スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
スキャナー・ダークリー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
俳優の仕草や表情をアニメとして再構築する、非常に手間の掛かった映像が生理的に苦手な人もいるでしょうね。
しかしながら出演者も(誰々が出てるから)という理由で観て欲しくはないでしょう、自伝的要素の強い原作を尊重した結果としてのスキャニメーションは実に効果的です。
意義を見出せない業務に延々と従事させられる主人公、彼の破滅を前提とした麻薬撲滅作戦…小さな政府がもたらした民間委託の陥穽、委託された組織間のマッチポンプは緩いディストピアですが。
どこまでが虚構でSFなのか、エンディングには賛否が分かれそう。
紹介記事【2019.07.27】
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ]
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ] (JUGEMレビュー »)
旧東独、といっても今じゃ通じなさそうですが…80年代の社会主義国でヒップホップに目覚めちゃった若者と、彼らの活動を体制翼賛に取り込もうとする当局との丁々発止を描く青春コメディ。
飼い慣らそうとする権力側と調子を合わせつつ苦悩する主人公たち、ベルリンの壁が崩壊して彼らを待ち受けるラストのほろ苦さとタフさに男泣きです。
自分でいる事を描いている点で、英国のサルサ映画「カムバック!」と併せてオススメ。
紹介記事【2019.11.02】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】 (JUGEMレビュー »)
荒廃した世界で生き残りを賭けて地底人と戦う少年少女、その謎が明らかになるにつれ絶望の色は増すばかりですが…絵空事に潜む「茶色の朝」の未来、大人目線で子供たちの希望を切に願ってしまいました。
次の世代のために何が出来るだろう、この気持ちを失わずにいたいです。
紹介記事【2019.08.28】
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット (JUGEMレビュー »)
中学生になったばかりの頃の、世界の拡がりに戸惑う姿は性別や世代を超えて響きますね。
作画力もストーリーテリングも卓越してます、些細な一瞬を捉える巧さが。
忘れていた何か、忘れたくなかった何か…最後のコマに、胸が苦しくなりました。
紹介記事【2019.11.11】
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ]
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ] (JUGEMレビュー »)
(↑※サムネイルのリンクはサントラにしています)
所謂スピリチュアルなストーリーでありながら、どこか70年代アニメっぽいお約束とフォーマットをごちゃ混ぜにして力技で着地させたような奇想天外さが独特。
戦隊ヒーローに学園モノ、ジャンプ的な熱血インフレ勝負など…ネタの重ね掛けでも訳分からなくならない見事な構成、思いがけずラストに泣かされました。
正義のあるところに悪がある、よって正義は愛ではない…ならば善とはなんなのか? 先ずはご覧あれ。
紹介記事【2019.09.10】
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ]
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ] (JUGEMレビュー »)
ラジー賞を独占した下ネタ満載ムービー、とりあえず下品ですけど線引きはキッチリしてますね…笑わせる内容は、少なくとも男性なら他人事じゃないというか。
女性同士の巨乳幻想みたいなね、目の付け処が上手いなぁと。
まぁ万人向けではないにせよ、僕は感心しつつ大笑いしました。
紹介記事【2019.10.17】
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ]
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ] (JUGEMレビュー »)
原作者の作品は知らないので、本作は衝撃的でした…こんな物語が書かれていたのかと、まるで伝承の聞き書きか夢を書き起こしたような浮遊感!
印象としては南伸坊が中国の怪異譚を漫画にした「仙人の壺」に近い、無闇に説明しようとしない描線のアッサリ感が素晴らしいです。
空白の多さに、却って想像力を掻き立てられました。
紹介記事【2019.11.25】
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray]
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
不老不死というか不死者の物語にハマっているとはいえ、ファンタジー世界が舞台だとなぁ…と思ってましたが、不死者の(一般的な寿命の人間社会で生きる哀しみ)というツボを丁寧に描いていて好感が持てました。
寓話的なラストが作品世界と相まって、爽やかに切ないです。
紹介記事【2019.09.23】
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ]
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ] (JUGEMレビュー »)
血生臭い原題の割に、ほぼダイニング一間で完結している会話劇です。
子供の喧嘩に親が出て、大人同士で和やかに話し合って解決する目論見が破綻してエスカレート。
隣人を愛せれば戦争なんて起きない訳で、そんな皮肉な原題と裏腹に子供同士は親心を知らず…淡々としてますが大いに笑わせてくれます、個人的にはオススメ。
紹介記事【2019.10.22】
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
耳かき店ブームの火付け役、なんて書いては申し訳ないのですけども…決してブームに便乗した後追いではない、と。
穏やかな時間の流れる小さな町で、耳かき屋さんを訪れる客の脳内イメージが秀逸です。
こんな表現があったのか、こんな漫画があったのかと目からウロコ耳から(略)。
紹介記事【2019.12.23】
グラン・プリ [Blu-ray]
グラン・プリ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
最初はソール・バスの映像分割がスタイリッシュというより情報過多に感じましたが、それが後から効いて来るんですね…世界各地を転戦するF1レーサーと彼らを取り巻く人間模様が主軸ながら、走行シーンも見甲斐があります。
クールなドラマと60年代のムードが、ダンディな三船敏郎も含めて現代とは別世界のようです。
紹介記事【2019.12.21】
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ]
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ] (JUGEMレビュー »)
アフリカに対する先入観や固定観念が、ことごとく覆されます…偏見を持たないように心掛けていたつもりでも、日本にいて伝わってくる情報自体にバイアスが入っている訳ですが。
西欧支配の呪縛に歪められた各地の民族性や搾取の構造など、日本では見えにくい暗部が著者の目を通して見えてくるようで。
アフリカの話であり、同時に現代の実像でもあるのでは?と。
紹介記事【2019.09.1】
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
現代に至る国内の移ろいを漫画に語らせる好企画アンソロジーです。
漫画にしか出来ない表現は、例えば三輪自動車が走る風景でありリンチされる米軍の操縦士であり…基本的に主観視点であるが故の、俯瞰の効く文学表現よりも接地した仮想体験なのかも。
いわば漫画こそが伝え得た戦後の一片、切り口を変えて続けてもらいたいですね。
紹介記事【2019.12.12】
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ]
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ] (JUGEMレビュー »)
笑いって鮮度があると思ってました、本作を観るまでは。
先が読めずに引き込まれましたが、確かに繰り返し観たくなるかも…計算されたシナリオが効いた笑いと、映像的な古さもまた味わい深いです。
スタンダードでバカバカしくて無駄のない、意外な傑作。
紹介記事【2019.12.10】
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ]
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ] (JUGEMレビュー »)
面白可笑しい切り口で紹介されてるので、ファンの方にしてみれば物申したい点も多々ありそうですが。
様々な事情から意外な最終回を迎えていた、有名な作品の数々に先ずビックリ…知って何かの役に立つ訳ではありませんけど、やはり切り口が面白いのですよ。
紹介記事【2019.09.24】
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー (JUGEMレビュー »)
「Stacy's mom」の青春パンクをイメージしてたら好い意味で裏切られました。
どこかSDP「スチャダラ外伝」に通じる旅アルバム、共通する根っこは世代なのかグローバル環境なのか…しかしELOっぽさを連想させるサウンドも厭味なく無理して頑張ってない感じだし、三人称のスキットみたいに様々な切り口で綴られる旅の寸描が詩的。
パッキング上手で飽きさせない仕上がりかと。
紹介記事【2019.07.08】
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321)
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321) (JUGEMレビュー »)
無印版も僕は楽しめましたが、ダレ要素を改善して全体的にボリューム・アップしておりオススメです。
難を言えば、このDC版では攻略本が出てない事ですね…特に武器の合成レシピが違っているし、追加武器はノーヒントで試行錯誤の連続に。
水の惑星にある3連宝箱は、多分エリアボスに乗って飛び移らなきゃ取れないと思うので、これからプレイする方は気を付けてね!笑
紹介記事【2018.07.19】
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)
ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】

最近のやるべき事
ロックピンの交換

これはエレキベースの話なんですが、知人から貰った2本のベースに取り付けられているロックピンが緩くなっているんですよね…ロックピンというのはエンドピンからストラップが外れないようにした強化版なんですけど、逆に脱落しやすくなってきちゃって困ってしまった訳なんです。
普通のエンドピンはストラップを引っ掛ける金具をボルト止めしたシンプルな物なのに、ロックピンはストラップを固定するパーツAとボディに埋め込まれたパーツBに分かれていて…Aからストラップが外れるわBからAが抜けるわで直したいのだけど、エンドピンみたく簡単じゃなくてね。

ベースのメーカーは既にないし、このタイプのロックピンも今は出回ってないっぽいんです…自分で付けた訳じゃないから、Bパーツがどのように埋め込まれているか分からないし手軽に引き抜けないのですよ。
パーツAの先端を押すとロックがON/OFFされて、ストラップを肩に掛けたまま素早く2本のベースを持ち換える事が出来る…それが知人には必要だったのだろうけど、僕は普通のエンドピンで充分なんだよねー?笑
凝った物ほど、こういう壊れた時に厄介なんだよ〜!
なので僕としては、この機会に単なるエンドピンに戻したいのです…はてさて、これはどうしたものやら。

もちろん楽器屋なり工房に頼むのが一番楽だし確実なのだけど、工賃かかるし時間もかかるからねぇ…基本的には木工品だから、Bパーツさえ引っこ抜けたら何とか出来ると思うのです。
そういう乱雑な発想で、どれだけボディの鳴りに影響が出るかは気にしない!笑
ただBパーツを取り外してからも、その穴をキッチリ塞いでから改めてネジ穴を切る必要があるのだろうな…と考えると、やっぱり面倒臭さが先に立って後回しにしてしまっていた次第。
でもストラップが外れるだけじゃなく、AとBのロック機能もガタがきてるので流石にヤバいなと…つい忘れがちなので、そろそろヤル気スイッチ入れなきゃ!


〈楽器・メンテナンス〉関連記事:
【最近気になっている事】ベース修理(アクティブPUの電池接触不良)| 2007.07.03
【最近買ったもの】ベース弦セット(ナックルヘッドLean.040〜.100)| 2007.07.16
【最近買ったもの】ギター・スタンド4本、ヘッドフォン・アンプ、クリップ式チューナー| 2008.05.27
【最近買ったもの】ベースアンプ(フェルナンデス15W)| 2010.02.07
【最近あげたもの】ヘッドフォン・アンプ| 2010.04.11
【最近買ったもの】中古エフェクター (ベリンガー CS400 コンプレッサー)| 2010.12.08
【最近買ったもの】エフェクター (BOSS OS-3 スーパー・オクターブ)| 2015.08.17
【最近行ったところ】谷中〜御茶ノ水| 2016.03.28
【最近買ったもの】ロックピン| 2016.04.01
【最近買ったもの】パッチケーブル×2+マルチスパナ| 2019.03.07
【最近買ったもの】5本立てギターラック| 2019.03.15
【最近あげたもの】ギタースタンド4本+チューナー、DVD各種| 2019.03.20
【最近の初体験】楽器のメンテ出し| 2019.04.23
【最近行ったところ】神田明神〜御茶ノ水| 2019.05.23
【最近作ったもの】ギターのストラップ修理| 2019.07.17
【最近買ったもの】ベース用ケーブル(L/S)3m| 2019.08.15
【最近買ったもの】折り畳みギタースタンド、弦メンテナンス剤| 2019.09.18
0
    | visited / plan | 2016.03.07 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近行ったところ
    六本木ヒルズ

    いや正確には待ち合わせ場所として、森ビルの足元まで行っただけなんですよね…森ビル単体が六本木ヒルズなら「行った」とするのは嘘になりますけども、森ビルを中心とした周辺敷地やその複合施設までを含めて六本木ヒルズなのであれば一応「行った」事にはなるのではないかと思われ。
    しかしまぁ変わりましたねー、地下鉄の出入口から六本木通りの向かい側まで別の場所になってました。
    ヒルズの向かい側って、Uターンして旧テレ朝の地下を麻布十番に抜けるトンネルだった筈ですが…帰りに通ったら青山墓地まで貫通していて、前に行った国立新美術館を見てようやく地理を把握した次第です。

    で、実際に行ったのは六本木ヒルズに面した旧テレ朝通り沿いのお寺で…その本堂でのライブを観覧して来たのですよ、まぁ個人的には感想など詳細は控えさせて頂きたい内容でしたが。
    フカフカの絨毯に寝そべって接地面積を最大にしても底冷えがするライブではあれど、素人っぽい手作り感覚の心地好いユルさは懐かしい気持ちになりました。
    間違いなく僕個人のチョイスでは味わえない体験で、内容に興味が湧かなくても誘われたら乗ってみるのは悪くないものだと再認識しましたよ…要するに好きな物だけ食べるのではなく、嫌いじゃなかったら食べてみるのも一興だよなと。笑
    0
      | visited / plan | 2016.01.18 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近行ったところ
      大網白里

      昨年に引き続き、同僚君ファミリーに同行して海水浴に行きました。
      ルートは京葉道〜東金道〜九十九里有料道で、有料道路は無料開放期間中でした…夏にありがちな朝の曇空は日が上がると快晴になり、冷たかった海水も午後には適温に上がってチビッコと遊びつつ日光浴を満喫!
      昨年に懲りて今年は日焼け対策も万全で、日焼け止めとサンオイルを使い分けてヒリヒリせず適度にコンガリ焼き上がりましたよ。笑
      交通費は割勘で、片道分¥1,970…同僚君には運転してもらい、奥さんにはお弁当を用意してもらったので申し訳ないような気分です。

      もし双方の機会が合えば、是非また行きたいものですな…スチャダラとかサブライムとかビートルズといった、同僚君オススメCDをガンガン流しながらね〜!
      0
        | visited / plan | 2015.08.13 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近行ったところ
        深川(清澄白河)、MOT(東京都現代美術館)

        また例によって例の如く、墓参りです…さすがに梅雨明けしたのでチャリで行って来ましたよ、しかもいつもの道より大回りしてね!
        そして今回は帰りに近くのMOT(東京都現代美術館)で常設展を観てきました、といっても丁度「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」なる企画展示をやっていて通常の常設展ではなかったのですがね。
        いやー、どうも個人的に戦後日本の抽象画って好きになれないんだな…なんか不純というか理屈っぽくて、まったく心に響かなくて。
        自由に感じる物じゃなく、決まった答えが用意されてるような気がしちゃって。

        戦後といっても2年前に制作された作品もあって、自由度の高い作品も結構ありましたが…コンセプチュアルなオブジェを期待してたんじゃないんだよなぁ、秋山佑徳太子らによる'68年頃の反万博パフォーマンス映像も別のタイミングなら興味深く感じたろうけど今日は煩わしくさえ感じて。
        とはいえ一応は真面目に観てたので、汗まみれのアロハシャツが冷えきってしまい体調壊すかと思いましたよ…まぁ「石の時間」ではカービングされた川石と筆致を反復させた絵画、「木の時間」のタール臭が残る輪切りの巨木と「石の時間」の荒木高子による聖書シリーズなんかが印象強かったかな。

        美術館を出てからは休憩なしで帰ってきました、体が鈍ってるのと少し遠回りコースだった割に大して疲れを感じなかったのは意外!
        だけど帰ったらメンテやる気も失せて昼寝しちゃいました、なのでブレーキ・シューの交換はまた次回。笑

        〈深川〉関連記事:
        【最近読んだ本】宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」| 2007.10.17
        【最近行ったところ】深川・清澄| 2008.05.11
        【最近行ったところ】清澄白河| 2008.12.31
        【最近行ったところ】清澄白河| 2011.04.12
        【最近行ったところ】深川| 2012.03.28
        【最近行ったところ】深川| 2013.08.25
        【最近行ったところ】墓参り、深川江戸資料館、木場公園| 2015.04.04

        【最近行ったところ】深川(墓参り)| 2016.08.22
        【最近行ったところ】清澄白河| 2018.05.24
        【最近行ったところ】清澄白河(深川江戸資料館)| 2018.11.20
        【最近行ったところ】墓参り(深川)| 2019.04.18
        【最近行ったところ】墓参り(深川)| 2019.06.29
        【最近行ったところ】深川(墓参り)〜豊海〜築地〜八丁堀| 2019.10.13

        〈MOT〉関連記事:
        【最近行ったところ】「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」| 2012.08.29
        【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
        0
          | visited / plan | 2015.07.30 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近行ったところ
          東陽町

          都内在住の方ならお察しのとおり、自動車免許の更新に行ってきたという訳で。
          連休明けの給料日前なら多少は空いてるかな、と思ったけどやっぱ日曜日では激混みでした…待つ事自体は大して苦ではないんですが、大行列に自分が加わるってのが今ひとつね。
          でもまぁ並びましたよ、心を無にして…早めに行こうと思いつつ結局は午後になっちゃったので、講習聴いて帰って来ただけで軽く1日仕事という気分ですわ!笑
          しかし視力検査で引っ掛からなくて好かった〜、かなり目が悪くなってきた気がしてたし前夜は激しく夜更かししてたので(こりゃダメかも)とヒヤヒヤ物でしたよ。

          予報に反して風も爽やかな晴天で、大通りから一本裏手のビルの谷間を歩くと人も少なく気持ち好かった!
          0
            | visited / plan | 2015.06.11 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近行ったところ
            墓参り、深川江戸資料館、木場公園

            いやはや、ようやく重たい腰を上げて行ってきましたよ墓参り…たまたま休みが二日続いて、しかも好天に恵まれたおかげですわ!笑
            いつものように自転車で、と思っていたらツレから遊ぼうメールが来たので久しぶりに電車でレッツゴー。
            今年は花粉症の症状が酷く出て、そこに風邪も引いてしまって…重症化すると思ったら逆に中和されたのか、休みの初日は寝てましたが二日目はダルい程度で外出しても大丈夫な程度にはコンディションも回復し。

            最寄り駅の清澄白河で降りると、ツレを深川江戸資料館に待たせて墓参りへ…去年から行こう行こうと思いつつ後回しにしていただけに、気持ちスッキリ!笑
            それから僕も資料館に入り、まぁ内部の展示は変わりないので裏路地まで一通り見て回ってツレと合流。
            お茶でもしようかとMOTの方へとブラブラ、そのまま隣の木場公園まで歩いて自販機の飲み物で一休み…そこで干しっ放しにしてきた布団が気になり始め、早めに切り上げて再び清澄白河駅から電車で帰って近所のラーメン屋に寄って解散という1日。

            帰ってから加湿ヒーターの掃除して床のラグを交換して、家族が取り込んでくれてた布団も当て布を替えたり…掛け布団の首周りが当たる箇所にタオルを安全ピンで止めてるんですよ、なんかセコいですけどね!笑
            ちょっとバタバタな1日になりましたけど、いろんな雑用が片付いて気分的にも非常にスッキリしました。
            付き合わしちゃったツレに感謝、よかったよかった!
            江戸深川資料館1江戸深川資料館2


            〈深川〉関連記事:
            【最近読んだ本】宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」| 2007.10.17
            【最近行ったところ】深川・清澄| 2008.05.11
            【最近行ったところ】清澄白河| 2008.12.31
            【最近行ったところ】清澄白河| 2011.04.12
            【最近行ったところ】深川| 2012.03.28
            【最近行ったところ】深川| 2013.08.25

            【最近行ったところ】深川(清澄白河)| 2015.07.30
            【最近行ったところ】深川(墓参り)| 2016.08.22
            【最近行ったところ】清澄白河| 2018.05.24
            【最近行ったところ】清澄白河(深川江戸資料館)| 2018.11.20
            【最近行ったところ】墓参り(深川)| 2019.04.18
            【最近行ったところ】墓参り(深川)| 2019.06.29
            【最近行ったところ】深川(墓参り)〜豊海〜築地〜八丁堀| 2019.10.13
            0
              | visited / plan | 2015.04.04 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
              最近行ったところ
              九十九里浜

              正確には豊海(不動堂)海岸かな?
              同僚君の家族旅行に便乗しただけなので、詳しい地名は分からないのですけど。
              前の週に彼が家族だけで海に行って、それを後で聞いた僕が「行くなら先に誘ってよー」と言ったら「じゃあまた行くわ」という話になり…そのまま彼の飲み仲間にも話が拡がって(どんだけ人数増えるんだ?)と思って当日を迎えたら他は誰も都合がつかなくて、僕も彼の車に同乗して出発。

              高速も軽自動車だと片道2千円弱と、かなり安いね…しかも運転も同僚君に任せて食べ物も飲み物も用意してもらってと至れり尽くせりの日帰り海水浴でした。
              大勢で車連ねてワイワイというのも楽しいのだろうけど、やっぱり僕は少人数でタイトに動ける方が好きだな…頭数が多いと意見の調整とかでグダグダするし、何かとチャッチャといかなくなるのが苛々するので。
              朝からサッと行って昼頃にサクッと帰る、このノリが同僚君と一致してたので本当にストレスなく楽しめましたよ…天気も快晴で、海水浴場にしては台風の影響か程々に波もあったしで。
              0
                | visited / plan | 2014.08.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                最近行ったところ
                池袋

                まず幼なじみと会って、その後でツレが予約してくれてた魚料理と日本酒が美味い店に行きました。
                幼なじみには以前ヒップバッグの修理を頼んでいて、それを取りに行ったのです…彼の家が池袋周辺なので、ツレとの待ち合わせ時間まで話もできるかなぁと。
                だけど結局かなり時間が押してしまい、軽くお茶してチャリ屋をのぞいた位で待ち合わせ時間に…待ち合わせ場所でお互いを紹介して幼なじみとは別れ、ツレと早めの夕飯に行きました。

                やや繁華街の外れ辺りにある小ぢんまりとした居酒屋でしたが、予約してなければ入れなかったかも…開店早々、じきに満席状態に。
                まずは「味が悪ければタダにする」的な能書きのシメサバを頼むと、これが強気なだけあって実に絶品!
                鰹叩きも鮑の海藻蒸しも、いわゆる居酒屋テイストじゃあないんです…まったく味に煩くない僕の味覚なのですが、刺身系で「期待したイメージを上回る味」という裏切られ方が新鮮で。
                ツレは「白子欲が充たされて満足」と言ってましたが、僕は富山料理の店以来2度目なので「不味い白子」の味を知らなくて比較しようがないんですよねぇ。笑

                他にも海の幸ばかり鱈腹食いましたが、どれも本当に美味かったなぁ…二人で14,000円ちょいは安くありませんけども、値段として高いとは思いませんでした。
                日本酒も他では聞いた事ない銘柄ばかりで、すごく気になったんですよ…でも今回は止めときました、翌日が仕事だったんでね!笑
                帰りは久しぶりに都電荒川線に乗りました、早稲田の名画座で「地獄の黙示録 特別完全版」を観た時以来じゃないかなぁ〜?
                0
                  | visited / plan | 2014.01.19 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                  最近行ったところ
                  消防博物館

                  本来は古くからの友人たちと集まって語り合う場所を探していて、その最上階が飲食自由のスペースがあるという事で博物館を見学に行ったのではなかったんですけれど…それは四谷三丁目にあって、昔の職場の最寄り駅だったのでした。
                  いつも気になっていながら一度も入った事はありませんでしたし、その職場を辞めてからは行く用事もなくすっかり忘れていました。

                  思えばそこを辞めてから今回集まった友人たちと出会うまでの1年間は、僕の人生における転換期だったな…あの頃の通勤時ルートで電車を乗り継いで、JR中央線から外堀を眺めていたら当時の心境がよみがえってきて感慨深かったです。
                  せっかくなので昔の職場を見に行ってみたのですが、ほとんどの店やビルが変わってしまっていたので少し迷いました…そして職場のあった建物に近付いてビックリ、既に空室になっていて中はがらんどうでした。
                  移転した可能性もありますが、あの人生最悪の職場が幻だったかのような不思議な気持ちになりましたよ。

                  さて、いったん友人たちと合流してから僕は博物館見学…こんな風にボタンを押すと動く展示物を見て回ったのは小学生以来かも、江戸時代の火消し半纏やジオラマから現代の消防隊が使用する様々な用途のアイテムなど意外に見応えあり。
                  基本的には子供が楽しめるようなギミックと資料展示なので、マニアでなければ足早に眺めて終わりかもね…ただし最上階の眺望は、特に閉館間際の夕景はちょっとしたものでしたよ。
                  ヘリコプターに関しては「最近の初体験」として改めて書きます、消防車にも乗れたら面白かったけど。笑
                  0
                    | visited / plan | 2013.12.15 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
                    最近行ったところ
                    館山〜千倉周辺

                    本当に僕ってワンパターンというか、近場で旅行ってなると南房総の館山から千倉の一帯なんです…まぁそれは平砂浦と海岸美術館を見つけた20年ほど前から変わってなくて、割とノンビリ走れるし基本的に暖かいし土地勘もかなり付いてきたといった単純な理由からなんですけれどもね。笑
                    久々にツレと一泊旅行しようって事になり、行き先も含めてツレに丸投げだったんですよ…だけど急な話だったもので、結果的に宿が取れたのが館山の安房自然村だったという訳でした。

                    実は安房自然村って前にも泊まった事があるんですよ、20年くらい前に日帰りのつもりで行ってから急きょ一泊しようってなった時に空いてた宿がそこだったんですが…当時、散歩がてら広い敷地の山側を登って行ったら無数の水子地蔵に驚愕ガクブルという思い出があって(男女で行くのはどうなのよ?)といった不安もあったのですけど。
                    ちょうど先日「野仏の見方」も読んだし、思えば本当に水子供養だったのか記憶に自信なかったし…そもそも地蔵はお墓じゃないんだし、ビビる要素は何もないじゃんと思い直して到着。

                    チェックインするや早々と暮れてゆく日差しに急かされるように山側の道へ、しかし道が荒れてるし階段は崩れてるし…お堂や祠は寂れて傾いてるわ、あんなにあった筈の地蔵までが殆ど見当たらないって何事?
                    途中まで登って調査を断念、日が暮れちゃうし道も危なっかしいし無闇に入ってよい感じでもなかったし。
                    宿の人によれば、やっぱり水子関係だったみたいですけど「建物の屋根を葺き替えてる」そうで…いやいや、そんなレベルじゃなく地震か台風かで地盤から弛んじゃって放置されてるような気がしたんですが本当に修繕されるのでしょうか?

                    それはともかく、宿は値段の割に豪華な夕食でしたし風情ある洞窟を抜けて入る不老山薬師温泉も房総半島に多い海水温泉ではなく肌ツルツルでポカポカです。
                    もし贅沢を言わせてもらえるなら大浴場が狭い事と夜9時までしか入れない事は残念です、部屋の内風呂にも温泉が引いてあるので不満とまでは言いませんが。
                    2階の室内は天井が高く、吹き抜けの食堂も開放感がありますね…全体的に圧迫感がないので寛いだ気分になり、他の旅館やホテルが窮屈に思えてしまいそう。

                    前回同様、今回も旅程は電車で館山に行って現地移動はレンタカーでした。
                    木更津を過ぎると車内も空いて、晩秋とは思えぬ陽気に台湾の塀東〜枋寮辺りの鈍行っぽい雰囲気を満喫。
                    平砂浦は防砂堤が一段と崩れていて、砂浜が消失していたのには愕然としましたが…とりあえず足だけでも海水に浸かれたので満足です、相変わらずのダンパーにしては何故かサーファーが多くて初心者ばかりだったのが不思議でしたけど。

                    宿では山道の散策(?)も出来たし、露天風呂にも浸かれたし…ほうき星が降る星空も眺めたし、野島崎灯台にも久々に行ったり千倉の潮騒王国では波の音を子守唄に昼寝もしちゃったし!
                    海岸美術館には時間がなくなってしまい今回スルーでしたけど、好天に恵まれたおかげで海に山に星に湯にと天然成分全部盛りの夢見心地な旅行となりました。
                    各種手配から金銭管理まで、一切合財を仕切ってくれたツレには感謝感激です。


                    〈平砂浦〉関連記事:
                    【最近行ったところ】沖ノ島公園| 2010.06.17
                    【最近行ったところ】館山〜千倉| 2012.01.25
                    0
                      | visited / plan | 2013.12.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |




                      ↑ top