夢みるように眠りたい [DVD]
夢みるように眠りたい [DVD] (JUGEMレビュー »)

2018年の上半期は映像作品に恵まれました、といっても僕の好みなので万人向けとは言い難いのですが。笑
本作も(もう観る機会ないな)と諦めてましたよ、TSUTAYAの宅配レンタルには大助かりです。
心の「閉じられなかった輪っか」の記憶や言えず終いとなった(サヨナラ)と(アリガトウ)の悔恨が救われる気持ちになります、中勘助の「銀の匙」並みに甘々ですが。
映画界の新海誠こと林海象、'86年の監督デビュー作にして製作と脚本も兼任でインディーズ上映した低予算モノクロの“ニューサイレント”。
初主演の佐野史郎と監督の対談解説コメンタリーも、本気で映画好きなら是非。
紹介記事【2018.01.20】
プロハンター DVD Collection
プロハンター DVD Collection (JUGEMレビュー »)

黄金時代の藤竜也&草刈正雄+柴田恭兵という'81年のTVドラマシリーズ、横浜を舞台に繰り広げられるディテクティブ・アクション!
宍戸錠&小林稔侍の刑事コンビと、榎木兵衛と庄司三郎の情報屋兄弟も可笑しいです。
サバンナRX−7は4話から登場、3話までのアメ車も好いなぁ。
怒りで福岡訛りが激化する竜崎には大笑い、でも最終話は「探偵物語」ばりに寂しいんだよなー?
紹介記事(VOL.1)【2018.04.26】
Night to Remember: Uptown Soul Classics
Night to Remember: Uptown Soul Classics (JUGEMレビュー »)
Shalamar
シャラマーを知らなくても楽しめる、煌めく70年代ディスコ・ミュージック。
シャラマーを知ってるアナタも納得の選曲、数多ある彼らのベスト盤でもベストかつリーズナブル。
買ってよし、聴いてよしの一枚です。
紹介記事【2018.05.27】
オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)
オーバーマン キングゲイナー 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産) (JUGEMレビュー »)

DVDは全9巻のTVアニメシリーズ。
皆殺しのトミノと呼ばれた富野カントク心機一転、シベリアからヤーパンへのエクソダス×シベ鉄の攻防を描く摩訶不思議なロボットアニメです。
遥か未来を舞台にしつつも寓話的で、ほのぼのギャクを盛り込みながらも会話の上手さは流石だわ……いわば新世紀「ザブングル」、ただし最後がチト残念。
紹介記事(Vol.9)【2018.03.03】
キッドナップ・ブルース 【初DVD化】
キッドナップ・ブルース 【初DVD化】 (JUGEMレビュー »)

今ではレンタル店でも置いてないしamazonでも希少高値で、一生観る機会はないかと思ってましたよツタヤディスカスありがとう!
ナウい写真家だった頃の浅井愼平が初監督、主演はタモリ一義で音楽は山下洋輔……これでピンときたらご覧あれ。
ジャズメン崩れのパチプロが、鍵っこ舞とチャリブラするうちロードムービーに。
監督は脚本だけでなく、自ら撮影と照明も担当して晩夏の湿度から冬の乾いた冷たさまでを映し取ってます。
育児放棄とか偏向報道とか地方の人の温もりと疎外感、破滅への足音とラスト2分間の白さが沁みます。
対外的には「詰まらないから観ないで」と言っておきたい、昭和ノスタルジーを先取したカルト的な1本です。
紹介記事【2018.01.01】
GANTZ:O DVD 通常版
GANTZ:O DVD 通常版 (JUGEMレビュー »)

リアルな深夜の大阪道頓堀と、精度の高いモーション・キャプチャー&リップ・シンクロのキャラに(CGアニメもここまで来たか!)と驚かされます。
実写で演ったら嘘くさくなる非日常の緊迫感と恐怖に引き込まれ、津嘉山正種池田秀一らの意外なCVキャスティングにもビックリ。
杏にはマジ堪えます、二次元なのに!笑
紹介記事【2018.04.19】
フラクタル [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
フラクタル [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品] (JUGEMレビュー »)

TVシリーズのアニメで、DVDは全4巻。
「コナン」の残され島みたいな景色に「ナウシカ」っぽい飛行機と、牧歌的な光景と裏腹なハイテク世界。
ネッサとネッサと“世界の鍵”、ジェンダーとAIとDVと。
やがて悲しき楽園の真実、胸を衝く永遠のかくれんぼ。
紹介記事(1巻)【2018.05.08】
地球へ・・・
地球へ・・・ (JUGEMレビュー »)

近年のリメイクはクソでしたが、絵が古臭くても構成は本作の方が格段にマシです。
時代を先取りした奥深いテーマは原作に及ばずとも、まとめ方は及第点と言えるのではないかと。
ストーリーと共に素晴らしい、有機的な宇宙船の造形も忘れ難いです。
紹介記事【2018.01.24】
What Time Is It?
What Time Is It? (JUGEMレビュー »)
Time
当時は(プリンスの弟分バンド)とか言われていましたが、実質プリンスの別名義状態だったとは・・・大半が5分超のエレ・ファンク6曲入り、日本でパクられまくったモリス&ジェロームジェロームのコミカルなステージ・アクトは「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」で観られます。
紹介記事【2018.02.17】
バニシング IN TURBO [DVD]
バニシング IN TURBO [DVD] (JUGEMレビュー »)

原題は「Grand Thieft Auto」、だけど「バニシングIN60」的な「車泥棒」ムービーではありません。
ラスベガスの教会を目指す若い男女vs.父親の配下&マザコン婚約者、「ランナバウト3」のロールスロイスは本作が元ネタだったのね?
カーアクションは'77年なりに頑張ってるけど、見どころはクライマックスの中流生活デモリション位かも…なのに不思議と一味ちがう余韻が残るという点で、低予算映画のお手本かも。
まぁポスター・アートの名匠ジョン・ソリー(John Solie)のインタビューだけでも一見の価値あり、かと。
紹介記事【2018.02.25】
異世界の勇士 (1981年) (徳間文庫)
異世界の勇士 (1981年) (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
高千穂 遙
'79年の異世界召喚ヒロイック・ファンタジーですから、新味がなくても当然。笑
既にフォーマットとしては使い古された感もあるし、本当に異世界で敵を倒すだけの直球展開なのですが。
読みやすい文章でサクサク進むので、色々とベタながら飽きさせません…むしろこのアッサリとした終幕が心地好いな、手垢まみれの物語でも惹き込まれました。
横田順彌による巻末解説も、学生時代の著者や当時のSF事情が伺えて興味深いです。
紹介記事【2018.05.05】
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇、螺巌篇 [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇、螺巌篇 [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品] (JUGEMレビュー »)

「紅蓮篇」と「螺厳篇」でTVシリーズを再編集したダイジェスト。
まるで「ザブングル」な、今じゃ珍しい荒唐無稽なロボットアニメ・・・しかし発掘オーバーテクノロジーって「イデオン」かい、しかも「螺厳篇」では馬鹿ガイナックス発動の無限インフレ化に大笑い。
それでいて滅法アツい男泣きアニメというね、中川翔子の力量にも刮目ッ!
「紅蓮篇」紹介記事【2018.06.26】
「螺厳篇」紹介記事【2018.06.27】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [レンタル落ち]
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス [レンタル落ち] (JUGEMレビュー »)

マーベル・スタジオ製作の、B級テイストを狙ったアメコミSF映画。
しかし「Mr. blue sky」で掴まれました、80年代だけでなく6〜70年代の通好みな選曲も二度観して納得。
オッサンの方が笑えるネタ満載です、というかエゴの正体って複製人間マモーだけど何故?笑
肌色が青や緑だと人種という意識が馬鹿げてきますね、ただしストーリーはギャグとネタから逆算したような印象も。笑
紹介記事【2018.04.24】
2300年未来への旅 [DVD]
2300年未来への旅 [DVD] (JUGEMレビュー »)

もしも「未来惑星ザルドス」が好きならば観る価値ありそうな、「スターウォーズ」前夜の70年代SF映画です。
まぁ「ザルドス」程の哲学性も見どころもありませんね、後出しなのに。笑
「80日間世界一周」の監督と、ジェリー・ゴールドスミスの音楽でコレは残念だけど……突っ込み所の多さとか、真実は「Don't trust over 30」の否定とか妙なクセが独特です。
紹介記事【2018.01.10】
不思議な少年 (岩波文庫)
不思議な少年 (岩波文庫) (JUGEMレビュー »)
マーク トウェイン
著者を童話作家と思うなかれ、僕の性格に大きな影響を与えた一冊です。
かつて何度となく読み返しましたが、10年以上ぶりに読んでみたら(なんか違う)感が強くて戸惑いました。
でもそれは、既に僕が本書の少年とシンクロしてるって事なのかも。
とはいえ冒頭の“一五九〇年の冬であった。オーストリアは、まだ世界から遠く離れて、眠りこけていた”という一文には心を掴まれますね。
正統なバージョンであるとされる「不思議な少年 第44号」は駄作なので、本書をご一読される事を強くオススメします。
紹介記事【2018.04.07】

最近やったゲーム
PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

前回でモブ討伐も完結して、後はクリスタル・グランデ最深部の攻略…ここはマップ一切なしの迷子前提ダンジョンな上、ゲート解除にも時間制限あったりで攻略サイトと首っ引きです。
またもや秘技コードの常時ドンムブ+ドンアク状態をONにして、入り口のギルヴェガンからハントカタログ(モンスター図鑑)の穴埋めも…もはや作業ですよ、何故やり込まずにはいられないのでしょうかね僕は。
これって「出された食事を残すのは失礼」という感覚に似てる気がします、ストーリーだけクリアして終わり!ってのは考えるだけでも「おかず残し」的な罪悪感に駆られてしまうのです。

まぁ「FF10」は雷避けとか鳥避けなど自分のスキルじゃ無理だと最初から投げてましたし、本作でも釣りとか諦めましたけど…ただしギザ平原の鶏集めはコンプしましたよ、ラバナスタのクランにモブ討伐を報告に行ったついでにね!
着々と埋まる、メニュー画面の「空賊の隠れ家」アイコン…残すは召喚獣コンプと図鑑コンプのみ、と思いきや魔法コンプって何よ?
まぁとりあえずラスト召喚獣と大物オメガ12号はタコ殴りで片付け、図鑑の穴埋めも完了…その他のロケーションも棒立ちザコの間を何度も行き来して完成、いちいち出現条件が厳しくて真剣に戦ってらんないよ!

合間々々に出向いてたセロビ台地、ここにランダム出現する宝箱というか樽にある筈の魔法が一向に出ないのね…実は延々と間違った場所の樽をチェックしてた僕も僕ですが、低確率にも程があるんじゃないの?
しかしセロビ台地の眺めは好きなので、設置場所としては悪くないですな…雨や曇りといった天候の変化も飽きさせませんし、港町と隣接してるのも便利だし。
樽はあっても中身はハズレばっかで、再出現条件は2エリア・チェンジじゃないのか?…モンスター図鑑はコンプしちゃったけど、レアな交易品を出すために“おたから”目当てのザコ狩りしては樽チェックに。笑

秘技コードのおかげで“おたから”は必ず手に入るけど、普通だったらランダムかつ低確率なんだよな…交易品の規定数量だって集めるのに一苦労だし交易品狙いの売却ルールがあるとは知らなかったから、PARと秘技コードがなかったら絶対に途中で投げてたな!
でも本作のストーリーは好かったと思うわ、平凡な少年が世界を救ったりするよりね…実際“物語の主人公”は相応しい活躍をするし、それに関わった少年だって夢は叶った訳ですから?笑
しかしリブート入手しても何か足らず、最後まで攻略サイト頼りでバニシュとデションを入手してアンブロシアパンテオンに到達!笑
FF12 I.Z.J.S_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『【FFXII TZA】ファイナルファンタジーXII #89 裏ボス vs オメガ mk.XII』(速攻でやられるパンネロには笑いましたが、ガンビット設定でのオートバトルでクリアとはお見事です)


『【FF12:TZA】ウイルス回復 白魔法”リブート”の入手場所(非売品/ダイヤの腕輪必須?)【ザゾディアックエイジ】』(すげー簡単に取ってるなー、しかも仲間がモンスターに襲われてる最中だってのに。笑)
0
    | game | 2019.03.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近やったゲーム
    PS1ソフト「エクソダスギルティー」

    前回の【スィー編】で、ティティの父が遺したメモと賢者ウーが語った世界の真実…スィーじゃなくても頭パンパンですが、この真実にも各々バイアスが掛かっておりますなぁ?
    でもそれに気付けるのは【過去編】をプレイしてるからで、未来世界じゃ悪魔でもザザンことアーレスには母なる心ですし…ティティ父の仮説も、ガイア=悪魔=母なる心を物理的にしか捉えていない点で不完全。
    ともあれ賢者がくれた水声の書を携え、転移の扉で移動した先は大聖堂?…出ると確かに大聖堂なんですが、何も起きないのは何故?
    これは【カスミ編】に主人公変更しろって事だな、でも彼ら一行は聖地に監禁状態で。

    なるほど、スィー達が制御塔に行けばロック解除が出来るのかもな…途中ウーの森でティティ父の仮説を読み返してみると、現在読みかけている「ミトラの密儀」を連想させられました。
    一神教を土台に持つ科学的思想がもたらした環境破壊を批判し、ミトラに限らず多神教全般の太陽信仰にあった共生意識の重要性を語ってますね…でも今はそれどころじゃないので先ずはカスミ班の救出に、塔は制御不能のため聖地ラ・ムーで賢者ウーがくれた漆黒の短剣を使ったら救助成功!
    しかし何故か背後からザザン強襲、どうやらミスティック・フォレスト通過がバレて先回りされてた様子。

    魔剣エクソシジムの妖裂斬にスィーがまとう旧世界の遺産フィフス=セラフィー発動、間に割り込んだリリーヌは今度こそ死亡…どさくさ紛れにウィルを人質にしながらザザンは退却と、ここで改めてザッピング。
    相変わらずラ・ムー内でアレ?と思ったらザザンが去った後で、アイは「ウィルが自らザザンに与した」と目撃証言…外に出るとティティが「父の仇を討つ気はない」と言うのみ、とりあえずジーナ=イー城まで行ってみたけど衛兵に門前払いされて話は特に進まず。
    【スィー編】に戻すとティティは「ザザンが立て直す前にギッタンギッタンにしてやりたい」って、何なんだよ?

    途中で鉢合わせしたカスミから「スィーといるとウィルの顔色が悪くなった」と誹謗中傷され、城に行っても衛兵に追い掛けられて手詰まり状態…そこで奥の手「ワールドガイダンス」で攻略チャートを確認、そういえばウーが“4つの聖なるアイテム”が神への道を開くとか言ってたよなぁ?
    そこで【カスミ編】のサラマンダーリングを持つカスミを大聖堂に行かせ、合流した所で【スィー編】にザッピングして水声の書を掲げ…ん?奥の間じゃないのか、というか大聖堂の外で久々にアクア登場でブルーダイアモンドを獲得。
    また大聖堂に入るとウー登場、スィーとカスミの決意表明を経て決戦場へ転移!

    因みにブルーダイヤのアクア通信は時代が遠いせいか、あるいはアーレスじゃないせいか受信に難あり。笑
    そうそう、カスミ班が賢者の居城で合流しても転移の間には入れてもらえないのね…ジブラール坑道がジブラルタル海峡でジーナ=イー城がシナイ山なら徒歩移動は可哀想だろ、それと大聖堂前にカスミ班がいたら水声の書は変化しないの?
    一方、ザザンに「リリーヌ様は残念でした」と語り掛けるウィル…考えてみれば彼女はアーレスを好いてたっぽいし、人類の黄昏時へと召喚されて過去を捨てたザザンは母なる心との契約を全うするため魔剣をふるってきたのでありました。


    前回

    次回
    0
      | game | 2019.03.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近やったゲーム
      DSソフト「おいでよ どうぶつの森」

      前回から2099年末にタイムトリップしまして、宿願だった世紀越え体験カウントダウンに入っております。
      そんなミレニアムなムードをよそに引っ越してきた、サイ系わたしキャラのユメコ…84年ぶりの8番目の村民がホワイト・バッファローならぬ白サイとは、昔だったら祭壇に捧げられちゃいそうなお嬢さんだこと!
      一先ず彼女の荷解きが済んだら内装チェックしてインテリア・コーディネートだな、流石に独房部屋は廃止するとしても…やはり縁起物ですし、祭壇部屋か?笑
      おっ、まだいたのかサム!…とっくに引っ越してくれたと思ってたのに、最古参の村民として村を仕切ってた?笑

      いやキミは自由なんだ、もう行きなさい…そして、この村を語り継いでくれ〜!
      というか、まぁそんな感じでサムも察してくれて村を去りました…その日と翌日、翌々日と雪が降りまして特に意味なくイザベラ宅前を雪だるま会場にしてみたら。
      家に隣接させると勝手に1マス移動するのねスノーマン…ちょっと目を離した隙に1歩前へ、明くる日に作ったのは斜めに前進で雪だるま同士は並ばないのか!
      未だ新たな発見がありますね、3体目も移動するかと思えば川っぺりには立てないのか消えちまいました。
      折角のホワイト・クリスマスでしたが、そういった話題は一言も聞かれず終了。

      そして21世紀最後の週末、といっても村は平常通り…日曜日に越してきたのはペンギン系オレキャラのダルマン、サムの後釜らしく押しが強そうなキャラだわ。
      でも翌日は月曜日、家具を送るとリサイクル箱から古い家具を回収し損ねるので初日は床と壁紙の下見に。
      おっ、ログハウス調ですか…じゃあサムのゲーセン部屋を引き継がせるより暖炉とかクリスマスツリー辺りが手っ取り早いかもな、出来れば大晦日に内装がチグハグなのは避けたいけど。
      あと4日しかないのに、まだコメスとユメコの部屋も完成には程遠いし…いっそ村民全員追い出して、ひっそりと年越ししようかな?

      ところでマジメ氏、ボンに続いてユメコからも「しゃしん」を頂戴しましたよ…両方とも自宅に招いてすらいないのに、ボクキャラとわたしキャラは好感度アップが早いとはいえタイミング的にも有難い話です。笑
      それじゃ、思い切って村民の配達イベント縛りを解除しちゃおう!…起点のトロワはポケもんたとさくらが「しゃしん」貰ってるし、ゴメスとダルマン以外は操作キャラ3人の誰かしら貰ってるからOKって事で。
      仮に翌日から引っ越しラッシュが起きても、たった4日では新たな住民が来る筈ないよね…というか明日はイザベラの誕生日だわ、プレゼント考えてないや!笑
      おいでよどうぶつの森20181230 (5)_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)
      おいでよどうぶつの森20181230 (6)_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)
      おいでよどうぶつの森20181230 (1)_t.jpg(←左クリックで拡大表示されます)


      前回の様子
      0
        | game | 2019.03.11 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近やったゲーム
        PS1ソフト「エクソダスギルティー」

        前々回でカスミも未来へ到達して【統合編】に突入、前回ようやく監視塔から助けたスィーはザザン配下のリリーヌを見て別行動ですか…次はミスティック・フォレスト突破の糸口なんだけど、聖地ラ・ムーで結界を解除するにもメンツが足らず。
        旧首都ザールの制御塔と聖地を行き来してても埒が明かず、虎牢関まで引き返して聖なる泉に行ってみたらリリーヌと再会…今更ザザンの許になど帰れる筈もなく、行き場を失った彼女の苦悩に“斬るは長の義務、殺さぬは人の情”とは上手いコト言ったねカスミ!笑
        リリーヌはザザン以前のアーレスに出会い、彼への献身を誓っていたのでした。

        あまりに深く傷つき病んだ未来に絶望したアーレスは、リリーヌに緑や青い空を見せると言ってくれた…この辛さは彼に斬られた事ではなく、自分が役立たずな存在となったと思うからなのだと洩らしたリリーヌ。
        カスミは「ウジウジ考えてないで本人に当たって砕けたらどうだ」と発破を掛け、再び彼女が仲間入り…これでオペレーターは足りるけど、その前にジーナ=イー城でリリーヌのザザン告白タイムってのは如何?笑
        そういえばカスミが現代から持ち込んだ炎の書、どこでアイテム交換なのかと思ったらジブラール坑道の半端な場所で…神殿も何もなかったのに、何故ここで?

        さて4人で聖地に行き、制御パネルの前で主人公変更してスィー達は旧首都の制御塔へ…これでミスティック・フォレストの結界はオフになりましたが、再起動するまでカスミ達は制御パネル室から出られないの?
        とりあえずイーの師匠に会うまで、彼らには缶詰め状態で待機してもらうとして…いきなり白骨化した父とご対面のティティ、なのに取り乱す事なく父のポケットから紙片を見付けました。
        それは娘への遺書で、王室に強要されたミスティック・フォレスト解明から得た“相補性と呼ばれる仮説のジレンマ”に関する記述…則ち、観測結果には必ず代償が伴うという考え方で。

        いわく「人類文明の発展にはグ=アーイヤ(ガイア)の代償を要する」、つまり終末期の人類文明に世界の終焉を止める術はないと…両者が相補的な関係である以上、その共存は絶望的と悟り自ら命を絶ったのです。
        観測者が人類であるが故に、ガイアが対価を支払う結論は共存と言えない…といって既に人類は代償を払う余力もなく、まさに相補性のジレンマといえますな?
        更に結界の先にある水の神殿は、今や王室の重職にあった賢者ウーをザザンの命で軟禁する座敷牢でした。
        賢者の話もまた、世界の真実に迫る深イイ話(古っ)。
        しかしウィルの鍵がデコイで、知識の扉は開かれているとな?

        「旧世界が神と悪魔の交戦で滅びた」とは王家の作り話で、悪魔に敗れたのは旧人類でした…その悪魔に対抗し得るフィフス=セラフィーとはスィーの身を何度となく守ってきた聖衣の事で、本当の鍵は杖の痣を持つスィー自身なのだとか。
        彼女の王位継承時に知識の扉を開き悪魔を倒す計画は、悪魔の味方ザザンのクーデターでご破算に…ウィルの鍵はスィーに危害が及ばぬよう敵を欺くフェイクで、破魔の聖衣は王位継承者だけが扱えると語る賢者。
        旧世界を滅ぼした「杖の交わり」発動前に、城の地下深くで眠る悪魔を倒す事…それには先ず「4つの聖具を集めよ」と言い、漆黒の短剣と水声の書をスィーに渡しました。


        前回

        次回
        0
          | game | 2019.03.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近やったゲーム
          PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

          ストーリーは前々回でクリアして、前回はハントループ終わらせてヘネ魔石鉱の奥も踏破…敵をドンムブ+ドンアク状態にして出直し、手も足も出ない召喚獣を既得分の召喚獣で順繰りにボコッて獲得しました。笑
          なんかね、もう惰性化しちゃって…大体モンスター多すぎで構ってらんないよ!
          そして今回はリドルアナ大灯台です、未踏の最下層ドリル穴を目指す前に最上層を再訪したら屋上への転送機が使えないとは!…癪なのでレアモンスターを狩って、いったん外の空気でも吸って(そろそろドンムブ+ドンアク解除してみるか)と思えば。
          灯台前の広場で、いきなり討伐対象のモブに遭遇して焦ったわ!笑

          最下層も天動機を降りるなり強ザコが群れてくるわ、真っ暗黒過ぎで何も見えないわでプチ苦戦…やっぱり攻略サイト必須なのね、まぁクリア自体に支障のないエリアだから仕方ないか。
          暗がりのザコを倒すと拾える玉を集めて、台に載せると明るくなる筈が「多すぎ」で没シュート?…おいおい説明足りてねーですよ、もうココもドンムブ+ドンアクで固まらせちまうぞ?
          ドンムブで敵の移動を封じてドンアクで行動不能にするだけじゃなく、仲間のガンビットをオフにしておけば誰もザコに突っ掛かって行かないので楽だわー!…って、それだと玉が集まらなくて先に行けないんだ。笑

          慣れてきたので普通にバトルしてたら、まさかの全員Lv.85でザコ相手にゲームオーバー食らっちゃいました…なんなのよマジックポット、他のザコに混じってたから気付かないで誰かが攻撃しちゃってメテオ連発され回復が追い付かず。
          「先にエリクサーをあげると大人しくなる」と知り、ガンビット切って他ザコにボコられながら献上…すると今度はマップの出ないダンジョン中を駆けずり回り、他のザコを巻き込みまくって大乱闘+超迷子に!笑
          面倒なので全キャラ役割分担を放棄、闇属性を吸収するローブ&聖属性付加の武器でメンバーを統一…もう懲り懲りだよ、二度と来ないもんね。

          と思ったけど、ハントカタログ(モンスター図鑑)の穴埋めを兼ねてヤズマット討伐しにリドルアナ再訪…ラストモブだけあって余裕のラスボス超え、なのでドンムブ+ドンアク&銭投げオンリーで退治します。
          王女アーシェは下賎な技なぞ知る筈もなく、バルフレア&バッシュの2人がマウンドにW登板…一投1万ギル=10,000ダメージで、結果は4倍速で約100分/6,085万ギルで勝負あり!
          9千万ギル以上あったのが一気に3千万台ですよ、でもヤズマットって5,011万HPらしいじゃん?…何故に金額が合わないのか、調べてみたらHPが50%以下だと被ダメ上限6,999という仕様なのだそうです。

          でもこの時のために所持金を貯め込んでたのでね、3万ギルでも残れば御の字です…もう大して使わないだろうから、と思ってたら取りこぼし召喚獣と大物ボスモンスターが残ってたの?
          流石はFF、やり込み要素が半端ないな…かつて「FF9」で味わった膨満感を思い出しましたよ、ボリューム満点で喜ぶべきなんでしょうけど正直しんどい!


          *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

          『FFXII IZJS (final fantasy 12) Magick Pot』(「わーいわーい」と駆け回るマジックポット、ザコを片付けてないと厄介なのです)


          『【FF12 TZA】ラストモブ ヤズマット討伐 その後』(まさか「ギルで倒した」とは言いづらいです)
          0
            | game | 2019.03.05 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近やったゲーム
            PS1ソフト「エクソダスギルティー」

            前回から【現代/カスミ編】は【統合・未来/カスミ編】へ移行し、得体の知れない世界で3か月も極限生活していたらしい彼とウィル&アイの3人は虎牢関でリリーヌを介抱しましたが。
            すっかりカスミに気圧されちゃったリリーヌ、マントで誤魔化してるとはいえ3人の風体は未来じゃ怪しいらしい…ここでレイルルが登場しましたが逃げられて、虎牢関も通行止め状態。
            引き返しては虎牢関に戻るのを3回繰り返したらアイに殴られ、聖なる泉で一息いれて坑道の見晴らし台に寄り道…行く先々でヨロヨロしつつカスミを警戒するリリーヌ、そのケツを追ってヴィレッジ・ギルドへ。

            口も八丁、リリーヌを言いくるめ情報源にするカスミ…タツタの住んでた小屋にのたくり込んで彼女を休ませ、休息がてら作戦会議。
            アイは反対するも「ザザンに会ってみたい」と言うウィルの意向でリリーヌ仲間入り決定、ザザンの敵ではないと判断したリリーヌも手負いの不自由さ故に彼らと行動を共にする事に。
            とはいえ虎牢関とジーナ=イー城は行けないと言うリリーヌ、行ける範囲を一通り回って古い関所も顔パスで大聖堂まで…けど何も起きないので【スィー編】にザッピングしてレイルルで後を追うと、カスミ一行がいる大聖堂で顔合わせするも進展自体は何も無しか!

            また【カスミ編】でタウン・ギルドへ引き返すと、さっきはリリーヌをオバケ呼ばわりした兵士の台詞が変化…やはり大聖堂に虎の紋章持ちが潜んでるらしく、行ったらリリーヌに押し付けられた紋章は【スィー編】レイルルにリレーされて虎牢関を開門しました。
            カスミとレイルルのザッピングで、両方の位置が重なる度にコメントが出るのね?…カスミ達が虎牢関を通過して監視塔に来るまで、何度も意味なく主人公変更しては律儀に用意されてる台詞に感心。
            そしてカスミは見返りを期待して囚われの王女を助け、リリーヌも政敵イイナの不始末という事で黙認…というか、積極的に協力。笑

            スィーを剥いて杖の痣を確認したイイナは高笑い、自分がザザンを凌ぐ世界の覇者になれるって?…そんな事ぁ“トレジャーハンター・カスミと、しもじもの者たち”が許さんぜ!てな訳で、今こそロスト・テクノロジーP90の出番です。
            監視塔から脱出し、カスミに謝礼を約束するスィー…とはいえリリーヌの仲間と行動は出来ないと別れ、リリーヌもまたカスミらに迷惑を掛けたと気を遣って離脱。
            レイルルがスィーに替わっても、ザッピングで重なるとコメントが出るのは相変わらず…だけど「スィーの顔を見るとウィルの顔色が悪くなる」とはカスミ鋭いね、次は聖地ラ・ムーか?

            母なる心の声が聞こえないという未来世界の荒みっぷりは、ウィルの生まれ育った時代とは正反対の光景ですな…彼女はスィーに亡きマーサの面影を見てるけど、ウィルってマーサと面識ない筈では?
            ラ・ムーの制御パネル前で両チーム揃うとオペレーターは足りてるらしいけど、やっぱり冷淡なコメントのまま…主人公をスィーに変更しても結果は同じ、どうやったら頭数が合うんだ?


            前回

            次回
            0
              | game | 2019.03.04 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近やったゲーム
              PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

              前回でストーリーはクリアして、そのまま「強くてニューゲーム」を少しプレイしてみましたが…クリア時のレベルが82だったのに「強くて〜」では初っ端から90もあるのね、こんなに強かったらLPとか召喚獣とかミストナックとか要らなくね?って感じが。笑
              で、今回は前周で終わらせてなかったサイドクエストを片付けようかと…つまり空中要塞に行く前のラストセーブから、モブ討伐とかハントループなどを再開。
              先ずは取り逃していた最後のハント対象を捕獲、バトルよりも出現条件を満たす方が大変だったよ…っていうかさ、こんなの攻略サイトなしじゃ分からんって!

              アルケイディスのハントループ主催者から終了のご祝儀もらって、開催会場で優勝の記念品もらって限定アイテム買い占めての…お次はモブ討伐、裏ボス前の3件を受注するついでに久々の古巣だし方々へ顔見せ。
              それにしてもダウンタウンの孤児たち、住み処が出来たのは好かったけど…空賊予備軍「ヴァンネロ」って、そりゃあどうなんだ?笑
              モブ3件はリドルアナの大灯台に集中してるので、その前にガリフの里に行ってヘネ魔石鉱の奥を開放してもらったものの…紙くずの「4に隠した」ってメモは分からんし、落盤した先にも進めないんだがなぁ?
              やっぱ攻略サイトだわ。笑

              ここで最後のジョブチェンジ、というのも序盤のムービーでバッシュが弓使いだった事に気付いたからです…あとイラストではフランが銃を持っていてアーシェは剣を構えてたので、それに併せてバルフレアもボウガン(時空魔戦士)に異動。
              ついでに召喚獣も各自1体ずつ持たせてみましたが、やっぱ使えないねコイツら…HP低過ぎて、ちょっと目を離したら尻尾巻いて逃げちゃうヘタレばっか!笑
              ヘネ魔石鉱の奥、開放してくれた更に奥が塞がれてて開閉スイッチ押しても開かない…おたから売りに戻って攻略サイトで最奥の行き方を確認、ザコ大杉でガンビットで銭投げ最優先に。

              ライセンスボードはジョブ毎で共通してても全体では変えてあったのね、例えば弓使いと時空魔戦士では攻撃破壊や魔防破壊の並びが違ってたり…それとシカリでも伊賀忍刀が取れないキャラと固有技ライセンスを経由して取れるキャラがいたりと、今更ですが微妙に差別化されていたと判明。
              それこそムービーやイラストでシカリ一択!といった印象のヴァンも伊賀忍刀が装備出来ないシカリになります、より攻撃値の高い忍刀ライセンスは取れるんですがね…実はイメージに固執しないジョブを選んだ方が好かったのかな、まぁここまで来たら関係ないっちゃあないんですけどね!笑


              *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

              『(コメ付き)【空耳】FF12 ミストナック集(日本語版)【爆笑】』(以前ご紹介したインター版より愉快なミストナック空耳アワー)
              0
                | game | 2019.02.27 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近やったゲーム
                PS1ソフト「エクソダスギルティー」

                とうとう【現代/カスミ編】もクライマックス、プレイン村でファントムと対決です…村の奥へと進む矢印が現れたので、行ってみると地下室への入口を発見。
                満身創痍のアルゲリーチは「リヒテルが預言書を燃やす気だと知ったファントムは、カスミに本が渡るよう仕向けた」と言い、更に「今頃はそれをカスミから取り返す交換材料にレイナを拉致ってる筈だ」と聞いたアイは自分独りでも姉を助けるとパーティを離脱!
                そして案の定レイナを拉致ったファントムは用済みとなった雇い主に銃を向け、リヒテルは「預言書の解読は杖の交わりに等しい」とレイナに語り絶命します。

                単独行動に出たアイも哨戒兵に捕まり、2人まとめてファントムから「TVドラマでも今時ない小っ恥ずかしい姉妹」と嘲笑される始末…アルゲリーチを連れて宿舎に戻ったカスミと交信したファントムは炎の書と人質姉妹の交換を提案、しかし“もう傷ものだ”って事は皆さんでマワシたの?
                取り引きに応じたカスミはマイカに連絡し、プロトアクチニウム原子破壊砲とP90を調達…アルゲリーチを残して発掘現場へ乗り込み、機能制限のおかげで連続稼働30秒のプロトン・ガンを連射して一気に制圧!
                カスミの真の目的がお宝は二の次で、先ずは目障りな商売敵の殺害だったとは!

                ファントムの正体は、やはり彼でしたか…妹を庇ってマワされたレイナ、しかも愛するカスミが憎むべきトレジャーハンターだと知って心はもうグチャグチャ。
                彼女のケアをアイに任せ、カスミは「神に呼ばれた」というウィルを追ってジーナ=イー山へ…崖を下りるとチタンワイヤーも放り捨て、炎の書だけを携えて。
                ウィルと光に包まれた瞬間、またもアイが乱入…3人揃って【未来編】へ、というかそのまま続行じゃなくキャラクター選択画面って一択じゃん?
                という訳で前々々回の【未来/スィー編】、レイルル大冒険の続きから…って、何処かでカスミ達にバトンタッチしたいんだけど!笑

                とりあえずジーナ=イー城に行ってみて、大聖堂も違ったし…聖なる泉でもカスミが出てこないんじゃ、スィーの話が先に進まないんだよなー?
                だけど虎牢関が閉門してますね、しかも聞き覚えのある声が…いや声というか、文字だけですけども。笑
                おぉ死んでなかったのねリリーヌ、ザザンことアーレスは峰打ちにしてたのか…彼女に声を掛けたのはカスミ達でした、既に未来生活も3か月目とは無駄足踏みまくり?笑
                馴れ馴れしいカスミにキレそうなリリーヌ、しかし生傷に塩を塗り込むような無礼発言で心を折られてお気の毒…と、ここでキャラ選択画面に強制移動して【統合編】に移行です。

                選択ウィンドウのカスミもコスチュームが変化し、表記も“A.D.13800”に…なので、ここからは一応【未来・統合/カスミ編】って事で進めるとしましょう。


                前回

                次回
                0
                  | game | 2019.02.26 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近やったゲーム
                  PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

                  前回からラストダンジョン空中要塞を攻略中です、湧く湧く雑魚を構いつつバッシュに野良犬ガブラスを改心させて対ヴェイン第一戦…実弟に倒されると彼を返り討ちにしといてガブラスに「ラーサーを守れ」と矛盾発言、今やラーサーの敵が誰か分かってる野良犬。
                  わざわざ四面楚歌を演出するとは、まとめて粛清する口実ですな破魔石入りヴェイン…しかし野良犬魂&飼い主ラーサーに阻まれ逃走、後を追うヴァンはヴェーネスに遮られて初戦終了。
                  これでまた当分は艦内漫遊か?と思ったら潔く第二戦へ突入、弱音を吐く破魔石入りにヴェーネスが融合して半ロボ的な第三形態に!

                  冷血漢に見えてシドにはマブダチ感情を持ってたんだなヴェインって、そしてヴェーネスに「期待に沿えずスマン」と詫びる素直さも…しかしヴェーネスにしてみれば繭が砕かれた時点でオキューリアの歴史介入は終わった訳で、目的を達した今はシドのマブダチの夢を応援したいって感じ?笑
                  ラスボス戦後は感傷に浸る間もなく即時停戦+動力停止した空中要塞の落下阻止でバタバタです、といっても既にムービー観てるだけですが…ダルマスカ市街を守るため戦艦ごと要塞に特攻する気のジャッジとか胸が熱いぜ、もちろん要塞に残って郊外に落下地点を逸らした「主人公」にもね!笑

                  後日談を語る係のパンネロ、中盤までは晩年のオンドール侯が記した回想として大状況が説明されてましたけど…まぁ空賊の名は歴史に残らなかったろうし、少し位はパンネロにも華を持たせなきゃ気の毒かな?
                  弟ノアことガブラスの遺志を継ぎラーサー護衛のジャッジとなったバッシュ、バルフレアが最後に預けた飛空挺を持ち主に盗まれたヴァン…戴冠式を控えたアーシェに届けられた置き手紙には、同封の意味深な指輪が!
                  コンニャロメ、まんまと王女の心を盗みやがったな「主人公」め…だけど爽やかな幕切れでした、ヴァンも自前の飛空挺を手に入れて空賊デビューしましたし。

                  だけどエンド・クレジット後にしか「強くてニューゲーム」始められない仕様は勘弁して欲しかったわ、長いエンディングから続けてまた最初のムービー観賞ってさ…しかし二度目だから分かる点も多々ありそうですな、冒頭でヴァンの兄レックスがバッシュの下で戦ってたのは死都以前のナブディスではなくナルビナ城塞だったし先行した仲間がウォースラだったとかね。
                  そして何よりレックスが来る直前に双子の兄バッシュを捕らえたガブラス、兄の服と甲冑に着替えて猿芝居を段取る時間なんて皆無だったろ…更にヴェインの降伏無視キャラも、ここでラストバトルの伏線を張る?っていう。

                  その上ヴァンにキャラが変わってもセーブは出来ず、地下のネズミ退治からパンネロとの会話を経てミゲロに仕事を頼まれ酒場で最初のモブ討伐を受けるまで小一時間はムービー観賞…ロードの遅さもだけど、やっぱ話がムービーで進むってのは程々にしてほしいわ!
                  フィールドはキレイだし開放感あるし、アクション苦手な僕でもシームレスバトル楽しいし…それに本筋のボリュームも上手いなと思いました、まぁムービーに丸投げしてるからってのはあるにしても持続性があって中弛みせず飽きさせませんでした。
                  そう考えると全体で見れば好かったですね、でも2周目ムービーはスキップだ!笑


                  *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                  『【FF12 HD】ファイナルファンタジーXII HD #63 ヴェイン』(ヴェイン初期形態のラストバトルです、ジャッジ任務を完遂する漢ガブラスの巻)


                  『FF12 ED』(後日談の前までネタバレです、やはり日本語だと違和感が)
                  0
                    | game | 2019.02.21 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近やったゲーム
                    PS1ソフト「エクソダスギルティー」

                    【現代/カスミ編】
                    前回の続きで、カスミを巡る姉妹喧嘩を余所に本人はホリニーと交渉中…アルゲリーチを捕らえたプレイン村のコミューンを含め、財宝を巡る状況は現在6つ巴の様相を呈しているのだと話すホリニー。
                    1・カスミ&アルゲリーチ組
                    2・ホリニーの属する組織(アカデミー?)
                    3・レイナの発掘調査隊
                    4・リヒテル
                    5・ファントム
                    6・現地の女神信仰コミューン
                    前回ウィルを拐ったのも現地コミューンの仕業で、彼らにはファントムと別の思惑がある様子。

                    その頃ファントムらしき人影がプレイン村の住民に要求を拒まれて射殺、風のほこらに預言書は隠されてるのか…しかし人影は先ずカスミに預言書を捜させ、それを横取りする方が手っ取り早いと判断して現場を去ります。
                    瀕死の村人を廃教会で発見したカスミ、プレイン村まで運び込むも絶命…「アルゲリーチはリヒテルらしき人物が連れ去った」と言う老婆ですが、悪魔の杖を持つリヒテルは神の杖がある場所には入れないって支離滅裂か!笑
                    しかもリヒテルが連れ出したとすれば、彼もカスミとの約束を破った事になるけど?…老婆は「もうここには来るな」と念を押して火炎の書を渡し、カスミが村を離れるや拳銃自殺(おいおい)。

                    ウィルが気掛かりで宿舎へと急ぐカスミ、寝ている彼女を見ながら状況を整理しているとアルゲリーチから通信が!
                    なんと、未だに村の隠し部屋に監禁されてたとは…尋問者をファントムと断定するアルゲリーチの推理を否定し、リヒテルの目的は“再び神の審判をあおごうとする入り口をひらくもの”である預言書=黙示録を焼き捨てる事と語ります。
                    宿舎を出ると、またもレイナ&アイ+ワッツと鉢合わせ…欲情姉妹の痴話喧嘩をかわしたカスミ、女性陣を安全な場所へ誘導するようワッツに依頼してアルゲリーチ救出に。

                    個人的には(ワッツがファントムでは?)と思えて、逆に気が気じゃありませんが…ただしファントムが別人であれば、確かに帰国便が到着する飛行場や宿舎は最も狙われやすいからなぁ〜?
                    プレイン村へと急ぐカスミに追い縋って来たアイ、しおらしい事を抜かしやがりますな…ツンデレも時と場合によるよね、まぁ必死な気持ちも尤もなんですけど妙な小理屈でアイ同行。
                    何だよ崖でも問題なく登り降り出来るじゃん、ならば登ったついでにマリーン湖まで足を延ばしてアイをワッツに押し付けるか…と思ったら来てないし、飛行場にも機影なしって事はレイナ拉致られた?

                    あとは風のほこらと廃教会で血のニオイでも嗅ぐか、ジーナ=イー山で地鳴りを聞く程度しか起きずアイ連れカスミはプレイン村に到着。
                    一方、カスミの母で最上位トレジャーハンターのマイカと連絡を取るホリニー…その背後では、彼らとカスミを出し抜こうと策略を練るファントムが私兵部隊を呼集。
                    いよいよ決戦でしょうな、カスミは如何に乗り切るやら。


                    前回

                    次回
                    0
                      | game | 2019.02.20 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top