ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

本日の脳内BGM
MARIAH CAREY「Fantasy」
布袋寅泰「Glorious days」「Guitarhythm」
つボイノリオ「極付け!お万の方」
Dr. JOHN「Iko iko」
CYNDI LAUPER「When you were mine」
PRINCE & THE REVOLUTION「Raspberry beret」「Tambourine」
J-WALK「何も言えなくて…夏」
BILLY JOEL「Piano man」


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Mariah Carey - Fantasy』(個人的には唯一好きなマライアの曲で、PV前半のインラインスケートしたりローラーコースター乗ってる彼女が魅力的で好きです。因みにバックトラックの元ネタはトム・トム・クラブの「Genius of love」ですが、僕はこの曲での使われ方が好きです)


『Dr.John -IKO IKO- (with Sunday Night Band)』(僕はシンディ・ローパーのカバーで知ったのですが、元は「Jock-A-Mo」という曲だったそうで・・・ニューオーリンズのマルディグラ・インディアンは元々スラムの住人であり、更に辿ると白人社会に駆逐された原住民と逃亡奴隷マルーンとが形成したブラック・セミノールに由来するのだとか。因みにドクター・ジョンと共演しているメンツはマーカス・ミラーオマー・ハキムにハイラム・ブロックと超豪華)
0
    | B.G.M. | 2017.08.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近聴いたCD
    MILES DAVIS「THE MAN WITH THE HORN」

    '81年のアルバムで、その頃タイトル曲をよく耳にしたと思ったのですが…どうもマイルスの作品としては幅広くスルーされているようなんですね、特筆に値しないのか知りませんけど。
    まぁ実際「ジャズの帝王」とまで称されて新たな潮流を常に切り拓いてきたアーティストが作るアルバムではないのでしょう、この程度の戯れは他の誰かでも出来るんだからマイルスは誰もが思い付かないジャズを演れっていう事なのかも。
    それに本作は全6トラック中2曲がランディ・ホールとロバート・アーヴィング3世なる人物による作編曲で、その1つが何とタイトル・ナンバーなのですよ。

    表題曲ではランディが印象的なミニムーグとボーカルの他コーラスなどを、ロバートはピアノとエレピを担当…そこにワウ・ペダルを使用したマイルスのホーンが絡み、他のメンツは知らないので省略しますがビル・エヴァンスと同姓同名の別人も聴き取れないながらソプラノ・サックスで参加してるようです。
    「Shout」は、おそらくイントロが当時のFM番組でジングルに使用されていた筈…こちらはランディがミニ・ムーグでロバートがエレピ、この2曲だけ別編成なんですがジャズのアルバムには珍しく録音日が記されておらず詳細は不明。
    このポップな2曲は、他の曲より際立った印象です。

    他4曲は件のビルと後に「TUTU」でプロデュースまで任されるベースのマーカス・ミラーにギター&ドラムス+パーカッションという編成ですが、僕には精彩を欠くように感じられました…1曲目「Fat time」ではマイク・スターンがギターを弾いてますが、初期カシオペアばりのフュージョン系ギター・サウンドは「Shout」も同様ですが時代のニオイが強く出てますな!
    全体的に「上手いミュージシャンが気乗りしないセッションをやっつけてる」といった気がしました、無駄に長いのもライブ音源じゃないんだからっていうね。
    もしや、御大マイルスだから我慢して付き合った?笑

    フュージョン色を排したラストの「Ursula」は、不穏な緊迫感を漂わす10分を超えるナンバー…もしマイルスがE.S.T.に出会うまで生きていたら、なんて想像を巡らせてしまいました。
    しかし個人的にはマーカスのベースって、どうも空虚で惹かれるものがまったくないんだよな…その無色無臭なインテリジェントさこそが、むしろ使い勝手のよさと言えるのだろうけど。
    まぁ本作は表題曲を久々に聴けただけでも充分ですわ、Amazonで¥1だったし。笑
    「The man with the horn」は、アジムス「Fly over the horizon」と並ぶフェンダーローズの幻想的な名曲だと改めて思いましたよ。


    〈マイルス・デイヴィス〉関連記事:
    【最近聴いたCD】V.A.「クロスオーバー・イレブン」| 2008.05.09
    【最近聴いたCD】マイルス・デイヴィス「TUTU」| 2009.05.16
    【最近聴いたCD】「マイルス&コルトレーン」| 2012.11.11
    【最近聴いたCD】マイルス・デイビス、スタン・ゲッツ「レア・ライブ」| 2012.11.14
    0
      | music | 2016.09.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近聴いたCD
      SUICIDAL TENDENCIES「Freedumb」

      これも「同僚オススメCD」シリーズです、スーサイダル・テンデンシーズというと僕は'94年頃にバイトが一緒だったバンドマン達を思い出しますが本作は'99年リリースみたいです。
      同僚いわく「スーサイダルもアルバム毎に結構違う」そうで「本作以降はレッチリっぽい」らしく、ベースがスラップしてるのも本作からだそうで「以前はスラッシュぽいけどスラッシュとも違う感じだった」と。

      しかしメンバーはツイン・ギターの4人編成でベースはメンバーじゃないんですね、基本的にギターは2人とも同じポジションのコードをユニゾンしてるようで単純ですが分厚いです。
      そしてベースの音は如何にもアクティブ・サーキットの抜けが良いドンシャリ、当時のマーカス・ミラーとかに似た個人的には最も心惹かれない音質でスラップも凄いって程じゃなくて。
      ドラムスもツーバスではありませんがX-JAPANみたいな感じで早くて正確です。

      ジャケ裏のロゴマーク調イラストに“CYCO PUNK”とあるので、彼らのジャンルはサイコ・パンクなのでしょう…サイケデリック・ロック+パンク・ロック、ではなくサイコビリー+パンクなのだと思いますが。
      といってもサイコビリー自体が今ひとつ分からないんですけどね、ロカビリーあるいはヒルビリー要素が感じられないのは彼らに限った話でもないんですけど。

      ブレイクやアクセントの付け方が凝っていてライブは盛り上がりそうです、しかしながら演奏するとなるとパワーコードで一本調子なので逆に覚えてるのが難しいんだろうな…まぁ聴いてる方も欲求不満で血の気の多い年頃ではないせいか、どれも同じに聴こえます。
      全14曲40分、まるでラスト1曲のための長い前奏だったんじゃないかって思ったりもしましたが…ラストだけ別のバンドかって位テイストがレッチリで、もしや長い前奏でダレてたせいなのか非常にカッコ好い曲に聴こえるのですよね。
      「同僚オススメCD」シリーズその6
      それとラスト前の「Gaigan go home」ですが・・・“ガイジン、カエレ!”って、なんで?笑
      0
        | music | 2013.07.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近みたDVD
        「ヒップホップ・プレジデント」

        先日の「俺たちニュースキャスター」に予告編が収録されていて、面白そうだなと思ったらレンタル屋にあったので借りてきました。
        黒人でストリート育ちの兄ちゃんが大統領に、っていう設定だけなら「アリ・G」の二番煎じですな…それ故に大きく外す事もなく手堅い気がして、あとは先日の「ソウルメン」が遺作となったバーニー・マックで楽しめるのではないかと。

        しかしDVDプレーヤーとしても使用してきたPS2が不調で、このところ読み込み不良が頻発してます…ゲームソフトは平気なんだけど、DVDだと盤面も本体レンズもクリーニングしたのに効果なしですよ。
        遂に買い換え時期かなー、まぁ7年以上は活躍してきた訳だから仕方ないかぁ。
        なんて話は置いといて。

        主人公はGジャンにカーゴパンツの黒人青年で、こないだの「架空レコード・ジャケット」アーティストが育った頃から既にお上品とは言えなかったワシントンD.C.の一角で住民から頼りにされてる区議会議員。
        とはいえ市民の味方の貧乏な青二才、彼女に去られて車を差し押さえられて議員もクビにされてしまい…ところが大統領選挙に敗北確定の某党の、次期選へのイメージアップ(というか当て馬)に担ぎ出されてしまいます。

        本作が公開された翌年に米国史上初の黒人大統領が誕生してしまうのだから、現実の方が一枚上かな?笑(←間違いました、下の追記をご参照ください)
        バーニーはクリス・ロック演ずる主人公の兄貴役で登場、これがイイコト言うんだよねー!…「お前は労働者の味方だ、それを忘れるな」とか「自分の言葉で話すんだ」ってね、コメディなのに感動しちゃったよ。
        そうなんだ、この世の中はおかしいんだ…だからエスタブリッシュが情報操作に励んだって、バラク・オバマは再選したんだなぁ。

        正直なところ(すげー面白れー!)って事はないです、ただアメリカ国民じゃなくてもラストのスピーチはグッとくるかも。
        音楽を担当したマーカス・ミラーのサウンド・トラックやヒップホップ勢に混じって、トランプスやバー・ケイズが流れたのにはちょっと笑いましたが。


        追記:すいません、本作の公開は'03年でオバマ氏が大統領選に立候補したのは'08年でした!
        ちょうど'04年の大統領選の直前に出版された「マイケル・ムーアへ」という本を読んでいて、何か違うと気が付きました。
        ちなみにオバマ氏のWikipedhia情報を読んだら“合衆国上院議員”という項目にこうありました。
        2003年1月にアメリカ合衆国上院議員選挙に民主党から出馬を正式表明し、2004年3月に7人が出馬した予備選挙を得票率53%で勝ち抜き、同党の指名候補となった。対する共和党指名候補は私生活スキャンダルにより撤退し、急遽別の共和党候補が立つが振るわず、2004年11月には、共和党候補を得票率70%対27%の大差で破り、イリノイ州選出の上院議員に初当選した。アフリカ系上院議員としては史上5人目(選挙で選ばれた上院議員としては史上3人目)であり[38]、この時点で現職アフリカ系上院議員はオバマ以外にいなかった。

        (私生活スキャンダルにより撤退した指名候補に替わって、急遽別の候補が)という部分は、本作と見事に重なっているんですね・・・'03年の映画が予言していたのは5年後の「初の黒人大統領」だけではなく、上院議員選ではありますが'04年の共和党ドタバタ劇もだったのでしょうかね?


        〈クリス・ロック〉関連記事:
        【最近みたDVD】「エージェント・ゾーハン」| 2015.07.20

        関係あるかもしれない記事:
        【最近みたDVD】「アンダーカバー・ブラザー」| 2014.11.03
        0
          | cinema | 2013.01.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近聴いたCD
          DAVID SANBORN「Closer」

          唐突ながら「サキソフォン聴き比べ3連発」と題して、ジャズのサックス・プレイヤー3名のアルバムを聴いてみる事にしました。
          まずはデヴィッド・サンボーンですよ、古今東西あちこちでクレジットされている人気者でありますがリーダー・アルバムを聴くのは本作が初めてなのです。
          '04年のリリースにしてはジャケ写が若々しくて意外でした、でもアラウンド還暦なんですね…ジョー&ビングだとか、カシオペアのデビュー作に参加した頃はハタチ前後だった訳かぁ!

          マーカス・ミラーと組んだ80年代には自身のルーツ・ミュージックというR&B色が濃かったようで、スティーヴ・ガッドらベテラン勢と気鋭の若手を配した本作でもジェームス・テイラーの原曲以上にアイズレーの熱演で知られる「Don't Let Me Be Lonely Tonight」をカバーしています。
          その他チャップリンの「Smile」やホレス・シルヴァーを2曲も取り上げるなど、ちょっと意外なカバーを中心とした11曲を収録。

          個人的にはフェンダー・ローズがミステリアスに響くオリジナル曲「Another Time, Another Place」が好みです、アジムス「Outubro」J.J.ジョンソン「Aquarius」に似た静けさで。
          しかしアルト・サックスって名前のイメージほど低音を感じないですね、もしやテナーの方が低いのかな?
          ソプラノは木管らしい音色が快いのだけど、アルトは倍音のせいか半端に甲高い耳障りな瞬間があるのです…スムーズ・ジャズ的な本作も、BGMのボリュームでは聴けてもライブの音量だと頭痛がしてきそう。笑


          *以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

          『Don't Let Me Be Lonely Tonight - David Sanborn with Lizz Wright on vocals』


          『Smile by David Sanborn (HD version)』
          0
            | music | 2012.12.23 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
            最近聴いたCD
            ジョージ・ベンソン&アル・ジャロウ「ギヴィン・イット・アップ」

            '06年の作品。
            いつかきっちり聴こうと思いつつ機を逸していた、アルの美声が目当てでした。
            コラボ相手がウェス・モンゴメリーのオクターブ奏法を継承したCTI出身のフュージョン系ギタリスト、これで悪かろう筈がない!
            だけど率直に申しますと、残念ながら僕には期待値を下回るアルバムでした。
            よく言えば卒がない、そこそこで粒が揃っています。
            ただ華がない、というか(この程度?)っていう…。

            いきなりパーカッシブ・ボイスで始まる、ベンソンのヒット曲「ブリージン」で(おぉっ?)と来る訳です。
            こないだ聴いたマイルスの「TUTU」に歌を乗せるのも面白い、でも全体にそれ以上でも以下でもない。
            サマー・ブリーズを歌い上げるのはアイズレーで充分、なぜかスタンリー・クラーク「Funny how times flies」みたいなアレンジ(彼も参加してるけど、これはマーカス・ミラーが弾いてます)。
            サム・クックのカバーでは、大々的にフィーチャーされてる肝心のマッカートニーが効いてなかったし…。

            パトリース・ラーシェンにパウリーニョ・ダ・コスタ、ハービー・ハンコックやエイブラハム・ラボリエルの他にパティ・オースティンetc..これで肩透かし感なんて信じられます?
            そしてマーカスがいると何でも印象が似ちゃうなー、とか思ったりもして。
            まぁプロデュースには関わってないので、単にこれがコンテンポラリーなジャズの味なんでしょうけども。
            0
              | music | 2009.09.29 Tuesday | comments(0) | - |
              最近聴いたCD
              マイルス・デイヴィス「TUTU」

              まず最初に思い出したのは、かつてグラフィックの授業で課題に選んだ事だ。

              南アフリカのアパルトヘイトに注目が集まっていた時代に発表された本作は、ツツ司教の名を冠している。
              マンデラ氏の名を織り込んだ曲も収録されている、それだけで僕は充分だった。

              そしてようやく、当時はジャケットでしか知らなかった本作を聴いた。
              あまりに偉大すぎて理解できないのだ、ずっとそう畏れて避けていた。
              でも彼の伝説はモダン・ジャズまでの革新ではないか?と今は思う。
              本作はマーカス・ミラーが指揮を執り、マイルスは曲に乗っているだけだ。
              だけ、というのは失礼だしロック/ポップスのスタイルを初めてジャズに導入した点では斬新なのだが。

              悪く言えば、ジャズが死んだ事は前作までのブランクで気付いていたのだろう。
              ジャズがジャズとして進化した時代は、すでに終わっていたのだ。

              マーカスの弾く('80年代のアクティブっぽい音)は、ベースとしては個人的に好きではない。
              それと共演が叶わなかったプリンスの影響が、何故かラスト曲に感じられる。
              具体的には「17days(Extended ver.)」からサンプリングしたような音が多い。
              マーカスは何を意図したのだろう?


              関連記事:
              【最近聴いたCD】「マイルス&コルトレーン」| 2012.11.11
              【最近聴いたCD】マイルス・デイビス、スタン・ゲッツ「レア・ライブ」| 2012.11.14
              【最近聴いたCD】マイルス・デイヴィス「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」| 2016.09.08
              0
                | music | 2009.05.16 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |




                ↑ top