(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近読んだ本
いしい しんじ「アムステルダムの犬」

近ごろ面白い小説を書くと話題の、いしいしんじさん。
名前が似てる別人かと思ったら、当人のデビュー作だとか?
すでに絶版でプレミアついてるんですねー。

装丁の好さと、デタラメな書と、本職だったろうヘタウマ絵で構成されてるオランダ一人旅の1週間。
文章だけでしたら、自費出版の旅行記と大差ない気が。
でも人気作家みたいですね、先にこれ読んじゃうとダメかも・・・。
0
    | books | 2007.10.26 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
    今朝みた夢
    夢の中で目覚めると、結婚した妹が枕元で叔母と電話中。
    いつもよりメイクも服も決めて、自室を出てゆく。
    ドア近くの壁にピン止めしてある紙袋に、何か書いてある。
    「裏に書いちゃってゴメンね」と、僕宛のメッセージらしい。
    手に取ると、見慣れない小さな果物が沢山入っていた。
    どうやら友人が置いていった事と、それが台湾名産のレンブだという事に気付く。

    コーヒーが飲みたくなり、自転車でショッピング・モールへ。
    といっても洋品店などが店子になってる、昔の集合店舗みたい。
    衝立で通路と仕切られただけの席で、粉っぽいコーヒーを飲んでるとオバサンが隣に座って話しかけてくる。
    これがしつこい。

    僕はファミレスのウェイターで、ヤン○ーっぽい家族が騒いでる。
    何事かと行くと、
    「パフェ3つー、ケイティ(タバコの銘柄らしい)、それと○○○ね」
    と即座に注文され戸惑う。
    僕は、その店のメニューを知らないのだった。
    だから常連のように言われても、普通パフェって色々ある筈だし、そもそもタバコを注文って飲み屋じゃないしなぁ・・・と、自分の夢なのに役柄が分かってなくて狼狽する。
    0
      | in sleep | 2007.10.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近聴いたCD
      デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ「マリ・ミュージック」

      ブラー、そしてゴリラズとかいうバンドやってる英国人が西アフリカ、マリ共和国に。
      現地ミュージシャンとのセッション、ただそれだけじゃない空気が感じられて心地よいです。
      いわゆるエスニックの括りで採取された民俗音楽だと、その場に依る大きな要素が汲み取れず聴いててもどかしかったりする。
      その点で、このアルバムは上手に整理されてる気がしますね。
      バンドがネタ切れで取り込もうってんじゃなく、資料のように貼り付けるんでもなく。
      いわゆるペラの紙ジャケじゃない、そこにも生真面目さが感じられて嬉しい。


      関連記事:
      【最近聴いたCD】ユッスー・ンドゥール「ジョコ」| 2009.07.25
      【最近読んだ本】リンド・ウォード「狂人の太鼓」| 2009.09.03
      【最近聴いたCD】マイラ・アンドラーデ「ナヴェガ〜航海」| 2011.08.10
      【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
      【最近聴いたCD】ZAP MAMA「同」| 2013.07.18
      【最近聴いたCD】KEZIAH JONES「AFRICAN SPACE CRAFT」| 2014.01.14


      〈デーモン・アルバーン〉関連記事:
      【最近聴いたCD】ゴリラズ「ゴリラズ」| 2008.02.22
      【最近聴いたCD】ディー・ディー・ブリッジウォーター「レッド・アース」| 2009.11.02
      【最近聴いたCD】BOBBY WOMACK「The Bravest Man In The Universe」| 2013.08.26
      【最近聴いたCD】ROCKET JUICE & THE MOON「同」| 2015.03.10
      0
        | music | 2007.10.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだ本
        村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」

        アイラ島と、アイルランドのシングル・モルトを巡る旅。
        「だからどうか、日本に帰ってそう書いてくれ。
        俺たちはこの小さな島でとてもいいウィスキーを造っているって。」

        写真と文章が、実にちょうど好い感じ。
        この本を友人から贈られた僕は、地元の図書館に寄贈したのです。
        それを時々、こうして借りてきては読み返す。
        好きな時間です。


        再読→【2009.06.05 Friday】
        0
          | books | 2007.10.24 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだ本
          堀田善衛「時代と人間」

          「乱世というと、中世の時代を思い浮かべる方が多いようですが・・・」
          といった調子で語られ始める、過去の現在性といいますか。
          鴨長明、藤原定家、モンテーニュ、ゴヤといった人々を通じてルネサンス期の東西が目の前に立ち上がってくる感じ。
          そして「歴史は繰り返さず、人これを繰り返す」という言葉で結ばれる。

          NHKで放送された講義(?)を本にしたらしく、ところどころ如何にも話されている言葉が感じられる。それが妙に好いんです。

          解説に高橋源一郎、編集はスタジオ・ジブリ。
          0
            | books | 2007.10.23 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
            今朝みた夢
            ふもとに池のある、丘の上の遊園地。
            周囲を一望できる遊具の鉄塔からフワフワ飛ばされて、池に落ちる。
            そういえば以前にも、こんな事があったと思い出す。
            どうも頭の隅で夢だと自覚していたようで、だから無茶な行動に出たっぽい。

            丘に戻り、建物の中に入ると古い知人が数人。
            知らない若者らに仕事を取られてしまい、打開策を協議する。
            誰でも代わりができる雇われ仕事じゃなく、自分らで市場を提案する・・・とかなんとか。
            0
              | in sleep | 2007.10.22 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
              今朝みた夢
              友人とバーで痛飲(街の雰囲気は吉祥寺っぽい)。
              帰りがけ、名残惜しそうな語り足りなそうな様子に朝まで飲む事に。
              財布の中身を気にしつつも、じゃんじゃか飲んで語り明かす。

              ゴーカートみたいな車で、首都高みたいな道を走っている。
              かなり無理な姿勢だったので、渋滞に停まれず追突!?
              しかし間に腕を挟んで無傷(更にバンパー下に手を入れて玉突きを防ぐ荒業も)。
              黒いクラシック・カーのインド人に謝ると、まったく気にしてなくて安心する。

              どちらも、途中でドキドキするけれど結果オーライで楽しい夢の印象。
              0
                | in sleep | 2007.10.21 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近読んだ本
                宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」

                作者が好きで買いに行く和菓子屋さんの、包み紙に描かれた「本所七不思議」で思いついたそうです。
                器用、といっちゃ失礼ですが、何を書いても実に巧い。
                時代小説の、擬音からして違ってくる空気にも手馴れてらっしゃる。

                オールジャンルでハズレのなさは、恩田陸にも通じるものが。


                関連記事:
                【最近読んだ本】宮部みゆき「日暮らし」上下巻| 2007.06.24
                【最近読んだ本】宮部みゆき「天狗風」| 2008.05.03
                【最近読んだ本】宮部みゆき「幻色江戸ごよみ」| 2008.05.17
                【最近読んだ本】宮部みゆき「平成お徒歩日記」| 2008.05.19
                【最近読んだ本】宮部みゆき「今夜は眠れない」| 2008.05.21
                【最近読んだ本】宮部みゆき(文)、黒鉄ヒロシ(絵)「ぱんぷくりん」鶴亀2巻| 2008.10.04
                0
                  | books | 2007.10.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近聴いたCD
                  V.A.「The BOSSA NOVA 3」
                  ボサノバのスタンダードから25曲を選りすぐったコンピ盤。
                  そこから17曲ばかり、自分の好きな曲を編集したCDを作って聴いてます。


                  V.A.「DISCO FINE BEST-EXTENDED PWL and Euro HITS-」
                  '80年代ユーロビートの2枚組みコンピ盤、当時流行ったエクステンデッド・ヴァージョンで収録。
                  やはりこれも自家編集盤にして聴いてます。

                  ディスコというのも今では死語と化してますが、あの大箱で流れてた名も知れぬ曲たちで一時代を築いたプロデューサー集団/レーベルがP.W.L.だったのですなー。


                  関連記事:【最近聴いたCD】V.A.「ディスコ・エイティーズ・スペシャル 〜THE常連〜」| 2010.12.03
                  0
                    | music | 2007.10.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近聴いたCD
                    ミュージックミュージックミュージック「ワン・トゥ・フリー」

                    同じ“スウェーデンのピアノ・トリオ”というコトで、エスビョルン・スヴェンソン・トリオに比肩されるようですが。
                    音のエッジが硬いというか、やや攻撃的な印象。
                    なので、くつろいでは聴けないかなー。


                    シンイチ・オオサワ/キツネ「プレゼンツ・キツネ・ウドン」

                    モンド・グロッソの人、土屋アンナさんのだけ素直すぎて浮いてるよ。
                    キモチよくなる寸前で過剰にやり過ぎる、屈折と傲慢の2枚組み。
                    仲間内だけで売ってればいいのに。
                    0
                      | music | 2007.10.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top