ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近みたDVD
「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

思わず借りちゃいましたよ、何故に新作枠だか分かりませんけど…同シリーズの3昨目「恋のチューインガム」は封切り当時に観ましたが、他は1作目と2作目「ゴーイング・ステディ」をTV放映で観ただけです。
「アメリカン・グラフィティ」の世界的ヒットにあやかって製作されたイスラエル映画で、原題は「ESKIMO LIMON」(英題「LEMON POPSICLE」)…なので舞台はテルアビブ、時代は5作目でも相変わらず50年代。笑
ショボい主人公ベンジーとモテ男ボビー&口先チャリポツ野郎ヒューイの3人が、恋というよりカラダ目当てに繰り広げる騒動を描くという王道の青春コメディ。

先ずはビーチでシャワー小屋を出歯亀(死語)、ライフセイバーの女性を狙って斬り込み隊長ボビーが溺れたフリでのマウス・トゥ・マウス…そして二番煎じのヒューイが真似すると、やっぱり男性セイバーが出てきて大失敗というお約束の展開。笑
本作のマドンナは、なんとボビーの可愛い妹ジニー!
ボビーは妹の友達に手を出す間、ベンジーを呼んで妹の勉強相手になれって…ナメられてるのか信用されてるのか、それにしても勉強させる気あんのか兄貴!笑
しかし3人がバイク乗る設定は好いね、ただしレースが小規模すぎたりと全体的にアメリカとは違う微笑ましさが子供っぽく庶民的。

兄貴の粋な計らいか、或いはヘタレと承知で任せてるのか…ますます仲を深めてゆくベンジーとジニー、どうせ毎度の如くフラれるに決まってるんだよなー?と油断してたら意外なオチ。
前2作マドンナと比べて断トツに可愛いジニー、体の線がやや太いのも好い!
ボビーがヒューイに「ヤれる」と紹介した女の子、振り向くと頬に大きな黒子ヘア…それ見てヒューイがジュースを「ブフォ!」と吹くのも鉄板ですなー、そういや必ずヒューイに八つ当たりされるMr.オクレ風のフロギーってレギュラー出演してるのに影が薄いね。
50sファッションの安っぽさは、却ってリアルなイスラエル感が。

全編エディ・コクランやチャック・ベリー、サム・クックなどのスタンダード・フィフティーズ・ナンバーが流れまくり…エンド・クレジットの異世界言語みたいなヘブライ文字が楽曲表記だけ英語で律儀ですな、しかし終わりがブツ切りなので再生機が故障でもしたかとビックリしました。笑
劇中に引用される「プレスリー入隊会見」のニュース映像を見て思ったのだけど、戦後のアメリカが世界に及ぼした影響力は計り知れませんね…本シリーズこそアメリカ癒着国の産物なのですが、イタリアやフランスの映画にもレヴィ・ストロースの著作を思い出させる断片がありましたし。

しかしながらアメリカほどの自由を若者に与えたくない思惑が、もしかしたら主役のベンジーが童貞で居続ける理由だったりしてね?
それはそうと、はとこのケダモノ娘フリーダは、もうちょい使い様があっただろ…あの女優を使いたかっただけなのか、中途半端で意味不明ながら強烈だわ。笑
もっとも、最高に意味不明だったのは“本作は後世に残すべき文化財の普及を目的として制作しました”っていう謎の断り書きだなー…Windowsに付属してるDVD作成ソフトみたいなチャプター画面といい、なんか商品としては不思議な印象が。


関連記事:
【最近みたDVD】「ポーキーズ2」| 2017.01.29
【最近みたDVD】「初体験リッジモント・ハイ」| 2017.03.31

〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
【最近読んだ本】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】杉浦茂「猿飛佐助」| 2009.09.04
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだ本】サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」| 2010.02.02
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Lemon Popsicle 5』


『lemon popsicle』
0
    | cinema | 2018.11.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近みたDVD
    「巴里のアメリカ人」

    原題「An American In Paris」、ジョージ・ガーシュウィンによる同名の交響曲や代表曲が全編に流れる'51年のMGMミュージカル映画です…実は昔スティング「Englishman in New York」という歌をヒットさせた時に、元ネタは本作なのだと思い込んでおりました。笑
    その「Englishman〜」が流行る前、ほんの一時期でしたがMGMミュージカルにハマっていた事がありまして…個人的にはフレッド・アステアの優美さよりジーン・ケリーのコミカルで力強いダンスに惹かれたのです、あの頃に見逃してしまった本作がワゴンセールで¥180?買うっきゃない!笑

    主演&振り付けのジーン・ケリーに対し、ヒロイン役は本作のためにスカウトされたレスリー・キャロンというフランスのバレリーナ…つまりドラマ的な演技経験という意味では素人同然の筈なんですが、如何にも(外人に心許さない小娘)って感じでキュートです。
    パリで終戦を迎えたジェリー(ジーン・ケリー)は除隊後も帰国せず、画家になる夢を叶えるべく芸術の都で絵筆を振るう日々…セットとは思えないセーヌ左岸の古い街並み、アパルトマンの無駄のない調度品と無駄のない動き!笑
    元ピアニストのアメリカ人アダム、現スター歌手のフランス人アンリの典型的ユーモア・トークもグーね!

    「パリもアメリカ人が増えたわね」という台詞で思い出したのはレヴィ=ストロースと中沢新一のサンタクロース本、第二次大戦で欧州の経済力は疲弊してアメリカの経済と文化が席巻する的な…イタリア映画「ぼくの伯父さん」でもチラッと触れていましたが、新たな文化の心気と喪われゆく伝統への感慨といった戦後ヨーロッパの屈折したムードをアメリカ映画である本作でも感じられる点はなかなか興味深いですな。
    「きっとアメリカ人が好きになるよ」という台詞の裏側にあるのは戦勝国で唯一、国土を脅かされなかった事への妬みか…それとも後から参戦して総取りしたようなアメリカへの恨みか?

    まぁストーリーは小娘の美貌に翻弄される大人達、というか筋書きで観せる映画でもないのでね…特に名画の世界に次々と入り込むラスト17分のダンス・シーンは圧巻です、もちろん今からすれば色々と野暮ったいんですけど。
    ちなみに作詞がアイラ・ガーシュウィンとありましたが、本作のために書き下ろしたのかなぁ?
    小柄でガッチリしたジーンもですが、出っ尻で太ももがパーンと張ったレスリー(個人的には堪りませんが)といい必ずしもプロポーションが好い訳ではない二人が華麗に舞い踊るからこその魅力というのもあるのではないかとも思ったり。

    監督はヴィンセント・ミネリ、amazonのレビューに“言わずとしれたあの大女優ジュディ・ガーランドの元夫でライザ・ミネリーの父親である。ちょうど1951年3月にジュディと正式離婚をしたばかりで、心気一転この作品にはかなり集中できたのか云々”とありました…個人的にはラストの妄想ダンスが元ネタ分からず世間が言うほど名シーンとは思えませんでしたが、数々のアカデミー賞を獲得しただけはありダンスだけではない魅力にあふれた作品だと思いましたよ。


    〈ミュージカル〉関連記事:
    【最近みたDVD】「オズの魔法使い」| 2013.03.11
    【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
    【最近みたDVD】「ロック・オブ・エイジズ」| 2014.02.26
    【最近みたDVD】「メリー・ポピンズ」| 2014.05.25
    【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28

    〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
    【最近みたDVD】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
    【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
    【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
    【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22

    〈50年代〉関連記事:
    【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
    【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
    【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
    【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
    【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
    【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
    【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
    【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
    【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
    【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
    【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
    【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
    【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
    【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


    *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

    『巴里のアメリカ人』(カンカン帽にステッキ突いて、まるで「メリー・ポピンズ」のディック・ヴァン・ダイクにしか見えませんけど・・・って本作が先なのね)
    0
      | cinema | 2015.10.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」

      東京美術という出版社の「すぐわかる」シリーズで初版は'08年、だけど紹介するのは70年代まで…僕を現代美術に目覚めさせたジョージ・シーガルは辛うじて載っていますけどフランシス・ベーコンは含まれないのね、なので僕を導いてくれた美術教師から現役時代の話を聞いた時の理解不足を今になって補っているような感覚になりました。
      彼は大阪芸大を出て教職に就くまで現代アートの徒だったらしく、休日には度々ギャラリー巡りに連れ出してくれて先生お気に入りのラウシェンバーグから当時の最先端だったキース・ヘリングスまでアート談義を聞かせてくれたものでした。

      僕は横浜の美術館で「印象・日の出」から強烈な体験を受けまして、以来モネをモダンアートの開祖と思っておりますが…美術史を怠けていたので、流派やシーンの系譜や位置付けを把握出来ていなかったのです。
      例えば僕は60年代のポップアートなんてデュシャンの出涸らしとしか感じないのですけど、その彼が属していたダダが戦前であった事も分かってなかったんですよね!笑
      ダダイスムはロック史に例えるならパンク・ムーブメントな訳ですが、その影響の深刻さはパンクの比ではなかったんですねぇ…それとポロックの重要性も、ようやく理解できましたよ。

      それと未来派って戦前だったんですね、というか好戦的かつ差別的でファシズムや優生学とも連動してたのを承知で坂本龍一は「未来派野郎」なんてアルバム出したのかとビックリです。
      戦後は疲弊した欧州を経済と文化の両面でアメリカが席巻する様子はレヴィ=ストロースの本ジャック・タチの映画にも皮肉めいて描かれていますが、美術史の流れを追うと実に明瞭ですな…昨今では中国の経済力が注目されていますけど、新たな文化を発信する力で見れば到底アメリカを凌ぐ域には達していません。

      個人的にはアーツ・アンド・クラフトは工芸だしバウハウスは商業デザインなのでモダンアートの範疇に入れるものではないです、如何に優れていようと思想的にファインアートとは方向性や性質が異なりますし。
      しかしクール・ジャパンだろうが、未だポップアートの枷を外せない現在のアート・シーンは無意味です。
      まさしく“そもそもなぜ芸術なのか、芸術は今もって必要なのか、誰のための芸術なのか、といった根本的な問題にいたるまで、出口の見えにくい模索を強いられている”のですなぁ。


      〈現代美術〉関連記事:
      【最近読んだ本】トーマス・マックナイト画集「Windows on paradise」| 2008.12.09
      【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
      【最近読んだ本】川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」| 2009.11.27
      【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
      【最近読んだ本】ドリ・ハダー「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」| 2012.12.22
      【最近行ったところ】企画展「アートと音楽 ――新たな共感覚をもとめて」| 2013.02.03
      【最近みたDVD】「痛みが美に変わる時 画家・松井冬子の世界」| 2013.04.28
      【最近行ったところ】「フランシス・ベーコン展」| 2013.05.07
      【最近みたアート】「アンドレアス・グルスキー展」| 2013.09.03
      【最近読んだ本】「アウトサイダー・アート」| 2013.11.08
      【最近読んだ本】「メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS 1997 - 2011」| 2013.11.14
      【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」 | 2014.10.05
      【最近読んだ本】齋藤芽生「徒花図鑑」| 2014.08.12
      【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
      【最近読んだ本】山下裕二(監修)「超絶技巧美術館」| 2016.08.03
      【最近行ったところ】「ボストン美術館の至宝展」| 2017.08.21
      【最近みたアート】「理由なき反抗展」| 2018.09.14
      【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
      【最近みたアート】「伊庭靖子展 まなざしのあわい」| 2019.09.13

      〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
      【最近みたDVD】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
      【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
      【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
      0
        | books | 2013.12.02 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近みたDVD
        「ぼくの伯父さん」

        '58年のフレンチ・コメディ、細野晴臣の評伝「Omni Sightseeing」を読んでから長らく気になっておりましたが遂にご縁を得ましたね…ちなみに主演のジャック・タチに関しては、同じく喜劇役者として知られたレモンの方と長らく混同しておりましたです。笑
        しかし結論から言ってしまうと、これは喜劇スタイルの記録映画でしょう…戦勝国として復興するフランスの街並みや文化を楽しむ分には面白いですが、おそらく本作を参考にしたであろう「寅さん」シリーズの方が可笑しいしホロリときますし分かりやすいですよ?

        一応ストーリーは金満家庭と奥方の兄が織り成すエピソードで、まともなのは子供だけでした…間抜けなお茶会といいカフェ周辺の腑抜け共といい、どいつもこいつも半端に馬鹿ばっか。
        そして真の主役は犬ですな、どんだけフランス人が犬を溺愛してるのかっていう風刺でしょうか…そしてアメ車か馬車かっていう描写は戦後アメリカ製品に席巻されたフランス経済を皮肉っているのかな、まさにレヴィ=ストロースの「火あぶりにされたサンタクロース」を地で行くようです。

        しかし伯父さんちは味のあるアパートだなぁ〜、観たら誰もが憧れちゃうよね!
        きっと佐藤雅彦も本作が好きなんだろうな、惚けた笑いの質が似てますよね?
        未来派住宅の滑稽さは、スマホやインテリジェント・ビルの一元管理やオール電化の危うさにいち早く警鐘を鳴らしていたように思うのは僕だけなのですかね?
        それと学校も会社も空港みたいなのは笑いどころかしら、それとも当時はそういうのが最新だったのか…冗長で意図が不明な場面の多さといい、コメンタリーで補足が欲しかったですよ。
        まぁ観どころは空の青さと古き良き街並みでしょう。


        関連記事:【最近みたDVD】「郵便配達の学校」| 2013.10.25

        〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
        【最近みたDVD】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
        【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
        【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
        【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22

        〈50年代〉関連記事:
        【最近聴いたCD】セロニアス・モンク「モンクス・ミュージック+2」| 2009.09.08
        【最近聴いたCD】オーネット・コールマン「世紀の転換」| 2009.10.05
        【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
        【最近聴いたCD】レスター・ヤング「プレス」| 2010.07.01
        【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
        【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
        【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
        【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
        【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
        【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
        【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
        【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
        【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
        【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
        【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
        【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
        0
          | cinema | 2013.10.28 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだ本
          クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密

          英語読みにすると「リーバイ・ストラウス」。
          という冗談が、過去に読んだ本にあったのを思い出した。
          それはともかく。
          知人であったメルロ・ポンティを介して、まだ無名に近かったレヴィが送った原稿は、サルトルが編集長をつとめる雑誌に発表された。

          その前年のクリスマスイブ、フランス中の新聞が書き立てた記事。
          サンタクロースが、教会から異端の審判を下されて火あぶりの刑に処せられた…?!

          すでに19世紀ではなかったが、まだ戦後といえる時代。
          ちょうど、こんにち当たり前に定着したアメリカンなサンタが欧州を席巻していった頃なのでした。
          聖ニコラウス由来説が定説となる前のキリスト教文化圏。

          そう、これは20世紀の神話に隠れた贈与の転換を語っている。
          プエブロの「カチーナ」や、サンタの先代にあたる「むち打ち爺さん」という真逆の存在と、ハロウィンから冬至に至る異教の祭りやトリンギットの「ポトラッチ」といった、死者への贈り物と秩序の交換の中で解釈する。

          後半は中沢新一による長い解説になっていて、それが知的スリルを一段と引き立てている。
          まぁ全部が理解できた訳ではないですが、充分面白い。


          関連記事:
          【最近読んだ本】岡田明憲「ゾロアスターの神秘思想」| 2007.12.25
          【最近読んだ本】レヴィ・ストロース「ブラジルへの郷愁」| 2009.03.15
          【最近読んだ本】秦寛博「悪戯好きの妖精たち」| 2011.05.17

          〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
          【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
          【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
          【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01

          〈クリスマス〉関連記事:
          【最近読んだ本】岡田明憲「ゾロアスターの神秘思想」| 2007.12.25
          【最近読んだ本】三島叡「光彩都市」| 2010.02.05
          【最近読んだマンガ】大島弓子「雑草物語」| 2010.03.25
          【最近みたDVD】「Holy Night in Cathedral」| 2010.05.06
          【本日の脳内BGM】CHRIS REA「Driving home for Christmas」| 2010.12.03
          【最近読んだマンガ】中村光「聖☆おにいさん」2巻| 2013.10.20
          【最近みたDVD】「東京ゴッドファーザーズ」| 2013.12.05
          【最近みたDVD】「TED」| 2014.02.05
          【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
          【最近読んだマンガ】蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語3」| 2015.10.12
          【本日の脳内BGM】PAUL MCCARTNEY「Wonderful Christmas time」| 2016.04.25
          【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
          【最近読んだ本】ジャネット・ウィンターソン「ライオンと一角獣とわたし」| 2016.12.15
          【最近読んだ本】「写真集 ラップランドの四季」| 2016.12.19
          【最近聴いたCD】BRIAN SETZER ORCHESTRA「LUCK BE A LADY EP」| 2017.02.15
          【最近みたDVD】「パパVS新しいパパ2」| 2018.06.19
          0
            | books | 2008.11.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top