(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

本日の脳内BGM
JOHN TRAVOLTA, OLIVIA NEWTON-JOHN & CAST (from the "GREASE" O.S.T.)「We go together」
NEWTON FAMILY「Marathon」
BILL WYMAN「Come back Suzanne」
松谷祐子「愛はブーメラン」
GEORGE WINSTON「Longing / love」
AL STEWART「The year of the cat」
CHICAGO「Saturday in the park」
GILBERT O'SULLIVAN「Alone again (naturally)」
THIRD WORLD「You're playing us too close」
CHIC「Take a closer look」
NU SHOOZ「I can't wait」
MIDDLE OF THE ROAD「Tweedle dee tweedle dum」


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Bill Wyman - Come Back Suzanne』


『chic - take a closer look rare .wmv』(Sound Only)
0
    | B.G.M. | 2018.11.06 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    昨日の脳内BGM
    FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD「Wish (the lads were here)」
    THE SQUARE「Omens of love」
    KLYMAXX「I miss you」
    ATLANTIC STARR「Always」
    PRINCE「Dirty mind」
    DARYL HALL & JOHN OATES「Private eyes」
    THE BRAND NEW HEAVIES「Spend some time」「Sometimes」
    THE POWER STATION「Lonely tonight」
    高中正義「Jungle Jane」
    THE TIME「Jungle love」


    *以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

    『JUNGLE JANE/Masayoshi Takanaka』(この頃って「渚・モデラート」っぽい曲が多いですね、打ち込みの感じだけじゃなく)
    0
      | B.G.M. | 2018.11.06 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近やったゲーム
      PS2ソフト「FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM」

      前回のアマリアことアーシェ王女&パンネロ奪回から再びオンドール邸を尋ねたヴァン達、表向きは「帝国軍に引き渡した」と見せ掛けてバッシュに期待してたのか侯爵…そして過去の虚報が実はヴェインの策で、そこには帝国内部の政争が絡んでいたようですな?
      しかし仮にヴェインを打倒し王国を復興しようにも、ヴァンの盗んだお宝=王家の証を奪われた現状では「アーシェが正式な後継者であると承認されはしない」と…それで大人しく機が熟すのを待つ筈がないじゃじゃ馬姫、もう1つある王家の証の在処まで「空賊なら私を盗んで!」ってか!笑
      その報酬は、覇王の財宝?

      こう、いちいちゲームの筋書きを書くなんて野暮かとも思うのですが…本作はCGドラマの情報量が多く、やはり備忘録としてメモしておきたいなぁってね。
      まぁ僕の主観的な解釈も込みで、これでも忘れた頃に読み返しても分かる程度に文章を削ってるんですよ。
      ただね、ようやくパーティ・メンバーが揃った状態ですからストーリー的には序盤に過ぎないと思われ…この調子で書いていくのは、どうかな〜?という気もするのではありますけど。笑
      ともあれ、ヴァンと「もう独りぼっちはイヤ」とぐずるパンネロも加えて密かにビュエルバを発った空賊一味は西ダルマスカ砂漠へ。

      場面は変わってアルケイディア帝都、グラミス王に第三皇子ヴェイン執政官の不審な動きを報告するガブラス…人造破魔石を試作したドラクロア研究所のドクター・シドに、オンドール侯からヴェインを通じて資金提供が行われていると。
      かつて帝国に滅ぼされたランディス共和国出身で、以来バッシュと道を分かち帝国の忠犬としてジャッジの座に上り詰めたガブラス。
      バッシュのフリしてダルマスカ国王を殺害し、ヴァンの兄レックスを目撃者に仕立てたのがヴェインの策だったとは…切れ者すぎるヴェインを疎ましく思う元老院、父王グラミスもラーナーを後継者にしたい様子。

      過去に上位継承者2人が起こした政争の再燃を恐れる王、戦好きも老いと病で臆したか?…ともあれジャッジ・ガブラスは、引き続きヴェインの監視役とラーナーの護衛を命じられます。
      飛空石が効力を失う土地ヤクトは飛空挺じゃ乗り込めないので、レイスウォール王墓まで砂漠を徒歩で横断する空賊一行…PM6人でもバトルメンバーは3人なので、まんべんなく育てようとすると入れ替えが面倒!
      というかジョブって変更が効かないとはね、転職ぐらい出来るだろ?と軽い気持ちで選んじゃったじゃん…おかげで飛行モンスターにダメージ与え辛い編成で、ちょっと先々が心配。笑


      *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

      『【FF12リマスター】アーシェ「誘拐してください!盗んでください!私を!」』(リマスターでもストーリー展開は変わらないのです、しかし日本語だと違った感じが)


      『Final Fantasy XII IZJS Perfect Game - Almost Perfect HP/MP Fran Lv.99 Black Mage』(まだ先のロケーションですが、レベルMAXの黒魔道士フランでソロ進行・・・魔法だと飛んでる敵も当たるし、眠らせちゃえば魔法なら目覚めないし無敵かも?)
      0
        | game | 2018.11.06 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近やったゲーム
        PS1ソフト「エクソダスギルティー」

        過去現在未来で進行する物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムの(多分)アドベンチャー・ゲームです、前に資料本「ワールドガイダンス」の紹介記事でも書きましたが未クリアで手放して以来のご無沙汰プレイであります。笑
        で、最初に各時代の導入パートを片付けて…以前は確か年代順にプレイした気がするので今回も同じ順番で始めます、とにかく3つのイントロをクリアしない事には話が進まないのでね。
        基本的にアニメ調の一枚絵による紙芝居スタイルで、○ボタンを押して会話テキストを進め、背景の上に表れる矢印の方向に十字キーを入力すると場面が移動します。

        導入パートのプレイ実況は、長くなったので個人的メモとして後にまとめます…ざっと説明すると、先ず【B.C.1200】のアーレス編は神への生け贄となる義母マーサに頼まれて隣村へと旅発つまでが淡々と進行。
        【A.D.2000】の主人公カスミ編は、昔なじみの姉妹がいる遺跡発掘現場に盗掘目的である事を隠して潜入…【A.D.13800】のスィー編は「神の裁き」が下されて300年余りを経た人類の黄昏、前王の隠し子として政変に巻き込まれて新王打倒のため旅に出ます。
        これで導入パートは終了、ここから先は会話中でなければ主人公の切り替えやセーブがいつでも可能です。

        しかし20年近く昔のゲームソフトなので、遊び勝手は今イチですな…こういうテキスト主体のゲームでは一般的なロールバック機能が本作にはないので、もし重要な台詞をボタン連打で読み飛ばしちゃったらピンチかも。
        それと基本的にバトルとかないので、進行にメリハリがない退屈さも…カスミ編は謎解き要素もありますが、アーレス編の物語は王道ファンタジーだったと思うので本当に紙芝居的かと。
        だけど独自の解釈ながら、旧約聖書の十戒エピソードという紀元前の世界を異なる時代のアプローチを交えつつ体験していく感覚が非常にスリリングだった思い出があるので楽しみです。


        *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

        『Exodus Guilty vol. 1-3 Anime Game Official Trailer』(劇中の短いムービーをつなぎ合せたOPですが、最後に映ってるパッケージはPC版でしょうね)


        『Exodus Guilty (PSX)』(15分あるプレイ動画です、このPS版は実にシンプルですが移植版だと顔が変わって声も付くので違和感ありまくりです)



        以降、ゲーム実況的な個人的メモ。
        続きを読む >>
        0
          | game | 2018.11.05 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
          本日の脳内BGM
          SALT-N-PEPA「Let's talk about sex」
          THE BRIAN SETZER ORCHESTRA「Sammy Davis city」
          PRINCE & THE REVOLUTION「Under the cherry moon」
          KOOL & THE GANG「Jungle boogie」
          SPANDAU BALLET「True」
          BOB MARLEY & THE WAILERS「No woman, no cry」
          BILL WYMAN「Come back Suzanne」
          B.B. & Q. BAND「On the beat」
          WHAM!「Wake me up before you go-go」
          高中正義「Jungle Jane」「City is a jungle」
          BOB MARLEY & THE WAILERS「Waiting in vain」
          LEE RITENOUR feat. MAXI PRIEST「Waiting in vain」


          *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

          『Bob Marley & The Wailers- Waiting in vain』(ルードボーイ・ミーツ・フラガールというトロピカルなPVです、レゲエ=泥臭いイメージを払拭するクールなアレンジですな)


          『Waiting In Vain By Lee Ritenour & Maxi Priest』(こちらはラヴァーズ・ロックのカバー、しかしマキシでなくリーのアルバムだったんですなぁ)
          0
            | B.G.M. | 2018.11.04 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近買ったもの
            文庫本1冊

            この「最近買ったもの」として記事にする基準って、基本的に(単品千円以上)という事に決めてるのです。
            しかし、まさか文庫本で¥1,296もするとはビックリ!
            会計待ちで並んでる時に背表紙の下見て二度見しちゃいましたよ、平均的もしくは若干薄い位なのに…てもまぁそこは駅ナカ本屋で他に惹かれる文庫本なかったし、内容には興味あったので買っちゃいましたけど。
            先ず車内で読む本が欲しかったんです、1時間ぐらい乗ってるから…因みに書題は「ミトラの秘儀」、巻末の訳者後書きを読んだら原書が発行されたのって1899年でフロイトの「夢診断」と同年だと書いてありました。

            確かに僕自身、物価に疎いと言いますかやたら買い物してた昔の感覚で止まっちゃってる自覚はあったものの…思わず(これじゃ売れねーわな)と声が出ちゃいましたよ、出版不況だから高いのかもしれませんが。
            というか素人向けの分かりやすい解説書じゃないのねコレ、こういう専門的な内容の本が文庫になって雑学本の横に並べてあるっていうのも考えてみれば割とビックリな気もしましたよ。
            僕もね、そこまで真剣にミトラ教を学びたい訳ではないんですけど…ま、これもご縁って事なんでしょうな?
            0
              | give / take | 2018.11.04 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
              本日の脳内BGM
              オフコース「Yes-yes-yes」
              THIRD WORLD「You're playing us too close」
              POINTER SISTERS「Fall in love again」
              高中正義「City is a jungle」
              スターダストレビュー「今夜だけきっと」
              POINTER SISTERS「I'm so excited」
              EARTH, WIND & FIRE「Got to get you into my life」
              THE BEATLES「Eleanor Rigby」
              LARSEN FEITEN BAND「Who'll be the fool tonight」
              マリーン「Zanzibar night」「I'm so excited」「ESP」
              LENNY KRAVITZ「Are you gonna go my way」
              XTC「I bought myself a liarbird」
              KEANE「Tryin' to kill a Saturday night」
              STANLEY JORDAN「Freddie freeloader」
              0
                | B.G.M. | 2018.11.03 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近読んだ本
                塩田信之 & CB's PROJECT(編)「エクソダスギルティー ワールドガイダンス」

                初版'99年、ソフトバンク パブリッシング刊…久しぶりのゲーム攻略本ですよ(正確には攻略本じゃないか)、しかもPS1のゲームの。笑
                昔やった事はあるんですけど、途中で詰まってクリアせずに売っちゃったんだよな…そんで思い出した勢いで、ソフトも併せて購入。
                ま、どちらも中古で安かったから…本書が¥351でゲームソフトの方が¥159、それぞれ送料込みの値段です。
                最初はCB's Projectで検索して「〜のあるきかた」シリーズをチェックしてたのです、そしたら本書を発見して(そういや気になるストーリーだったような?)と…確か、旧約聖書の世界を下敷きにしてたなぁと。

                大型本とは記載されてましたが、如何にも90年代ファンタジーなアニメタッチの美女がバ〜ン!と描かれているので妙に気恥ずかしい…攻略本ではないしイラストが中心ながらもストーリーの流れは最後まで追っていて、過去と現在と未来の3人の主人公が織り成し絡み合う謎解きもチャート式で分かりやすいですね。
                そしてキーワード毎に解説する旧約世界の分かりやすさは意外でした、むしろこの部分だけ独立させて新書で出版しても好いのでは?
                おそらく聖書学の専門家が執筆すると、同業他者の異論や横槍への予防線を張りまくるからゴチャゴチャしちゃうんじゃないかな?

                しかし本書でエンディングまでネタバレしちゃったら、今更ソフトで追体験する意味ないかもね…すっかり忘れてましたけと、このゲームってRPGじゃなくADVだった気もしてきて。
                まぁADVなのかヴィジュアル・ノベルなのか、それはともかく…背景にキャラ絵が被さり、手前の小窓にテキストと選択肢が表示されて進行するタイプかも。
                多分ムービー中でなければ随時セーブ可能で、その際に異なる時間軸へとザッピングも可能というね…舞台となる地は南ヨーロッパとしながら明らかにエルサレム周辺で、遺跡と神は出てくるけども別に具体的な宗教は関係なかったのね?

                巻末は「エクソダスギルティー」生みの親でゲーム制作会社アーベルを設立したばかりだった菅野ひろゆきインタビュー&キャラ解説、クリアランク最高位の取得条件やムービーモード出現コマンド(○→×→R1→L1→スタート)そしてブルーダイヤモンドの全メッセージと表示タイミングも公開…更には本書の旧約世界を執筆する上での参考文献&ブックガイドと至れり尽くせり、当時話題になった「小説『聖書』」やラヴロックガイア理論などはゲームのネタ元だったりしてね?
                いずれにしてもクリア後のお楽しみ本ですな、でも読んだら詰まってた理由が判明したので再プレイする意欲が湧いてきましたよ!笑


                〈CB'S PROJECT〉関連記事:
                【最近読んだ本】「ドラゴンクエストVのあるきかた」| 2011.03.04
                【最近読んだ本】「ローグギャラクシーのあるきかた」| 2017.08.23

                関連記事:
                【最近読んだ本】パウロ・コエーリョ「第五の山」| 2009.05.09
                【最近読んだマンガ】田中芳樹(原作)、恵 広史(漫画)「創竜伝」1,2巻| 2010.08.15
                【最近読んだマンガ】樋口雅一「マンガ 聖書物語 <旧約篇>」| 2010.10.05
                【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
                【最近読んだ本】紅山雪夫「ヨーロッパものしり紀行 《神話・キリスト教》編」| 2014.06.25
                0
                  | books | 2018.11.03 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  本日の脳内BGM
                  SPANDAU BALLET「True」
                  BILL WYMAN「Come back Suzanne」
                  SOPHIE & PETER JOHNSTON「Open up」「Torn open」
                  WHAM!「Wake me up before you go-go」
                  STARSHIP「Sara」「Nothing's gonna stop us now」
                  PAUL YOUNG「Everytime you go away」
                  BLACK BOX「Everybody everybody」
                  B.B. & Q. BAND「On the beat」
                  CHIC「Good times」「Le freak」「In love with music」


                  *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

                  『Wham! - Wake Me Up Before You Go-Go (Official Video)』(デビュー盤のエレクトロ・ファンカラティーナ路線が好きだった僕は、この辺りのユルさにガッカリしてた覚えがあります)


                  『Chic - Le Freak "HQ"』(この時期のナイル・ロジャースってアクリルのストラトを多用してるけど、まさかスタジオでも使用してたのかなぁ?)
                  0
                    | B.G.M. | 2018.11.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近行ったところ
                    原宿〜赤坂

                    秋晴れの散歩日和に、用はないけどブラブラしてきました…しばらく前から脈絡なくイメージが浮かんでくる場所が幾つかあったので、適当にそっちの方に向かって電車に乗ったのです。
                    で、とりあえずバッと思い出したのが「渋谷の明治通り沿いメトロゴールド?前辺り」と「表参道の金王坂〜こどもの城辺り」と「原宿のファイブフォックス本社前辺り」と「赤坂通りのジャニーズ事務所辺り」…何故かエリアが集中してるので4箇所すべて踏破するのもアリでしたが、何も考えず原宿で下りたら目の前に代々木神宮が見えて。
                    何となく鳥居を潜り、歩いてたら拝殿の裏(北口)に。

                    そこから明治通りに沿って戻る感じで原宿方向へ、北参道駅なんてのが出来てるのね…かつて記憶にある洒落た水彩画の喫茶店も、つけめん店も先輩の隠れ家的なバーも軒並み無くなってて正に隔世の感というか。
                    結局「ファイブフォックス周辺」までは戻らずにビクタースタジオから外苑西通りを渡り、日本青年会館の向かいから神宮球場に入ると六大学野球の試合中…プロでもないのに¥1,200も取るとはね、まぁいいけど。
                    神宮球場の外郭回廊(?)はサンタフェ色というか、スペイン・コロニアル建築みたいで意味もなく歩きたくなります…もし老朽化しても、この回廊は残してね!

                    こないだ来た銀杏並木まで行き、その脇にある御観兵檜の公園で一休み…人気はないし落ち葉の縦断は絵のようで今風に言えばインスタ映えしそう、なかなかムーディーなスポットかも。
                    246に出て赤坂方向に歩き、青山ツインビルから外苑東通りへ…ふと目に入った旧乃木邸を散策して乃木坂(赤坂通り)、知らない内にジャニーズ事務所を通過してて赤坂駅に到着っと。
                    しかし案外と歩けちゃうもんですな、緑があったりでビルばっかりじゃなく景観の変化に富んでたからかも?…時間的には1〜2時間でしょう、女の子となら寄り道も楽しめそうですが。
                    そんな物好き、いるかぁ?笑
                    神宮球場2018(←左クリックで拡大表示されます)
                    0
                      | visited / plan | 2018.11.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top