ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近みたDVD
「ボーン・アルティメイタム」

前作のラストから(いよいよアメリカで大暴れか?)と思ってたら、ラスト前のモスクワ逃亡シーンから始まって3年後に話は飛びました。
今回は英国の新聞記者が得たCIA極秘計画の記事から新たな波乱が巻き起こります、悪名高きエシュロンが記者の通話を傍受して漏洩源を探る中でボーンが記者に接触…計画が公になる事を恐れるCIAと、失われた記憶を求めるボーンの執念の対決が再燃します。

自分を殺人マシンに変えた“踏み石計画”は1作目で破棄され2作目黒幕ごと消滅しました、ですがグレードアップ版の“黒バラ計画”が進行中であると知ったボーン…フラッシュバックで蘇る記憶の断片、自分が何故ボーンと名乗る殺人マシンになってしまったのか?

ナポリ〜パリ〜マドリッド〜そしてN.Y.へ、ここでまさかの前作ラストシーンが再現されるとはなぁ!
1作目から重要な脇役として連続出演してきたニッキーや前作で汚濁の中の良識を示したパメラは本作でも健在、対人ファイトやカーチェイスは前作レベルですが緊迫感はたっぷり。
唯一惜しまれるのはシリーズを通した主題歌のダサさで、前から(舌足らずな酔っ払いみたいな歌い方)とは思ってましたが…今回、字幕で訳詞を読んで(よくこんなの採用し続けたな)とビックリしましたよ。笑


〈ボーン・シリーズ〉関連記事:
【最近みたDVD】「ボーン・アイデンティティー」| 2013.01.10
【最近みたDVD】「ボーン・スプレマシー」| 2013.01.15
0
    | cinema | 2013.01.28 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近みたDVD
    「バーン・アフター・リーディング」

    ザ・つまんない映画。
    これをコメディの棚に並べるとはね…笑いではなく嘲笑だし、喜劇というより丁寧な悪意だと思いますが?

    ジョン・マルコヴィッチCIAをクビにされ、妻は離婚訴訟に先手を打って彼のPCから秘密ファイルをコピー…偶然そのデータを入手したのが全身整形したいフランシス・マクドーマンド、アホでガキな同僚のブラッド・ピットと組んでCIA情報の換金を画策。
    ジョンの妻と不倫中のジョージ・クルーニーは、ジョン不在の寝室で更なるデータを漁りに来ていたブラピを射殺してしまう…そんな入り組んだ群像劇です。

    妻の不貞を怪しんでいたジョンは、フランシスに好意を抱いて片棒を担いでしまう元神父のジム支配人を惨殺…肝心の情報といえば、ジョンがクビになった腹いせに書く筈の暴露本の下書きだったというお粗末。
    要は全員不幸になる話。
    笑いがあるとすれば、それは下衆インテリな嫌味。
    コーエン兄弟?紛らわしいんだよ、ファレリー兄弟と間違えた僕も僕だけど…なんかテリー・ギリアム監督の皮肉なユーモアを真似し損ねた感じ、もっと面白く撮る監督かと思ってた。

    まぁジョージが演じたようなタイプって現実にいそうだけどね、体型維持に必死な奴…役名がハリーだけに、ベラフォンテの「マチルダ」よろしくベネズエラ逃亡を謀るってのは個人的には可笑しかったけども。
    でも僕はジムの支配人リチャード・ジェンキンスが哀れで、手斧で頭を割られて死んだのがショックでした。
    しかし「ボーン・アイデンティティー」のシリーズを観てる途中に挟まれたせいか、CIAって不思議に思えてきました。笑
    0
      | cinema | 2013.01.21 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近みたDVD
      「ボーン・スプレマシー」

      マット・デイモン主演のボーン第二作です、前作ラストでエーゲ海に安住の地を見出した筈ですが…その後の2人に何があったのか、沈没外人のメッカで暮らしておりました。
      あれから2年を経ても殺人マシーン時代の悪夢に苛まれるジェイソン・ボーン、そんな様子を気遣いつつもマリーにとっては彼の危機意識は杞憂にしか思えない訳ですが。

      再び迫る追っ手と再び孤独となったジェイソンの復讐劇に、前作で明らかになり闇に葬られたCIAの極秘計画が絡んで参ります。
      ゴアからナポリへ向かうジェイソン、ジェイソンを利用した黒幕とロシアの石油成金、ベルリンでの謎解きからモスクワでの決着戦…手徒空拳で包囲網を突破してゆくジェイソンが、二差路のトンネルで光差す地上へと去る後ろ姿は印象的。
      荒々しく強烈なカー・アクションの後の、静かな謝罪のシーンのコントラストも見事です。

      ラストで遂にアメリカの地を踏んだジェイソンは、本名と出生の情報を得ます。
      という事は、ヨーロッパ中心に動いてきたシリーズも次作でアメリカに舞台を移すのかな?


      〈ボーン・シリーズ〉関連記事:
      【最近みたDVD】「ボーン・アイデンティティー」| 2013.01.10
      【最近みたDVD】「ボーン・アルティメイタム」| 2013.01.28
      0
        | cinema | 2013.01.15 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近みたDVD
        「ボーン・アイデンティティー」

        ボーン・シリーズの第一作、生死の境から目覚めた男が訳も分からず追い回される話です…といってしまうと退屈そうですが、多分シリーズ3作目が公開された位の時期から実は気になってたんですよね。
        その頃に誰かと映画談義をしていて薦められたか、その人の語り口に引き込まれてしまったのか…ともかくシリーズが一段落したら全作レンタルしようと思っていたのです、だけど映画熱が冷めてしまって一気観する気力が戻らぬまま今に至ったという次第なのです。

        実際、想像を裏切らない作品でしたね…キレの好い肉弾戦に緊迫感たっぷりの銃撃戦にパリ市街でのリュック・ベンソン監督作を思わせるカー・アクション、もちろんサスペンス要素とラブロマンスも入れ込みつつのアップ・テンポな展開。
        スパイ小説の映画化だそうですが、同じ殺人マシーン“教授”の演出は全編ウェットかつ寒そうな映像と相まって哀愁感たっぷりで…特典映像「もうひとつのエンディング」の昔っぽいベタな撮り方も逆にストレートに感情移入しやすく、捨て難いものがありました。

        そういえばマット・デイモンの映画って、ひょっとしたら初めて観たかも?(「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」へのカメオ出演は別として)
        単なる童顔とか思ってた訳ではないのだけど、充分にマッチョな体つきに下らない事を思ったりもしましたよ…(日本アニメに特徴的な童顔巨乳少女とは対極的な、童顔マッチョ青年の登場は“ハリウッド的セックス・シンボルの変容”を暗示しているのではないか?)なんてね。笑


        〈ボーン・シリーズ〉関連記事:
        【最近みたDVD】「ボーン・スプレマシー」| 2013.01.15
        【最近みたDVD】「ボーン・アルティメイタム」| 2013.01.28
        0
          | cinema | 2013.01.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近聴いたCD
          ポール・サイモン「ボーン・アット・ザ・ライト・タイム」

          '91年のベスト盤です。
          S&Gは割と好きでしたが、メイン・ライターだった彼のソロを聴くほどではなかったんですよ。
          アート・ガーファンクルとのデュオ時代は声が繊細なイメージがあったので、ちょっと意外でした。
          曲調もフォーク・ソングというよりもブルー・アイド・ソウルのような感じで、しかも今まで(これ誰だろう?)って思ってた歌が何曲もあったりして(例えばオザケン「ぼくらが旅に出る理由」の間奏でフレーズ丸コピしてた「Late in the evening」「You can call me Al」など)。

          でもトータルでは、それほど好みではないかも。
          いいなって歌はあるんだけどね、S&Gと比べてしまうせいかもしれないけど。
          誰が書いたのか、アルバム解説が何故か個人的なライブ感想記に終始してるのは意味不明です。
          0
            | music | 2009.12.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top