(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

本日の脳内BGM
RAM JAM「Black betty」
JOAN JETT「Dirty deeds done dirt cheap」
AC/DC「Dirty deeds done dirt cheap」
シーナ&ザ・ロケッツ「レモンティー」
RANDY VANWARMER「Just when I needed you most」
CUTTING CREW「(I just) died in your arms」
BEASTIE BOYS「(You gotta) fight for your right (to party!)」
MARLENA SHAW (from "LOOKING FOR Mr. GOODBAR"O.S.T.)「Don't try to stay until tomorrow」
EARL KLUGH「I'm ready for your love」「Soft stuff (& other sweet delights)」「Calypso getaway」
BILLY JOEL「If I only had the words (to tell you)」


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『アメリカンモーニング / Just When I Needed You Most - Randy Vanwarmer』(Sound only)


『Calypso Getaway - Earl Klugh』(Sound only)
0
    | B.G.M. | 2018.11.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近やったゲーム
    PS1ソフト「エクソダスギルティー」

    前回で各時代の導入パートをクリアしまして、今回はそれぞれの時代を少しずつ進めてみるとしますかね。
    【過去/アーレス編】
    南の集落プレン・アークは神の裁きにより廃墟化しており、謎めいた少女を追って神殿に入るも彫像が立つのみ…再び少女を見かけて集落の外へと追い掛けるも眼帯の男の忠告どおり、水の神殿への道は川が結界となって渡れないし炎の神殿も火勢が強くて近付けず。
    どうやらプレン・アークを滅ぼしたのは炎と風の2神官らしく、もしや水の神官に会えば…と手掛かり求めて行きつ戻りつ、すると氾濫した川に例の少女が!
    と、ここでザッピング。

    【現代/カスミ編】
    導入パートで遺跡内部の巨大壁画は見たカスミでしたが、遺跡を出てアイに訊くと噂話を教えてもらえました…リヒテルという調査団のスポンサーで地元の文化事業財団オーナーは「遺跡には宝が眠っている」と言っていて、地元ボランティア連中もそれを信じて一攫千金を狙っているらしい。
    そこに現れたリヒテル、カスミの行動に釘を刺しつつ「宝は文化的価値の事」と言って去りますがカスミは何か隠していると直感。
    密かにリヒテルが招いた謎の関西弁女、どうやらカスミの正体を知ってる様子…一方カスミは、気弱な助手ワッツから不審者情報を。

    これまでも何度か話し掛けてきた青年、関係者じゃなかったのね…外人墓地へと向かう彼を追うと奇妙な墓石を発見、ヘブライ文字が刻まれているのも妙だな。
    アイに「リヒテルが捜してた」と言われても無視して遺跡に入り、探知機を使ってみたら…ビンゴ!墓石の窪みに合いそうな「太陽の石」をゲット、それを墓石に嵌めてみたらまたビンゴ!でも取れなくなったぞ?
    ともかく宿舎へ向かい、勝手に自室に入り込んでいたリヒテルの話を聞いてやった後で再び自室に戻ると…なんと七つ道具バッグが盗まれ、しかし何故か拳銃とハンドライトが置き去りにされていたからと装備に。

    既に探知機とワイヤーで10kgちょうどなんですけど、+1.5kgならオーバーしても問題ないって事なの?笑
    と、この辺でザッピング。
    【未来/スィー編】
    追っ手を逃れた2人と1匹、大聖堂はザザン騎士団の処刑場にされているそうで一先ず長居は無用ですな。
    北のタウン・ギルドを目指す一行の前に再び現れた宣教師イー、スィーの王家の短剣と引き換えに神託を伝えると言われ…Noを選択し続けると強引に奪われますが、ようやく地図を手に入れる事が出来ましたよ。
    正面が必ずしも進行方向とは限らないので、↑ボタンを連打してたら急に引き返したりで紛らわしいんだ!

    これで画面右上の現在地表示だけでなく、全体マップも確認出来るようになりました…シティ・ギルドがあった場所はアーレス編で迷いの森があった辺りで、大聖堂は炎の神殿跡ですな?
    そしてアーレスの故郷ウル・アーク集落にタウン・ギルドはあるようで、イーの神託によればそこでプロフェッサーに会うのが吉らしい…町に入るやイーに遭遇、短剣は門の鍵と言われても返してくれる訳じゃなく何のつもりか意味不明〜。
    プロフェッサー宅の爆発音にライリーのハイキックで突入するも、博多弁のメガネっ娘に詰問され…返答に窮してたらライリー疲労で倒れ、今回はこの辺まで。
    0
      | game | 2018.11.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      本日の脳内BGM
      BOWLING FOR SOUP「1985」
      BEASTIE BOYS「(You gotta) fight for your right (to party!)」
      OLIVIA NEWTON-JOHN (frow the "GREASE"O.S.T.)「Hopelessly devoted to you」
      CHERYL LADD「Take a chance」
      HANSON「Mmm bop」
      HERBIE HANCOCK「Rock it」
      TECHNOTRONIC「This beat is Technotronic」
      THE MANHATTANS「Let your love come down」
      ABBA「Gimme! gimme! gimme! (a man after midnight)」


      *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

      『HOPELESSLY DEVOTED TO YOU (Olivia Newton John) ~ Grease (1978)』(アップで見ると流石に十代の役はキツかったのねオリヴィア、しかしトラボルタより年上には見えなかったよなぁ)


      『ABBA Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) Live 1981 - Dick Cavett Meets ABBA (High Quality)』(今聴くと元祖シンセ・ポップという感じですな、立ち読み目的で通った本屋のラジオでよく流れてました)
      0
        | B.G.M. | 2018.11.10 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近行ったところ
        千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(←リンク先は公式サイト)

        千葉駅周辺って、昔は仕事でよく行ってたけど…そういえば電車で行った事は数える位しかなかったんだな、軽く地図を見て分かった気で歩き出したらバッチリ迷って無駄に歩く羽目に。
        でも駅周辺を少し離れただけで強烈な寂れっぷりは、まるで台湾の林邊とか萬丹といったマイナーな町に似た雰囲気で楽しめました。
        そして美術館のある市庁舎は明治時代の建造物を活かしたリノベーションで、特に1階部分は迫力があるなぁ。
        因みに「1968〜」展は、同年生まれの50歳は入館料¥1,200のところ¥500に!という粋な計らいを実施中。

        今から半世紀前、明治維新から100年目の当時には以前から妙に関心を抱いておりました…元はTVアニメの「ルパン三世」からなのです、物心付いた時には観ていた僕は企画書段階のルパンが「元は新宿のフーテンだった」と知ってヒッピー文化や学生運動などにも興味が湧いてきまして。
        そんな時代を回顧する展示なので、アート鑑賞のように時間を掛けずサクサク観ましたよ…むしろイラストレーションの前提はアイキャッチですから、ネチネチ観るもんじゃないですし。
        まぁ本展の、知る由もない当時の空気を強く感じられるキュレーションは大いに体験する価値があります。

        かつて憧れて知れば知るほどガッカリした学生運動が文革の紅衛兵レベルの幼稚さで、日宣美や草月アートフェスなど権威解体の功よりも暴力をロジックに摩り替えた罪の方が鼻に付きます…結局は新宿騒乱も渋谷のハロウィンで軽トラ倒す今のバカと大差ないし、東口で野宿してたフーテンの暗い目も今と大差ないし?
        しかし激動の渦中にいた人物が必ずしも先鋭化する反体制思想と一体ではなかった、という感覚は意外でもあり考えてみれば当然でもあり…赤瀬川原平も思想的には非常にフラットだった感じがして、粟津潔にもそうした印象を受けました。

        楽しい試みだったのは当時のサイケ・ディスコのイメージを再現したブースですね、光と音の空間に浸っていると学芸員が心配するので長居は出来ませんが。笑
        横尾忠則や田名網敬一らが米国から持ち込んだサイケとウォーホル的なメディアミックス戦略、デュシャン的なインターメディアやプラグマティックな「もの」派…一方で裁判さえインスタレーション化した千円札事件の哲学性とアングラの土着志向から生じた暗黒舞踏やガロ系、0次元や秋山祐徳太子らのハプニングに見られるナンセンスな似非芸術とタブー打開を意図したエログロ表現から発した思想なき模倣の混濁など。

        全体としては一部の幼稚さや低俗さも不可分であり、本来は関連性の薄い分野も相互にインスパイアされて大状況を形成していった…それが1968年をピークとした日本のシーンだったんだといった感じがしました、そして若年層の文化に過ぎなかった薄い拡がりの影響は確かに少しばかり社会を変革していたのだとも。
        50年先の未来から見返したからこそ、全体として見渡せるのだとも思います。
        もう一度、観に行こうか…ちょっと今、そんな気分。
        1968激動の時代の芸術(←左クリックで拡大表示されます)


        関連記事:
        【最近行ったところ】ICC(NTTインター・コミュニケーション・センター) | 2007.10.13
        【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」 | 2013.11.14
        【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02

        〈1968年〉関連記事:
        【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」 | 2012.03.30
        【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
        【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」 | 2014.05.20
        【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」 | 2015.02.18
        【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」 | 2017.04.15

        〈学生運動、フーテン〉関連記事:
        【最近読んだ本】田中長徳「トウキョウ今昔 1966・2006」 | 2011.06.16
        【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング(著)、松井みどり(訳)「東京アンダーワールド」 | 2011.07.26
        【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」 | 2012.01.01
        【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」 | 2013.05.18
        【最近聴いたCD】ガガガSP「オラぁいちぬけた」 | 2013.10.07
        【最近読んだマンガ】いがらしみきお「私はたいがいの場合正しかった」」 | 2013.10.020
        0
          | visited / plan | 2018.11.10 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
          本日の脳内BGM
          SHALAMAR「You won't miss love (until it's gone)」
          ROBERT PALMER「Addicted to love」
          PRINCE「I wanna be your lover」
          QUEEN「I want to break free」
          CASIOPEA「Looking up」
          CHERYL LADD「Take a chance」
          SHOW-YA「限界Lovers」
          SKID ROW「Monkey business」
          THE IMPRESSIONS「People get ready」
          JEFF BECK & ROD STEWART「People Get ready」
          THE TRAVELING WILBURYS「Handle with care」
          GRAND FUNK「We're an American band」
          VICKI SUE ROBINSON「Turn the beat around」


          *以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

          『Impressions - People Get Ready - Bubblerock Promo ( Normal Version ) HD』(曲が始まるのは1分後です、作詞作曲はカーティス・メイフィールドだそう)


          『Jeff Beck, Rod Stewart - People Get Ready』(こちらのカバーを最初に知ったのですけど、オリジナルに比べると何かが欠けてる気がしますねぇ)
          0
            | B.G.M. | 2018.11.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近行ったところ
            表参道〜原宿

            先日の原宿〜赤坂ブラブラ歩きの続きというか、その時に通り損ねた「渋谷の明治通り沿いメトロゴールド?前辺り」と「表参道の金王坂〜こどもの城辺り」を回ってみました…しばらく前から何故かピンポイントで思い浮かんでいた場所に、ちょっと行ってみようかな?という独り遊びです。
            折角なので先日うっかり行きそびれた「原宿のファイブフォックス本社前辺り」も絡めたコースを思い付き、表参道からスタート…246沿いに先ずはこどもの城まで行って(閉鎖されちゃったのかぁ)と驚きつつ、脇の道に入って渋谷郵便局を目印に金王坂方向へ。
            この辺までは分かる感じ。

            うっかり明治通りまで下りちゃったので、金王坂はまたの機会に…そのままメトロゴールドがあった辺りを通過してキャットストリートへ、あの渋女近辺ってピンクドラゴンしか覚えてないし東京ファントムに入る横道もなくなったのかな?
            日が落ちてきたキャットストリートは縁日みたいで、昔の寂れた裏通り感ゼロ!
            イキッたガキが黒縁ウェリントンにステンカラーとか、1周回って更にダサい!
            そして外人率の高さね、韓流アイドルみたいな日本のガキも多いし…吐き気がしてくる程の違和感ながら、そんな中にサンタモニカを発見して(前からココだったかなぁ?)とモヤモヤ。

            今は知らないけど、昔ヴォイスとかヴィヴィアン西木があった辺りから明治通りを渡って東郷神社脇をショートカット…こないだ回りそびれたファイブフォックス本社前を通って原宿駅前にて終了、今回のコースは約1時間といったところ。
            今回は時代の変遷を目の当たりにした気分でした、だけど観光客が多過ぎて散歩向きとは言えませんね。笑
            0
              | visited / plan | 2018.11.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
              本日の脳内BGM
              YOU & THE EXPLOSION BAND「恋はサンパウロ」
              佐野元春「Young bloods」
              高中正義「渚・モデラート」
              THE POWER STATION「Lonely tonight」「Communication」
              高中正義「Blue lagoon」
              CASIOPEA「Love you day by day」
              JOHN TRAVOLTA & OLIVIA NEWTON-JOHN (from the "GREASE" O.S.T.)「Summer nights」
              THE MANHATTAN TRANSFER「Gloria」
              DARYL HALL & JOHN OATES「Adult education」
              マリーン「Saturday night」
              ARABESQUE「Friday night」
              NEWTON FAMILY「Don Quijote」


              *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

              『"Love in Sao Paulo" - 1978 Version』(Sound Only)


              『Love You Day By Day Casiopea Live 櫻井哲夫氏 Bass 作曲』(正直これは演奏しても退屈そうだ、と思っちゃいます;Sound Only)


              『Gloria』(古臭いドゥーワップですがカバーなのかは不明、つい同時期の洋画タイトルを連想しちゃいます)
              0
                | B.G.M. | 2018.11.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近みたDVD
                「ストロングマン 最低男の男気大決戦!!」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

                '15年のギリシャ映画で、原題の「Chevalier」とは騎士を意味するフランス語で勲章や称号の階級でもあるようです…劇中の男たちが他愛ない暇潰しで始めた筈の“シュヴァリエゲーム”、中年男6人の内で誰が最強かを決める遊びでマジになっちゃうというお話。
                監督と脚本のアティナ・ラヒル・ツァンガリという女優が描く、男同士でクルージングを楽しみ(まだイケてる俺)を演出するオッサン共のイタさ…もっとコメディ・タッチなのかと思ってたので、非常に辛口な可笑しみに戸惑いましたよ。
                何もかも男らしさを基準に評価し、採点するとかね。

                先ずは冒頭の、1分以上も続く無音映像にちょっとビックリ。
                ウェットスーツで上陸してきた男たち、タコ漁してたのか?…いや彼らは素潜りで魚も捕ってたみたいです、この入り方はギリシャ映画じゃ普通なのか?
                しかし船上での服装を見ると暖かいというより涼しそうですな、南西の風で最高気温は16℃ですか…ちょっと海に入ろうかって気にはなれない僕に、最強を競う資格はありません。笑
                クルージングといっても自前の船を操縦するのではなく、ちょっとしたクルージング船をチャーターしてるんですな。
                なので食事も料理人の手作りで給士付き。

                しかし無駄なボカシが多いな!
                出航したアテネに着岸し、船酔いで1名脱落するもゲームは終わらず。
                男同士の秘密と腹芸を抱えつつ、終わるに終われない雰囲気の最強コンテスト。
                劇中で披露されるミニー・リパートンの「Lovin' you」は別として、音楽はラストとエンドロールだけ…なのに長々と十数曲もクレジットされていて、ギリシャ映画は謎だらけです。笑
                個人的に好かったのは、海から見た沿岸の光景ですね…何故か70年代の日本映画っぽいのです、熱海辺りの。
                升を並べたような建物のせいかなぁ〜?ちょっと分かりませんけど。

                日本語吹き替えがないのはともかく、チャプター機能もないとはケチったもんだ!…販売元のハピネット、これは仕様から最低でしょう。
                ストロングマン(←左クリックで拡大表示されます)
                0
                  | cinema | 2018.11.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  CHIC「Good times」
                  STARSHIP「Sara」
                  SPANDAU BALLET「True」
                  POINTER SISTERS「What a surprise」
                  PHARRELL WILLIAMS「Happy」
                  GERRY & PACEMAKERS「Ferry cross the Mersey」
                  PRINCE & THE REVOLUTION「Raspberry beret」
                  EPO「うわさになりたい」
                  BLONDIE「Heart of glass」
                  オフコース「Yes-yes-yes」「秋の気配」
                  MARLENA SHAW (from"LOOKING FOR Mr. GOODBAR" O.S.T.)「Don't ask to stay until tomorrow」
                  THE MANHATTAN TRANSFER「(曲目不詳)」
                  CON FUNK SHUN「Too tight」
                  EARTH, WIND & FIRE「September」


                  *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                  『Starship - Sara』


                  『CON FUNK SHUN - TOO TIGHT GREAT PERFORMANCE !!!』
                  0
                    | B.G.M. | 2018.11.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近行ったところ
                    カラオケ

                    かなり久々のカラオケでした、友人と2時間コースで歌った歌は以下のとおり(順不同)。

                    坂本九「上を向いて歩こう」
                    SWING OUT SISTER「Breakout」
                    薬師丸ひろ子「Woman 〜Wの悲劇より〜」
                    オリジナル・ラヴ「Scandal」
                    AEROSMITH「Jaded」
                    ザ・ブルーハーツ「レストラン」
                    オリジナル・ラヴ「Let's go!」
                    小沢健二「僕らが旅に出る理由」
                    DARYL HALL & JOHM OATES「Private eyes」
                    MICHAEL JACKSON「Off the wall」


                    〈カラオケ〉関連記事:
                    2010.06.05
                    2011.09.21
                    0
                      | visited / plan | 2018.11.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top