(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

最近買ったもの
プロアクションリプレイとメモリーカード

正確には「プロアクションリプレイEZ」ですね。
要は、ゲーム内の状況を変更できるソフト、のプレステ2用。
で、そのためのメモカ。

とりあえず持ってるゲームの改造コードは検索して入手済み、だけど半分も入力し終えていない・・・。
とりあえず6ソフト中で4本は成功(セーブもできた)、けど。
なにせ所持ソフトが古いのと、生産バージョン違うと効果なかったりするのが厄介。
そして何より、挫折度の高いマイナーなゲームほどコード情報がないのは残念かも。 笑
0
    | give / take | 2008.02.25 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近聴いたCD
    デイヴィッド・シルヴィアン「オンリー・ドーター ブレミッシュ・リミキシーズ」

    この人、元JAPANの人ですよね・・・という位しか知らない。
    「錻力の太鼓」は、当時ちょっとした衝撃だった。
    でも、これは全然わからない。
    どうやら、元々は「ブレミッシュ」というアルバムで、これは最先端リミキサーによるコンピ盤らしい。
    ダムタイプの人とかも参加してるけど。
    どうしちゃたの? 身内の方がお亡くなりにでもなったの?・・・という感じ。
    もしかしたら、よほど凹んでる時に聴くと救われるかもしれない。


    関連記事:
    【最近聴いたCD】ミック・カーン「スリー・パート・スピーシーズ」| 2009.08.21
    【最近聴いたCD】JAPAN「孤独な影」| 2009.08.21
    【最近聴いたCD】JAPAN「錻力の太鼓」| 2013.11.12
    0
      | music | 2008.02.24 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      マイク・モラスキー「その言葉、異議あり! 笑える日米文化批評集」

      日本での滞在経験が長く、日本語での会話にも不自由しない外国人は「ヘンなガイジン」として受け容れられています。
      たとえばリービ英雄氏の本を読んだりすると、そんな日本人にとって違和感のない(と思っていた)事に偏狭さを覚えたりします。
      この作者は、敢えてぎこちないユーモアを混ぜることで、まるで当人と実際に会話しているような感じで読ませてくれます。
      つまり押し付けがましくなく、するりと視点を異化してくれる。
      中には既に語りつくされた感のあるエピソードもありますが、それでさえも語り口によって新鮮に読める。
      という訳で、たかが(ガイジン本)と十把一絡げにするには惜しい。
      0
        | books | 2008.02.23 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近聴いたCD
        ゴリラズ「ゴリラズ」

        デーモン・アルバーンの別プロジェクト「マリ・ミュージック」を聴いて(→「最近聴いたCD」2007.10.25)、興味を持っていた。
        本業のバンド、ブラーは今イチその好さが分からないのだけど。
        これは、まぁまぁ。


        関連記事:
        【最近聴いたCD】Smokey and Miho「人間の土地」| 2012.05.01
        【最近聴いたCD】ハンサム・ボーイ・モデリング・スクール「ホワイト・ピープル」| 2009.11.02

        〈デーモン・アルバーン〉関連記事:
        【最近聴いたCD】デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ「マリ・ミュージック」| 2007.10.25
        【最近聴いたCD】ディー・ディー・ブリッジウォーター「レッド・アース」| 2009.11.02
        【最近聴いたCD】BOBBY WOMACK「The Bravest Man In The Universe」| 2013.08.26
        【最近聴いたCD】ROCKET JUICE & THE MOON「同」| 2015.03.10
        0
          | music | 2008.02.22 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近みた夢
          1・なんとか話題をそらそうとする夢

          ガンプラを作っていると、昔の知人M崎が横からのぞき込んで来る。
          なぜか言い訳がましい口調で「台湾では流行ってる」的なことを口走る僕。
          しかし夢の中でザクの頭らしきパーツを見ながらも、頭では(これプラモですらないな)と思っている。
          緑がかった、固い粘土の塊みたいなもの。


          2・お米と同一人物の夢

          出かける途中で、幼馴染みにバッタリ遭遇。
          米を精米しようと、コンビニ袋を提げて歩いてきた。
          立ち話もそこそこに分かれて、目的地へ着く。
          が、そこにいたのは別の(もう一人の)幼馴染み。
          夢の中でも(辻褄が合わないじゃないか)と、妙に混乱する。
          手土産に苺を持ってきたのだが、彼の背後の棚にネクタリンが見えた。
          あまりにそれが美味そうで、苺を渡しそびれたまま目が覚めた。
          0
            | in sleep | 2008.02.21 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近読んだ本
            遠藤ケイ「おこぜの空耳 山界風聞」

            再読。
            表紙と巻頭にある、柳田國男の一文。
            「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」
            これほど簡潔に説明されてしまえば、他に言葉はない。
            読後に沸き起こる畏敬の念、謙虚さは宝だ。

            再読


            ブレインナビ(編)「ジルオール インフィニット 公式設定集 始原口伝」
            ブレインナビ(編)「ジルオール インフィニット エンサイクロペディア」
            TEAM‐INFINITE(著)「ジルオール キャラクターズ白書」

            3冊とも、PS2ゲームソフト「ジルオール〜インフィニット〜」の解説本。
            正確には「キャラクターズ白書」のみ、旧プラットフォームで制作された「ジルオール」の解説本。
            旧作の発売から8年、リメイク作から3年が経過して再燃中。
            攻略本だけで既に2冊持っているけれど、しかし今回のは舞台となる世界の背景や設定のための本。
            先週は毎晩、この3冊で寝不足続きでした。 笑

            再読


            五十嵐大介「魔女」1,2集

            再読というか、今月中に読んだばかり(→「最近読んだマンガ」2008.02.12)なので省略。


            広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」

            実は、まだ手元に届いてないのですが。
            これも先月に読んだばかり(→「最近読んだ本」2008.02.01)なので、再読しますが省略で。
            0
              | books | 2008.02.20 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近買ったもの
              本7冊。

              五十嵐大介「魔女」1,2集(→「最近読んだマンガ」2008.02.12

              広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」(→「最近読んだ本」2008.02.01

              遠藤 ケイ「おこぜの空耳 山界風聞」(→「最近読んだ本」2008.02.20

              他3冊は、ゲームの解説本・・・内容に関しては、同日付「最近読んだ本」で改めて。
              0
                | give / take | 2008.02.20 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近読んだ本
                ミヒャエル・ゾーヴァ (著)、那須田 淳、木本 栄 (訳) 「ミヒャエル・ゾーヴァの世界」

                本来はファインな画家ですが、すっかり絵本の挿絵画家として有名であります。
                画力や構図の魅力と併せて、そのウィットあふれるユーモアが堪能できる画集とインタビュー。
                全作品を網羅している訳ではないが、主要な仕事は押えているし彼の言葉に多くのページを割いているのも好い。
                彼の作品をポストカードにしているインコグニート社の話など、その人柄が感じられる文章で作品解説もしてくれる。
                趣味は「煙草とテレビとバレーボール」で、ベルリンの雑踏が好きだというのは意外でもあり嬉しくもあり。
                映画「アメリ」や「ウォーレスとグルミット」で知ったような愛好家にはイメージ・ダウンでしょうけど。笑


                〈ミヒャエル・ゾーヴァ〉関連記事:
                【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ「ゾーヴァの箱舟」| 2008.03.22
                【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ(画)、那須田淳(文)「魔笛」| 2009.04.30
                【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ「ゾーヴァの箱舟」(再読)| 2011.12.20
                0
                  | books | 2008.02.19 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近もらったもの
                  チョコ(ただし母親と5歳の姪から)←どっちも美味かったぞ! 感謝♪
                  0
                    | give / take | 2008.02.18 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近読んだ本
                    荒俣宏「アラマタ珍奇館 ヴンダーカマーの快楽」

                    荒俣さんの小説は未読なのですが、こういったエッセイ(?)は好きです。
                    博覧強記、ハズレなし。

                    ミュージアムの前身は、王侯貴族の蒐集した珍品奇品の競い合い。
                    いわば商家の旦那的な、無駄なものに金をかける発想。
                    ジェニー・ハニバーなんて序の口、氏のコレクション以外にも
                    路上目線でのフィールド・ワークまで紹介されてます。
                    からくり義右衛門から東芝の件(くだり)なんかは、読んでてドキドキしてくる位。


                    関連記事:
                    【最近読んだ本】荒俣宏 編訳「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
                    【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子」| 2012.09.20
                    【最近読んだ本】高橋克彦「ホラー・コネクション」| 2016.08.15


                    〈雑学〉関連記事:
                    【最近読んだ本】小屋一平「トイレはどこですか?」| 2007.08.13
                    【最近読んだ本】町田 忍「銭湯の謎」| 2007.08.12
                    【最近読んだ本】アレックス・バーザ「ウソの歴史博物館」| 2010.01.21
                    【最近読んだ本】雑学活脳研究会「ニュース言葉の秘密」| 2011.09.23
                    【最近読んだ本】伴田良輔「リプレーの奇人不思議館」| 2011.12.26
                    【最近読んだ本】唐沢俊一「トンデモ一行知識の逆襲」| 2012.02.03
                    【最近読んだ本】瑞穂れい子「今日から使える! 音楽雑学 おもしろコネタ30選」| 2012.11.22
                    【最近読んだ本】マル秘情報取材班・編「外から見えない暗黙の掟」| 2013.04.24
                    【最近読んだ本】清水謙太郎「こんな仕事絶対イヤだ!」| 2014.01.31
                    【最近読んだ本】「地図の読み方」特捜班・編「日本地図のおもしろい読み方」| 2014.04.04
                    【最近読んだ本】みうらじゅん(監修)「アレの名前大百科」| 2014.05.11
                    【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
                    0
                      | books | 2008.02.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top