレミアムのお試し登録した近所の店で有料登録…これで旧作は借り放題、しかも新作・準新作とCDやコミックは半額ですから元はバッチリ取るもんねー!笑
          そういった次第で、とりあえず久しぶりに「シリーズ物アニメ1巻借り」してみました…で本作、なんと黒澤明監督の映画「七人の侍」が原作ってマジかいな?
          しかも妙なSF調に大胆アレンジ、原作の要素は粗筋だけかも…キャラ顔は90年代アニメでメカパートは如何にも00年代なCG、スチームパンクな町と「精霊の守り人」に出てきそうな村に「ザルドス」みたいな浮遊要塞と盛ったねー?

          第一話「斬る!」は、年貢の米俵を鷲掴みする巨大ロボットに怒り心頭の村人たち…腹ペコ侍に鱈腹(たらふく)米食わして代理一揆してもらおうと、砂漠を越えて町に来た村男と巫女と泣き幼女が使えそうなサムライに目を付けるまで。笑
          「無限の住人」初期の活劇ケレン味至上主義を思わせますが、当分“稲穂が頭を垂れる時までにサムライ連れてくる”展開っぽいな。
          ところで長いアイキャッチといい、最後に止め絵で「次回、お楽しみに!」とかNHKでOAしてた感じがするね…いやまさかなぁ〜、だけど「サジタリウス」みたいなのも過去に放映してた位だし(←アレは民放でした!)あり得るか?笑

          第二話「喰う!」から相川七瀬の歌うOPが付き、これから仲間になるサムライ7人が判明…目星のサムライは初回アバンで艦隊を斬りまくってた敗将カンベエ、しかし先ずは彼を師と仰ぐサムライ志願の優男カツシロウ&間抜けロボ侍キクチヨのスカウトに成功。
          それまでは勧誘しても食い逃げサムライばかりで、町のボンボン麿に拉致られた巫女キララを助けに向かったカツ&キクですがボン麿の用心棒に歯が立たず…逃げ場を失った巫女はカンベエ目当ての命懸けジャンプ、一度は頼みを蹴った彼も巫女の気概を捨て置けず仲間入りか?
          どうでもいいけど泣き幼女はコマチ、村男はリキチ。

          次回予告に出てきたオッサンはゴロベエ、他に槍遣いシチロージとゴーグル少年ヘイハチとクールなキュウゾウが残りのメンバーらしいです…ネタ元は未見なので分からないんですが、サムライの名前に4〜9が仕込まれているのは何故だ?
          アニメ制作はゴンゾで監督は滝沢敏文、収録話数がたった2話っていうのは'04年ですから仕方ないか。笑

          「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その28


          関連記事:
          【最近みたDVD】「ストレンヂア -無皇刃譚- SWORD OF THE STRANGER」| 2017.05.20
          0
            | animation | 2018.05.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近読んだ本
            高千穂遙「異世界の勇士」

            ヒロイック・ファンタジーという言葉は、本書で初めて知りました…「クラッシャージョウ」「ダーティペア」のシリーズで人気を博していた著者による、高校生が異世界に英雄として召喚される非SF小説です。
            最初に読んだのは小6か中1か、当時は現実世界とファンタジーをリンクさせる発想に驚いたものでした。
            既にフォーマットとしては使い古された感もあるし、本当に異世界で敵を倒すだけの直球展開なのですが。
            読みやすい文章でサクサク話が進むので、色々とオーソドックスながら飽きさせません…むしろこのアッサリとした終幕が心地好いです、個人的にはですが。笑

            白昼夢に悩まされるサッカー少年のリュウジは、自分が見知らぬ場所にいる事に気付き…そのまま異形の怪物に襲われ混乱するも、現れた少女に託された霊剣で訳も分からず敵を撃退し。
            一族の王は彼を召喚し命尽き、人々の精神力を束ねる王の娘は敵に捕らわれ…屈強な戦士と身軽な少年、そして敵から寝返った小魔と共に囚われた王女を救出し更に苦難の旅を経て魔海城に乗り込みラスボス打倒。
            しかし村の祭壇で封魔の結界を施している最中、復活したラスボスが逆襲に…霊剣の奥義発動で押し返し、間一髪で封じ込めますが。
            王女の側に駆け寄る途中、召喚の場を踏んでしまい。

            と、完璧にネタバレですけども…まぁ粗筋が分かったところで物語に惹き込まれるのは間違いないし、結末は読んでのお楽しみです。
            背中合わせの現実世界と異世界、物質世界と精神世界…微妙に「ダンバイン」的ですが刊行は'79年ですからね、因みに横田順彌による解説も学生時代の著者や当時のSF事情が伺えてなかなか興味深いものが。
            初版'81年、徳間文庫版。


            個人的には関連あるかもしれない記事:
            【最近読んだ本】田中光二「エデンの戦士」| 2009.10.15

            〈高千穂遙〉関連記事:
            【最近読んだ本】「クラッシャージョウ8 悪霊都市ククル」上巻| 2011.10.02
            【最近読んだ本】「クラッシャージョウ8 悪霊都市ククル」下巻| 2012.05.12
            【最近読んだ本】「虹色の地獄 (映画版クラッシャージョウ)」| 2012.06.04
            【最近読んだマンガ】高寺彰彦「サルタン防衛隊」| 2013.03.03
            【最近読んだ本】「銀河番外地 運び屋サム・シリーズ1」| 2016.05.29
            【最近読んだ本】「聖獣の塔 運び屋サム・シリーズ2」| 2016.06.04
            【最近読んだ本】「クラッシャージョウ9 ワームウッドの幻獣」| 2017.06.13
            【最近読んだ本】「ドルロイの嵐 クラッシャージョウ外伝(1)」| 2017.06.28
            【最近読んだ本】「クラッシャージョウ1 連帯惑星ピザンの危機」| 2017.07.09
            【最近読んだ本】「クラッシャージョウ2 撃滅!宇宙海賊の罠」| 2017.07.20
            【最近読んだ本】「ダーティペア 独裁者の遺産」| 2017.07.26
            0
              | books | 2018.05.05 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近読んだマンガ
              ヴィキイ・バウム(原作)、さそうあきら(作画)「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」2巻

              前巻で描かれた、村の沖合いで座礁した商船に絡む中国人船主の謀略は脇に置かれ…それが通底するように不安を奏でつつも、全体としては主人公パックと想い人サルナの結婚など長閑な営みが描かれます。
              しばらく間が空いたせいか、登場人物たちと主人公との関係が思い出せず戸惑ったりもしましたが…古くて遠い異国の風情は余所者である僕の目を和ませてくれて、だからこそ嵐の前の静けさのような平穏が恐ろしくなったりもするのです。
              座礁の夜番だったパックが、漁師に貰った絵付皿…そのエキゾチックな魅力は不吉な予感の象徴か、彼の純朴さが却って焦れったい!


              関連記事:
              【最近読んだマンガ】さそうあきら「おくりびと」| 2012.07.21
              【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05

              〈バリ島〉関連記事:
              【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
              【最近聴いたCD】V.A.「地球の“聴き”方 バリ編」| 2010.09.18
              【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
              【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
              【最近読んだ本】河野典生「デンパサールの怪鳥」| 2017.09.06
              0
                | comic | 2018.05.04 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
                本日の脳内BGM
                SCORPIONS「Rock you like a hurricane」
                IAN DURY & THE BLOCKHEADS「Wake up & make love with me」
                PENGUIN CAFE ORCHESTRA「Air a danser」
                山本譲二「みちのくひとり旅」
                (アーティスト不明)「キリンレモンのうた」
                奥田民生「愛のために」
                PRINCE「Do me baby」
                子供ばんど「あんたはまだまだ子供だよ (子供ばんどのサマータイム・ブルース)」
                OZZY OSBOURNE「Bark at the moon」
                山下達郎「Love talkin' (honey it's you)」
                松倉如子「いとしい人」
                SHALAMAR「There it is」
                勝誠二「夢のかたち」


                *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                『奥田民生 愛のために』


                『Tatsuro Yamashita - 'Love Talkin' of 1982 is so good.』(Sound Only)
                0
                  | B.G.M. | 2018.05.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近読んだマンガ
                  三秋縋(原作)、田口囁一(漫画)「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」1巻

                  なんか自己啓発本を漫画化したような題名ですが、ちょっと気になってたんですよ…本作より先にネットで見かけた四コマ漫画の画像が印象に残って、それから(余命30年を売り払って寿命3か月となった大学生)という本作を知ったという順番だった筈ですけど。
                  まぁ発想自体に新味は感じませんし、おそらくは監視役が外れる最期の三日間に起きるであろう大逆転への助走期間として設定されたのが3か月なのだと思うんですよ…約90日と30万円で人生を変える物語だと考えると、構成的には王道サスペンス風味のヒューマン・ドラマなのかも?笑
                  なんてね。

                  人生の査定額が1年=1万円という最低価格だった主人公は貧しい大学生、幼少時から根拠なく他人を見下す性格だったので友人0。
                  生活費が尽きて、なけなしの家財を売りに行き“寿命を買い取ってくれる店”を紹介されます…古本屋の店主もCDショップの店員も異口同音に主人公の“本の趣味”“音楽の趣味”を誉めているのが、以降の展開に関係してきそうですが。
                  寿命の査定基準は「幸福度」「実現度」「貢献度」などから算定され、きっと僕なんか他人の尺度で量れば買い取り拒否レベルだろうなぁとも…実際、買い取り価格って自分にとっての価値とは無関係ですからね。

                  若きクズ人間のお目付け役として現れた、何故か周囲に認識されない女の子…彼女は件(くだん)の店に“時間”を売って、その年数の人生を世間離れした従業員として生きているのです。
                  その他に買い取ってくれる“健康”に関しては多分、健康の度合いによって買い取り価格が違ってくるのでしょうね…これらは先日読んだ「不思議な少年」の能力を民間委託にした感じがして、より生々しくイメージを想起させられます。
                  僕が1年=1万で人生を売ったとしたら、どんな気分だろう…ふと昔どこかで観たジョニー・デップの「ブレイブ」を思い出し、複雑な気持ちになりました。
                  0
                    | comic | 2018.05.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    本日の脳内BGM
                    SHALAMAR「There it is」「Dead giveaway」「You can count on me」「No limits (the now club)」
                    MIHIMARU GT「気分上々↑↑」
                    CLASS「夏の日の1993」
                    NU SHOOZ「I can't wait」
                    RAM JAM「Black Betty」
                    おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」
                    小泉今日子「Down town boy」
                    BLACK BOX「Open your eyes」
                    松田聖子「Marrakech〜マラケッシュ〜」
                    APACHE INDIAN「Boom! shack-a-lak」
                    THE VENTURES「Walk don't run」


                    *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                    『Shalamar - No Limits (The Now Club)』(Sound Only)


                    『Nu Shooz - I Cant Wait (Solid Gold) (1986)』(御大ディオンヌ・ワーウィックが曲紹介してます)
                    0
                      | B.G.M. | 2018.05.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top