おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

最近読んだマンガ
V.A.「ストーリー311 あれから3年」

初版'14年のKADOKAWA単行本コミックス、副題「漫画で描き残す東日本大震災」…漫画家のひうらさとるが立ち上げたプロジェクト「ストーリー311」の第2弾であり、協賛企業やクラウドファンディングによって発行に漕ぎ着けたそう。
ひうらを含む12名の漫画家が、自身の所在地や出身地または取材先として被災した各地の声を拾い短編に仕上げております…アプローチも様々ですが、まさしく(人の数だけ物語がある)と改めて思い知りました。
頭では分かっていても、何気なく被災地や被災者という見方をしていて…その土地を知らず顔が浮かばない、つまり所詮は他人事で。

どこかにいる筈の助けを必要としている人に、時間を割いて骨を折るのが優しさか?…なんて理屈をこねる冷淡さや腰の重さに、罪悪感だけ燻らせている自分。
だけど、誰もが常にか弱く憐れなままではなくて…今日を昨日にして、明日を今日にする人の姿に喜びを感じ勇気付けられもします。
そしてまた「生まれ育った土地への愛着」という感情も、それを想像でしか分からない自分には羨ましいというか…正直ちょっと不思議でもあり、寂しい気持ちになったりもするのです。
妥協ではなく適応と共存の折り合いに憧れながら、折り合えるタフさには尻込みしてしまっている自分が。

不謹慎かもしれませんが、津波に関しては「人が流し込んできたヘドロを押し返して自らの清浄化を果たした海の健全さ」を僕は思いました…ですが原発に対しては(そらみたことか)という感情が強いのです、そして現場で除洗作業に従事する方々には穢れを押し付けているような申し訳なさを関連ニュースを見聞きする度に感じ続けています。
なので収束作業を続けている関係者を描いた第1話は最も印象深く、胸が締め付けられる思いがしました。
これを読んでも原発推進と言える人、いないでしょ?
というか、まさか未だに現場作業員の待遇や報酬が不充分なままじゃないよね?


〈311〉関連あるかもしれない記事:
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12


以下は話数と作者、関連地域
続きを読む >>
0
    | comic | 2017.06.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだマンガ
    端野洋子「はじまりのはる」2巻

    表紙の「チェーンソー・ラプソディー」なるサブタイトルと公卿眉メガネ男子に不穏な予感がしたのですけど、中身は椎茸農家@福島の現実感たっぷりなお話なのでした。
    まぁ正直、311後の現場に僕は言葉を持ちません…言葉にする度ちがってしまう気がして、僕が何かを言う事ではないのでしょう。
    作者は舞台と同じ福島在住のようで、特に放射能と被曝に関して非常に勉強していらっしゃる…でも多分、域外に住んでいても本作を描いたら同じように勉強されていたのだと思います。

    ただ、それらの知識を主人公に語らせているせいで、この星研一青年が可哀想なくらい可愛げがないのね…それも計算ずくで、この無愛想な顔なんだろうけど。
    正しい知識を知ろうともしないで恐れている人って実際、よくいるレベルじゃない大多数だろうなって気はします…まぁ僕も知ろうとはしませんけど別に恐がってはいませんし、福島産かも気にしてなければ敢えて福島のために何かしようとも考えてはいませんから。
    本当にね、東京に原発を作ってればよかったんですよ…どうしても作るならって話であって、本来は全然要らないと思ってますが。

    受験生の目を通して現実的な社会の再生ビジョンを考える、小理屈こねる青二才を狂言回しに世の中の閉塞性を暴く…一面的に見えて多面的な切り口があるのが本作の魅力でしょう、2巻で完結という短い尺に詰め込んだせいで急ぎ足な印象を受けるのが惜しいなぁ。
    そうそう、研一青年は若さ故に面倒臭い奴なんですが強く張っていなきゃっていう脆さの裏返しなんです…だから彼が素直な本心に気付いて涙を流すクライマックスは、してやられたと思いつつも胸に沁みますね。
    因みに第4話の章題「nowhere fast」って、ザ・スミスの曲名からですよね?
    初版'13年、初出も同年の「月刊アフタヌーン」。


    補足:原発に関する、気になった記事のリンクを自分用に張っておきます。
       興味ある方はご覧ください。
       「原発がどんなものか知ってほしい(全)」
       「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page1
       「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page2
       「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page3


    〈311〉関連あるかもしれない記事:
    【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
    【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
    【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
    【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
    【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
    【最近読んだマンガ】V.A.「ストーリー311 あれから3年」| 2017.06.18


    以下、個人的メモ。
    続きを読む >>
    0
      | comic | 2015.04.12 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」

      初版'13年、新潮社刊の写真集です…本作は“プランクトンからクジラまで、独特の世界観で水中の世界を写し取る”という作者が“震災直後から水中撮影に取り組”んできた成果の集大成であり、一匹の小魚との出会いから生まれた“海中世界の復興の物語”です。
      正面からみると「ドラゴンクエスト」のスライムそっくりなダンゴウオは、成魚で体長2cmほどの“ダイバーたちに「北の海のアイドル」として絶大な人気がある”のだそうで…腹ビレが変化した底部の吸盤は若干キモいけど、それで岩や海藻にくっついて1年ほどの寿命を過ごす不器用さに似合わない肉食魚だそう。

      2011年3月11日から3週間後、覚悟と使命を感じつつ潜った三陸の海…瓦礫が散乱し視界が効かない、本来なら繁茂している海藻どころか生き物が消えた海中で見つけたダンゴウオは象徴的な存在だったのですね。
      それは復興への希望であり、作者にとってはアイドルからの励ましだったに違いありません…海中に漂う一軒家をおとなう不安や、ソナー音を響かせ続ける漁船に遭遇する恐怖は想像するだけで意志が試されます。
      週刊誌の依頼で撮影した4〜5月から放射能汚染が取り沙汰され、正確なデータが示されない状況で私的に継続撮影していく事を迷ったとしても当然でしょう。

      だけど世界中のダイバーが夏の間も海中の瓦礫を整理する手助けをしてくれていた事や、地元との様々なご縁から作者は活動を再開…時を経て徐々に回復する透明度と戻ってきた生き物たち、中には“この写真が中国のネット上で「放射性物質に汚染されて変形した魚」として一躍有名になった”というのもあります。
      「重茂(おもえ)の津波は透明だった」というのは日頃の海を汚さない取り組みでヘドロを堆積させなかった誇りからの言葉、また「どうして海藻がないんだ?」という質問から作者に再生の兆しを見つけさせるなど漁師の目線が織り込まれているのが気持ち好いです。

      何度も通って地元の協力を得ながら撮影を続けていく内に、作者の割とジャーナリズム寄りだったアプローチは人の心に寄り添うような写真へと変化していきます…惜しみなくバックアップしてくれる人たちに、荒んでいた海がよみがえっていく姿を伝えたいと。
      津波がヘドロを洗い流して以前よりも透明度が増し、瓦礫は新たな棲み家となって海藻は例年以上に繁茂する…海に投げ棄てられた人間のゴミと魚たちの写真集「海のいえ」を思い出しながら、それ以上に人智を超えた天網の計らいに思いを馳せてしまいましたよ。

      どんな事柄も様々な顔を持つ事に気付かされました、本作が震災後の海中観測であり生命の讃歌でも作者の成長物語でもあるように。
      「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」
      「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」3
      「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」2


      〈海中撮影〉関連記事:
      【最近読んだ本】大塚幸彦「うみのいえ」| 2009.09.27

      〈311〉関連あるかもしれない記事:
      【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
      【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
      【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
      【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
      【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12
      【最近読んだマンガ】V.A.「ストーリー311 あれから3年」| 2017.06.18
      0
        | books | 2015.04.05 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだ本
        ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」

        ニコンサロンとはカメラの会社であるニコンが運営する写真専門のギャラリーで、初版'13年の本書は前年にニコンサロンで開催された企画展「Remembrance 3.11」の写真集です。
        3.11とは、言うまでもないでしょうが'11年の3月11日に発生した東日本大震災を指す通称です…その特異な点は地震+津波による複合的な災害規模の広範さと、かつては決してマスコミが公表しなかった原子力発電所の脆弱さが公然となった点にあるのでしょうね。
        かくいう僕は都内の職場で棚から次々と落ちるガラス製品の破裂音に快哉を叫び、心から笑っていました。

        ですが帰宅して津波のライブ映像を見て愕然とし、また自分の態度は「不謹慎」だったかと身の縮む思いでした…災害「直後」ではなく「発生中」の映像が大量に出回った点も、この3.11の特徴的な一面でしたね。
        さて、本書には石川直樹を筆頭に8人の写真家による展示作品が収められていますが…殊に80年代以降のアニメや映画で観馴れてしまった終末感を超えられないんですね、それが僕個人の感覚なのか写真家たちの感性なのかは不明ですが。
        因みに“超えられない”というのは、それ以上という意味でなく「想像力の限界」という意味ですけども。

        あの日の夜の、イベントのように帰宅困難者が車道にまで溢れ返った異様な光景…食料棚が空っぽのコンビニ、翌日からの給油に並ぶ車列や買い溜めに走る人たちの血走った目付きの方がビジュアルとしては非常に生々しく感じられます。
        しばらく続いた、自販機やネオンや街灯が消えた暗い夜の美しさは都市の弔辞だったのか…本書から感じるのは無力さですね、具体的に困窮している被災者の役に立っている訳でないし。
        そう、何もしないでいる僕らの罪悪感やジレンマを象徴するのが彼ら写真家なのです。


        〈311〉関連あるかもしれない記事:
        【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
        【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
        【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
        【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
        【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12
        【最近読んだマンガ】V.A.「ストーリー311 あれから3年」| 2017.06.18
        0
          | books | 2014.11.25 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだ本
          池澤夏樹「終わりと始まり」

          本書は'09〜13年に朝日新聞で月イチ連載されたコラム集だそうで、北海道の座礁船が写る表紙の装幀に惹かれて手に取ったのですが…このタイトルといい、実は(311の前後2年)という連載時期を意識したデザインだったんですかね。
          著者の小説も好きですが、特にエッセイの話運びには心地好い飛躍を感じて「ブログを書くお手本」にしていたりしました…しかし本書は、そのような軽やかさを期待していた僕にとっては面白味に欠けましたね。

          「あとがき」によれば、エッセーとは試論であるのに対して“コラムの基本はジャーナリズムである”そうで、著者にとって「初めてのコラム」だからか時事問題をストレートに語っているせいかもしれません。
          そしてまた掲載媒体の意向も含まれているのか、著者の認識には共感できる部分が少なかったのも大きなガッカリ要素でありました。
          例えば反原発という意識は分かるのですが、著者の話運びには頷けないんですね…方法論とかではなく、なんか目線が違ってる感じで。
          要は詩人としての著者の言葉で紡がれた“エッセー”が読みたかったのであって、批評家としての著者の言葉は僕にとって要らなかったんだと思います。

          しかし著者って朝日新聞と親和性が高い考えの持ち主だったんだなー、沖縄基地問題なんかプロ市民みたい…教育問題に関しても現場を非難する言葉の軽さが悪い意味で意外でした、ただし“日本の学校は今も軍隊をモデルにしている”“人は閉鎖空間においては正気を保つことができない”という指摘には同意見です。
          それと、本書でも“分岐点は一九六八年だったのだろう”という言葉が出てきたのにはビックリです…パンクロッカーに経済−歴史学者電子工学者に加えて文学者である著者も異口同音に同じ時期を「分岐点」と認識している不思議。


          〈池澤夏樹〉関連記事:
          【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
          【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
          【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
          【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
          【最近読んだ本】「南の島のティオ」| 2009.10.09
          【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
          【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
          【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
          【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24

          〈1968年〉関連記事:
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」 | 2012.03.30
          【最近みたDVD】「テルミン」 | 2012.12.20
          【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」 | 2015.02.18
          【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」 | 2017.04.15
          【最近読んだ本】ルシャッド・フィールド「ラスト・バリア ―スーフィーの教え―」 | 2017.10.14
          【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展 | 2018.11.10
          【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(再観覧) | 2018.11.28

          〈311〉関連あるかもしれない記事:
          【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
          【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
          【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
          【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
          【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12
          0
            | books | 2014.05.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近読んだマンガ
            安野モヨコ「オチビサン」4巻

            特に改めて書く事もない、安定の4年目です。
            ただし今回の巻末2ページは書き下ろしとなっております…何故なら'11年の3月は3週目の金曜日に大地震と津波があったので、311の週と翌週の日曜版に掲載される筈の原稿が宙に浮いてしまったのでしょう。

            4月からは連載が再開されているのかもしれませんが、あの時期に濃厚だった「娯楽→不謹慎→自粛」といった得体の知れない圧力で日本的なKY回避スキルが発動されていたら…まさかとは思いますけど、穏便に打ち切られた可能性も有り得なくはない気がします。
            まぁ今だから口に出来ますが、被災した当事者以外の過剰反応は常軌を逸していた感がありましたね…しかし「不謹慎」云々も身近な声として見聞きした訳ではなく、匿名の投書として報じられた範囲でしか知らないので疑問符付きですが。

            ひょっとしたら4月から再開された連載の中で、地震や津波に触れていたりするのでしょうか?
            基本的に時事ネタは扱ってきていませんでしたが、天候に関しては時節を取り入れて描いていたような節が感じられるので…。

            ところで本作の後半、掲載時期でいえば'11年2月の2週目から登場した新キャラ“シロッポイ”は以後どうなってゆくでしょう。
            雪解けの湯気から生まれただけに、また春先に登場するのかな…それにしても読み切り形式で風物詩ネタで週1縛りと、よくネタ切れにならないものです。
            末永く、続きますよう。


            追記:本書の絵は版画で描かれていると、何巻のか忘れましたがアマゾンのレビューで読みました。
            確かに発色の感じといいますか質感が版画っぽいです、浮世絵というか絵草子を意識したのかな?
            本当かどうか分かりませんが、そう思うと尚更この漫画が好きになります。


            前巻

            関連記事:
            【最近読んだマンガ】安野モヨコ「ベイビーG」| 2009.06.18
            【最近読んだマンガ】安野モヨコ「監督不行届」| 2011.08.26


            〈311〉関連あるかもしれない記事:
            【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
            【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
            【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
            【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
            【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
            【最近読んだマンガ】端野洋子「はじまりのはる」2巻| 2015.04.12
            0
              | comic | 2012.05.05 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |




              ↑ top