ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近みたDVD
「移動都市/モータル・エンジン」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題「MORTAL ENGINS」、'18年のニュージーランドSF…となればアイデア勝負のインディーズ作か?と思ってましたが“古代の神々”として骨董じみたミニオンが出てきて、低予算映画が版権に制作費を割く訳ないし気合い入ったSFXで128分の長尺はないわな?とWikipedia情報で確認したらアメリカのユニバーサルと合作だったようです。
最初に言っちゃうけど、やっぱ未来も「ロンドンは燃えている(London is buqning)」なのね…本当に童謡由来のお約束なのかジョークなのか、しかもイギリス映画でもないのに何故?笑
いやまぁ、英国SFである原作に忠実なだけにせよ。

移動する都市ってので、最初にパッと思い浮かんだのは「ダリフラ」のイメージでしたが…しかし冒頭の移動都市カー?チェイスの印象は「ザブングル」ですね、巨大ランドシップが荒野を走るとこんな感じかと。
現代人=古代人による“60分戦争”で滅亡寸前となった「マッドマックス2」的な弱肉強食の終末世界…とはいえ砂漠化に至るほど殺伐とはしてない自然環境、これはむしろ瞬時に人類衰退して好かったのかも?笑
いや2千年先のヨーロッパは温暖傾向が続くのか、ただし生き物は虫一匹描かれてないし…藻から作った食糧だけで生きてるとしたら、なかなか酷い状況です。

捕食する都市を求めてブリテン島から陸の橋を越えて大陸へ進攻したロンドン、屋台市場レベルの小さい寄り合い都市は警報と共に折り畳まれて移動要塞に変貌し四方に散りますが…逃げ遅れた採掘都市ザルツハーケンはロンドンと比べれば象と鼠、沃野の轍を乗り越え逃走を図るも敢えなくロンドンに呑み込まれます。
まるで地方の弱小自治体と首都との暗喩ですな、国際都市を「ハウルの動く城」にしたスケールは圧倒的!
「スカイキャプテン」を思わせる飛行船など一見チープなスチームパンクですが流石は「ロード・オブ・ザ・リング」組、低予算SFにない迫力で掴まれます。
(長くなったので続きは下欄にて)


「監督 クリスチャン・リヴァーズによる本編音声解説」での再視聴

〈スチームパンク〉関連記事:
【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
続きを読む >>
0
    | cinema | 2020.03.13 Friday | comments(0) | - |
    最近読んだ本
    ガレス・L・パウエル(著)、三角和代(訳)「ガンメタル・ゴースト」

    原題「ACK-ACK MACAQUE」、高射砲マカークと書いてアクアク・マカーク…'07年の「インターゾーン」誌に掲載された2作目の短編からアイデアを膨らませ、'13年の英国SF協会賞を受賞したという長編です。
    その辺の経緯は本編の後の「おまけ」に著者が記しており、件の短編「アクアク・マカーク」も併録…初版'15年という素早い邦訳は、進展著しいIT系のネタが頻出するからなのかな?
    解説によると著者が強く影響を受けたのはケルアックとウィリアム・ギブスン、そしてイアン・M・バンクスとダグラス・クープランドによる著作だそうで。

    電脳遊戯空間で続く第二次大戦、その西部戦線に連合側エース・パイロットとして君臨する「紅の豚」進化版…それがゲームのタイトルかつ原書の題名でもあるマカーク属の猿という訳。
    スマホ的なガジェット「SincPhone」や「ソードアート・オンライン」並みにリアルなMMORPGが存在する2059年、ただし大戦後に英仏連合王国が成立したり70年代の石油ショックを機に巨大飛行船が復活したりと異なる時間軸上にありまして…更に香港の返還問題が拗れにこじれて今や中国とは南シナ海で一触即発という緊迫した情勢、安価な中国製機器のバックドアが現実の脅威となってます。

    そこに現れる「笑い男」は名前だけでなく合田一人を思わせる顔貌で偽装人格&完全義体の持ち主、次々と脳核を強奪するなど「攻殻機動隊S.A.C.」をモチーフにしたようなキャラ造型…つまり本作の大枠は「スタジオジブリとプロダクションI.Gの代表作をゴッタ煮にした二次創作」といった感じです、もちろん露骨に元ネタを出してはいませんけど英国じゃともかく日本だったら賞の対象にはならなかったでしょうな?
    とはいえマカークも「笑い男」も脇役で、本筋は「カルトに入れ込んだ王妃の優生学的な陰謀に立ち向かう皇太子と元ジャーナリストの大冒険」なのですよ。

    作中の人工脳は実験段階の技術で、先ず強化した猿で兵士を量産する計画としてスタート…しかし計画は変更されて用済みの猿はゲームキャラAIの代用品に、そして強化猿のデータを人間に応用したプロトタイプが元ジャーナリストで最終バージョンは皇太子。
    いよいよ普及版の人工脳を、国民に義務化する段取りまで来ましたよってな状況。
    こうした設定はグダグダ説明されてないけど、なかなかパズルが嵌まらない感じはもどかしかったな…しかしニュースの小見出しにあった火星探査が本筋に絡んでくるわ、飛行船だけでスチームパンク的レトロフューチャー感を醸し出すなど解説通りの全部盛り!笑

    イントロがサスペンス調に始まったので(外したか?)と思っていたら、元ジャーナリストと皇太子のエピソードに繋がりが見えてくる辺りから話がデカくなります…アクション場面はドッグファイトも肉弾戦もマカークの独壇場、元ジャーナリストが009ばりの加速状態で「笑い男」と対決する墓地のシーンは秀逸。
    おっと忘れちゃいけないもう1人、日本のアニメあるある的お約束キャラの凄腕ハッカー少女ね…個人的に「カウボーイ・ビバップ」のエドとイメージを重ねてしまい、見せ場は少ないし真面目すぎるのが残念でした。笑


    〈スチームパンク〉関連記事:
    【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
    【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
    【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
    【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
    【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
    【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
    【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
    【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
    【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13
    0
      | books | 2016.07.03 Sunday | comments(0) | - |
      最近みたDVD
      「アイアン・スカイ」

      2018年、月からナチスが攻めてくる?…このアイデアに共感したSF映画ファンから寄付金を募って完成させたという、ストーリーだけじゃなく資金集めも壮大かつユニークな作品です。
      月の裏側は決して地上から見えないため、比喩表現としてだけでなくSF設定の定番でもありました…宇宙人の前線基地があるとかね、そこに「過去の大戦で地球を脱出したナチスの都市がある」ときましたかぁ!
      アメリカの女性大統領候補が話題作りに打ち上げた、月面着陸50周年ロケット…ナチスに捕らわれた生存者は黒人のモデル、ですが月面侵略の先遣部隊だと思い込まれてしまいます。笑

      “黒人を月に送ろう”キャンペーンというのもナチスと大差ない差別的発想ですが、これを選挙戦の切り札にしてるレベルのアメリカというのが笑い処ですな?
      黒人モデルのスマートフォンをメイン・コンピューターに用いて、遂に「神々の黄昏」号が完成…更なるスマホ奪取を名目に、次期総統の野望に燃える青年将校が美しき地球学者レナーテとアーリア化された元黒人を伴って大統領と面会。
      ほとんどスチーム・パンクなインフラ設備なのに何故かUFOは作れる月面ナチス、しかも地球に隕石落としってガンダムかよ!?笑
      もっとチープな内容かと思ってたけど、結構イイネ!

      同じようなB級SFノリながら「パシフィック・リム」より面白いですよ、夜のN.Y.が炎上する映像に“一期目で戦争を始めた大統領は必ず再選される”“アメリカがまともに倒したのは これまでナチだけだもの”とほくそ笑む大統領…今こそ、宇宙戦艦ジョージ・W・ブッシュ号の出番!
      国連の席でインド代表が指輪のスワスティカをカギ十字と混同される場面、分かってるじゃん…汎アジアの吉祥文を反転させたのがハーケンクロイツだって、いい加減ドイツも分かれよなー。
      核攻撃で放射能まみれの月面と世界戦争に突入した地上、まさか火星でシメって続編の布石じゃないよね?


      再視聴「監督とVFXプロデューサーによる音声解説」| 2016.04.30

      関連記事:
      【最近みたDVD】「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」| 2014.06.16
      【最近みたDVD】「プルート・ナッシュ」| 2016.06.02

      〈スチームパンク〉関連記事:
      【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
      【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
      【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
      【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
      【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
      【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
      【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
      【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
      【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13


      *以下の動画は、携帯からではご覧になれません(多分)。

      『映画『アイアン・スカイ』予告編』
      0
        | cinema | 2016.04.16 Saturday | comments(0) | - |
        最近読んだ本
        トバイアス・S・バッケル(著)、金子浩(訳)「クリスタル・レイン」

        実に独特な長編SFだ。
        読み始めて暫く経っても、ユカタン半島をモチーフとした異世界アクション小説にしか思えなかった…アステカ〜トルテカ文明という、メキシコの古代文明が関わっていれば僕は興味をそそられずにいられない。
        それと読み進むうち、何故か次々と現在プレイ中のゲームソフト「幻想水滸伝III」に似通った設定が出てくるのもユニークだった。
        「幻想〜」の国内リリースは'02年、本作の出版は原作が'06年で独占翻訳権を持つハヤカワ文庫の邦訳が'09年だ…剽窃やインスパイアなどではない、単なる偶然の一致なのだろう。
        しかし偶然にしては多い。

        最初に気付いたのは「生け贄の風習」だが、これは「幻想〜」では肯定的に描かれているので異質な文化の描写という点を別にすれば意味合いは違っている。
        「ロアという神格化されている何か」に関しても「幻想〜」では宗教の名前として挙がるだけなので、直接的な近似性は特にない。
        「失われたテクノロジーの再利用」や「限られた存在の不老者と彼らの人間離れした能力」という物語上の設定も「争いを膠着させた過去の大災厄と大軍勢の侵略」というストーリーの大枠も、個別に挙げれば珍しくはないかもしれない。
        ただ僕個人としては、不思議な一致に思える。

        話を本作に戻すと、読み進むうちにSFらしい骨格が節々に浮き上がってくる。
        舞台となるナナガダ半島は、父祖と呼ばれる伝説の祖先がテラフォーミングした植民星の赤道付近に位置する事…異星人のテトルを崇め生け贄を捧げるアステカ人の軍勢が山脈を越え、ロアを信奉するナナガダの首都へと進撃を始めた事。
        そして物語は、様々な人物の視点から描写される…記憶喪失で重大な鍵を握るジョン、彼の息子ジェローム、神の使命を帯びた二重スパイのオアシクトル、ナナガダの女性首相ディハナ、ジョンの旧友でマングース隊を率いるハイダン将軍、謎の男ペッパーなどだ。

        巻末解説によると本作は著者の初長編ながら、過去には同じ人物が登場する短編を書いているという…なるほど巻頭の地図が無駄に詳細なのは、そういう事か?
        カリブ海の小国グレナダに生まれた37歳の著者がアメリカで作家となるまでの経緯は、軽く触れられているだけだが興味深い…生国に軍事介入したCIAの姿が、作中のアステカ人に反映されているのだとか。
        またロアという名称はヴードゥーにおける精霊の一種に由来し、他にもカーニバルの様式や実在する料理など広範なカリブ周辺の様々な習慣や文化をモチーフとしながら渾然一体となった世界観を作り上げている。
        ただしタイトルが活きていないというか、それがタイトルになる理由が分からない。

        ローカス賞にノミネートされた本作に続いて、共通する世界設定で書かれた「ラガマフィン」はネビュラ賞とプロメテウス賞の最終候補作となり「スライ・マングース」ではペッパーが再び主要な役を担うらしい。
        本作の題名が雪を指す言葉である理由は分からないが、これら続編のタイトルは本作を読むと首都警備隊と辺境警備隊に関係していそうだ…ブルース・スターリングの小説に触発されて書き始めた著者らしい、スチーム・パンク要素が更に増えている事を期待してしまう。
        因みに著者は人気FPS「ヘイロー」の小説化も担当したようだが、もしかしたらRPGも好きだったり?


        〈スチームパンク〉関連記事:
        【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
        【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
        【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
        【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
        【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
        【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
        【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
        【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
        【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13

        〈長命/不老/不死〉関連記事:
        【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
        【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
        【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
        【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
        【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
        【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
        【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
        【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
        【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
        【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
        【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
        【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
        【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
        【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
        【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
        【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2016.05.11
        【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
        【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
        【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
        【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
        0
          | books | 2016.03.27 Sunday | comments(0) | - |
          最近読んだ本
          ゲイル・キャリガー(著)、川野靖子(訳)「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」

          初版'13年、題名からしてラノベチックですが実際のところラノベです…ハヤカワ文庫とは思えないカバー絵、そして大きめ活字!笑
          副題「英国空中学園譚」とあるように一種の学園モノですがスチームパンク、本書は主人公ソフロニアが19世紀の英国随一のフィニッシング・スクールに入学して「試作機」の謎を突き止めるまでのお話でして。
          どうやら最上級は4年生らしいので、あと3冊は続編が予定されてるようです。

          もちろん地上から隔絶された巨大飛行船の学園が単なる「花嫁学校」な筈もなく、多種多様な「フィニッシング(終わらせ方)の訓練校」なのでありまして…人狼や吸血鬼など経験豊かな教授陣と厄介なメカメイドと個性的な生徒たちに囲まれた、男気あふれるソフロニアの淡い恋と密やかな冒険の物語が花開くのでした。
          舞台が機械仕掛けの飛行船なだけにジブリアニメ的な雰囲気もあり、かつ英国レディの社交生活にスパイ活劇の要素を盛り込んでいて「ありそうでなかったラノベ」になっています。

          基本的にはソフロニアを中心とした学園生活でして、スチームパンクなメカ要素は都合の好い小道具クラスですね…空賊も思ってた程は活躍しないし、吸血鬼や人狼といった異界族も今後を見据えたキャラ紹介に留めておきます的な感じで。
          それでもスイスイ読めてしまうのは、やっぱり大きめ活字のおかげ…だけでなく、「試作機」の謎と行方というミステリー仕掛けが効いているんだと思います。
          英国レディのファッション用語が分かれば、よりイメージしやすいのかな…フリフリドレスで大暴れという、ジブリ好きじゃなくとも宮崎アニメで脳内変換されちゃう痛快娯楽小説です。


          〈英国レディ〉関連記事:
          【最近読んだマンガ】森薫「シャーリー」| 2008.07.13
          【最近読んだ本】岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.244
          【最近読んだ本】アンドリュー・レーン「ヤング・シャーロック・ホームズ vol.1」| 2014.12.07
          【最近みたDVD】「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」| 2015.04.21

          〈スチームパンク〉関連記事:
          【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
          【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
          【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
          【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
          【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
          【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
          【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
          【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
          【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13

          〈ラノベ〉関連記事:
          【最近読んだ本】谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」| 2007.11.24
          【最近読んだ本】時雨沢恵一「アリソン」| 2007.11.27
          【最近読んだ本】日日日「ギロチンマシン中村奈々子 高等教育編」| 2008.02.06
          【最近読んだ本】桑島由一「神様家族」1〜2巻| 2008.07.22
          【最近読んだ本】長谷川昌史「ひかりのまち」| 2008.07.27
          【最近読んだ本】「ライトノベルキャラクターズ完全ファイル」| 2009.03.23
          【最近読んだ本】田中光二「エデンの戦士」| 2009.10.15
          【最近読んだマンガ】弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」1巻| 2010.03.07
          【最近読んだマンガ】近木野中哉「とある魔術の禁書目録」1巻| 2010.05.08
          【最近読んだ本】ロバート・A・ハインライン「夏への扉 新訳版」| 2010.07.30
          【最近読んだ本】西尾維新「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」| 2010.12.07
          【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
          【最近読んだ本】高千穂遙「悪霊都市ククル(上) クラッシャージョウ8」| 2011.10.02
          【最近読んだ本】北原尚彦「スターオーシャン Till the End of Time」Side4 Final| 2011.10.11
          【最近読んだ本】梶尾真治「百光年ハネムーン」| 2012.01.31
          【最近読んだ本】舞城王太郎「好き好き大好き超愛してる」| 2012.04.21
          【最近読んだ本】滝本竜彦「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」| 2012.05.15
          【最近読んだ本】新井素子「ひとめあなたに…」| 2012.05.23
          【最近読んだ本】山口優「シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約(ちかひ)」| 2012.11.13
          【最近読んだ本】川原礫「アクセルワールド6 浄火の神子」| 2012.11.19
          【最近読んだ本】萩杜螢「妖怪異聞 狼夜の月」| 2012.12.04
          【最近みたアニメ】「僕は友達が少ないNEXT」10話| 2013.05.11
          【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
          0
            | books | 2015.01.31 Saturday | comments(0) | - |
            最近読んだ本
            アンドリュー・レーン(著)、田村義進(訳)「ヤング・シャーロック・ホームズ vol.1 【死の煙】」

            なんという偶然でしょう、ちょうど僕がスピルバーグ監督の実写映画「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」をまた観たくなって探していたのを見透かしたように…ってコレ、原書が出た時点で'10年って事は完全に別物だったのね!?
            コナン・ドイル協会公認のスピンオフらしいですが、当然ながらスピルバーグ作品とは関係ありません。笑
            まぁ僕もあの映画の冬めいた映像が観たかったのであって、ストーリーは正直どうでもよかったんですが。

            基本的に僕は推理小説に興味がないので、オリジナルのホームズも読んだ事ありません…ただしジブリ前の宮崎駿が作ったアニメと、件のスピルバーグ監督による実写だけは何故か妙に好きなんですよ。
            本書もそういった「少年少女の冒険活劇」なのですが、名脇役のワトソン教授や宿敵モリアーティ博士といったホームズお馴染みのレギュラー陣を排したのは随分と思い切ったもんです。
            もちろん少年ホームズ孤軍奮闘って訳ではなくて、今風に言えばストリート・チルドレンな少年とかアメリカから来たバウンティ・ハンターと彼のじゃじゃ馬な娘が味方になりますがね。

            舞台がビクトリア朝中期の大英帝国のせいか、情景描写に僕はスチームパンクの代表作「ディファレンス・エンジン」を連想してワクワクしちゃいましたけど…ホームズというブランドネームで本格推理を期待した方々に本書は不評な様子、いやいやそこは少年少女の読者に向けた本家本元への入門編って思えない?笑
            されど熱心なシャーロキアンのブーイングは、僕も「ルパン三世」好きとして身につまされる感が…大して原作も読まずにアニメ版の桃ジャケ(PART 3)以降を邪道と決め付け、勝手に苦々しく思ってた自分も本作を酷評するシャーロキアンと同根だったよなぁって。

            でも蒸気機関の普及前夜といった時代考証を意識した感じが僕には非常に面白く、日本人が時代劇を観るような感覚で旧き良き英国の空気に浸れましたよ。


            〈シャーロック・ホームズ〉関連記事:
            【最近読んだマンガ】もとなおこ「Dear ホームズ」1巻| 2011.10.19
            【最近読んだマンガ】もとなおこ「Dear ホームズ」2巻| 2011.10.22
            【最近みたDVD】「劇場版 名探偵ホームズ」| 2014.03.19
            【最近みたDVD】「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」| 2015.04.21

            〈バウンティ・ハンター〉関連記事:
            【最近読んだ本】ジャネット・イヴァノヴィッチ「カスに向かって撃て!」| 2010.01.15
            【最近読んだ本】ウィリアム・C・ディーツ「帝国を継ぐ者」| 2014.09.14
            【最近みたDVD】「ミッドナイト・ラン」| 2013.01.22

            〈ヴィクトリア朝、あるいは近代英国〉関連記事:
            【最近読んだマンガ】森薫「シャーリー」| 2008.07.13
            【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
            【最近読んだ本】岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.244
            【最近読んだ本】ダーリング・ブルース、ダーリング・常田益代「図説|ウィリアム・モリス」| 2013.11.05
            【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
            【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23

            〈スチームパンク〉関連記事:
            【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
            【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
            【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
            【最近みたDVD】「ワイルド・ワイルド・ウエスト」| 2013.06.14
            【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
            【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
            【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
            【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
            【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
            【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13
            0
              | books | 2014.12.07 Sunday | comments(0) | - |
              最近みたDVD
              「ワイルド・ワイルド・ウエスト」

              「ハンコック」のウィル・スミスと「イン&アウト」ケビン・クラインが主演、ハムレット俳優ケネス・ブラナーが悪役で「デスペラード」のサルマ・ハエックがヒロインのスチームパンクならぬニトロ・パンクな西部劇。
              舞台は1869年アメリカ西部、といっても史実とは違うifヒストリー…直情行動派のガンマン&沈着思考型の発明家が大統領直属の秘密捜査官として凸凹コンビを結成し、合衆国を恨む天才軍人をやっつける荒唐無稽+単純明快ストーリー。

              マカロニ・ウエスタンを彷彿とさせる洒落たオープニング・クレジット、そして正反対の二人が同じヤマで共同戦線を張るという刑事コメディ展開…更にバカ要素満点のローテク・ガジェットを繰り出して敵の操る巨大ロボに立ち向かう「ヤッターマン」的ギミックの数々、建国史をネタにした批判精神とウエスタンの基本である復讐劇も押さえた全部盛り状態ながらこなれた出来は見事な演出力!
              ウィルによるテーマ曲はS.ワンダーの「I wish」をサンプリング、7分超のPVには御大自身カメオ出演。

              僕は常々(背広とか革靴なんて日本の気候を無視した格好は馬鹿の猿真似だ)と思っているが、アメリカ人も気候を無視した猿真似ファッションだったんだな…しかし開拓時代の服装ってのは妙にカッコイイもんだ、それはともかくウィルの顔は中越典子と被ってる。笑
              ところでミス・イースト役のBai Lingは14歳までチベット軍にいた、正に特異な経歴の持ち主らしい。


              〈スチームパンク〉関連記事:
              【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
              【最近やってたゲーム】PS2ソフト「ワイルドアームズ アドヴァンスドサード」| 2012.01.06
              【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
              【最近みたDVD】「テイルズ オブ ヴェスペリア 〜 The First Strike 〜」| 2014.07.11
              【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
              【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
              【最近みたDVD】「アイアン・スカイ」| 2016.04.16
              【最近読んだ本】ガレス・L・パウエル「ガンメタル・ゴースト」| 2016.07.03
              【最近みたDVD】「移動都市/モータル・エンジン」| 2020.03.13


              *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

              『Wild Wild West - Original Theatrical Trailer』
              0
                | cinema | 2013.06.14 Friday | comments(0) | - |




                ↑ top