ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近読んだ本
清川あさみ(絵)、金原瑞人(訳)、新良太(写真)「シートン動物記 狼王ロボ」

初版'15年、リトルモア刊…先日の新聞で本書の表紙を見て、気になっていたら図書館で見付けましたよ。
しかし新聞記事もですが、本書も表紙から清川メインで奥付けも彼女が筆頭ですよ…元モデルで今は写真に刺繍を施す作風で評判の若きアーティストなのだそうですが、本書の絵には刺繍の痕跡が感じられません。
まぁ刺繍しなくても構いませんけど、それじゃあ単に写真家の撮った狼にコラージュ&彩色しただけか?笑
まったくショボいな清川、まぁマスコミと上手く儲けてくれ…なので彼女の“作品”は眼中なしで物語に関してね、因みにロボはロボットじゃありませんよ?笑

シートン動物記、いや懐かしいわ…子供の頃に散々読んだ覚えがあります、狼王ロボの話も読んだ筈なのですが完全に忘れてました。
灰色熊のラストシーンが強烈に焼き付いてしまっていて、そちらと混同しておりました…流石にファーブル昆虫記とゴッチャにはなっていませんでしたけど、それ位かなり遠い記憶でね。
本作の舞台となるのは、かつてスペイン語圏のメキシコ領だったアメリカ南西部に広がる放牧地帯カランバ…ロボとは「La bamba」で知られるバンドのロス・ロボスと同じで、スペイン語で狼を意味する言葉です。
1893年、シートンは噂の狼王を退治に出向きました。

高い知能を持ち、カウボーイや羊飼いを恐れさせた灰色の狼…一際大きい体格で少数精鋭の仲間を従え、賞金が懸けられても決して捕まる事はなかったけれど。
幾度も裏をかかれながらもシートンは、彼らの足跡からロボの癖や統率の乱れを察知します…地面の痕跡から追跡対象の様々な情報を読み取るトラッキングという技術はインディアンだけの知恵かと思っていましたが、シートンはどこで誰から学んだのでしょうな?
人類の発展と幸福は、少なからず獣の縄張りを奪っている事実…そこで獣が家畜を襲うのは自然な成り行きで、故に獣は人に仇なす存在と見なされ殺されます。

野生動物を擬人化するのは神話の時代から物語の常套手段ではありましたが、現代ではゴミのポイ捨てや身勝手な餌付けで獣が人慣れするなど深刻な事態に直結してしまう危うさが顕在化しています…例えばアライグマを飼い切れず放棄したりキタキツネに接触して伝染病に罹患したりといったように、本書もまた野生動物のロマンチックな物語を鵜呑みにする無知な都会人に誤解の種を蒔く結果になりはしないかという心配が僕の中で頭をもたげてくるのです。
先日みた「もののけ姫」に描かれていたテーマにも、こうした力関係のもたらす悲劇が含まれていましたが。
もしかしたら原罪とは、この呵責なのかもしれません。


〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ウィリアム・アンダーソン「ローラの思い出アルバム」| 2012.01.22
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC TWO)| 2015.10.22
【最近みたDVD】「許されざる者」| 2015.11.04
【最近みたDVD】「ロング・ライダーズ」| 2015.12.10
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
0
    | books | 2017.05.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだ本
    比留間幹「給水塔」

    初版'15年、リトルモアより出版された写真集です。
    給水塔というのは、往時の高層ビル…といっても5階ぐらいの高さだと思いますが、落差を利用したサイフォンの原理な何かで上水を汲み上げる建築物ですね。
    安定した電力供給と強力なモーターの普及で過去の遺物と化してしまい、いつの間にか目にする機会もなくなってしまいました…思えば僕も最後に見たのは、20年ほど前にワタリウム主催で美術館周辺をオリエンテーリングした時かも?
    北青山〜表参道の華やかな街も路地を入ると一昔前の団地が幾つか残っていたんです、僕が育った団地と似たような給水塔があって。

    給水塔って見た目では機能が予想つかない、妙に非日常感があるんですよね…それが何かを知っていても、風景をシュールに変えてしまう存在感があるのです。
    本作に収められた、様々な姿をした給水塔…どんな景色も宗教画じみた荘厳さを帯びて見えます、単なる高所に送水する施設なのに。
    そして町が消え去った後も塔だけは残され、そこに新たな町が生まれる時を待つかのように佇んでいます。
    おそらく、かつてその役割は井戸が果たしてきたのでしょう…でもヒトが住み処に穿ったヘソはいつしか反転し、大地にインプラントされた旗印あるいは創世神話の世界樹となりました。

    あとがきで作者は“ベッヒャーによる「給水塔」の写真集を知ったのは20年以上も前(中略)その存在は、自分に対し同類の被写体を禁忌と位置づけるためには充分以上だった”と、正直に二番煎じである事を告白しています…つまり不勉強を棚上げして得意がる素人感覚の似非写真家ではないのですね、作品を見れば作者が写真を勉強されている事は感じるのですが特に学校や師事を経ない独学というのは意外に思えました。
    作者が「フィールド・オブ・ドリームス」に例えた、自分が媒介でしかなく撮らされている感覚…この神憑った光景を眺めていると、疑う気にはなりませんね。

    全47都道府県を網羅した63葉、どれもが奇蹟に立ち会ったかのような気持ちにさせられます…これって給水塔の秘めていた魔力なのでしょうか、今まで僕は本当に世界を見ていたのだろうか?と揺さぶられるような衝撃を受けました。
    古代の遺跡のような、中世の古城のような…異界の交信施設にも極秘計画の痕跡にも見えるそれは、過ぎ去った時代の名残なのです。
    給水塔(←左クリックで拡大表示されます)
    0
      | books | 2016.04.03 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      本城直季「本城直季写真集 small planet」

      初版'06年のリトルモア刊、タイトルだけでなく表紙に使われた写真を見ても前に読んだミニチュア人形の写真集を連想しますが。
      これ、本物なんだぜ…?笑
      もはやフィルムを使用する、いわゆる銀塩カメラの理屈では不可能なんですね。
      都市を低空から見下ろす構図からするとヘリコプターで撮影した筈ですが、その振動でもブレないシャッター速度でこのシャープなフォーカス…しかも風景写真で近景と遠景をボカすのは、大判カメラのティルトですか?

      感度が高いフィルムほど粒子が粗いというのは過去の常識なのか、そう考えるよりもデジカメ撮影のデジタル編集と考えた方が辻褄も合うんですよね…実際、フリーの画像編集ソフトでも「トイ・カメラ」風の調整が出来ちゃったりするし。
      ピンぼけをシャープにする機能や色調を均一化したり彩度を上げたりする機能もある、それらの組み合わせで現実の光景をミニチュア化する事は知識があれば僕レベルの素人でも可能なんだろうと思えるのですね。
      だけども本書は単純に、観ていて面白いんですよ。

      巻末に寄稿している佐藤雅彦の言葉を借りれば“この時の我々の脳の仕事が我々にとって、新鮮で楽しくてしょうがないから”なんだろうなぁ、作者のあとがきにある“人は一つのものに囚われると局所にものを考えて見るくせがあります。すぐに原因結果を求めてそれだけを見ようとします(中略)一歩退いてものごとを見ると様々な答え、結果がでてきます”という指摘は箴言ですねぇ…作者の哲学、というと大袈裟に聞こえますが思想に貫かれているから見飽きないのかも。
      ところでトイカメラ風に見えるのは、僅かな画素数の差違を無効にしてるのかな?


      追記:amazonレビューによりますとMiklos Gaálなる方が先行者らしいですが、本書は2006年度の木村伊兵衛賞を受賞したそうです。


      〈ミニチュア〉関連記事:
      【最近読んだ本】パラダイス山元「ザ・マン盆栽百景」| 2009.05.26
      【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
      【最近読んだ本】スリンカチュ「こびとの住む街 2」| 2013.08.28
      【最近みたDVD】「俺たちサボテン・アミーゴ」| 2013.08.29
      【最近読んだ本】MINIATURE CALENDAR(田中達也)「MINIATURE LIFE」| 2014.05.26
      【最近みたDVD】「ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-」| 2017.09.18
      【最近みたDVD】「ダウンサイズ」| 2018.09.23
      0
        | books | 2014.10.08 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだ本
        MASATAKA NAKANO「TOKYO NOBODY」

        誰もいない。
        90年代の東京が、ポラロイドのような色調の中で音を立てずに佇んでいる。

        そうだ、青海(お台場)や天王洲はこんなだった。
        見覚えのある景色、いつか見た筈の街並みが。
        静かな白日夢に浮かぶ。
        まるで劇場版「パトレイバー2」の一場面、戒厳令下の東京そのものだ。
        ずっと見ていると、自分独りが停点の中を歩き回っている錯覚に囚われてくる。晴れた空の下、どこに行っても人がいない。
        これは自分が望んだ光景かもしれない、最も地球に優しい世界…。

        そこまで入り込んで、ふと我に返った。
        どうやって撮ったんだ?
        ある程度は、夏場の早朝であれば難しくはない。
        しかし渋谷の駅前や、首都高をこの角度で撮る事は容易じゃないだろう。
        ましてバイ10でなど…否、だからなのか?
        全焦点の、非常に深い絞りと低感度フィルムで。
        '98年の、豪雪で閉鎖された高速を担いで上がった?

        著者の名は、そういえば80年代のニューヨークを撮った写真集も同じだったと思い出す。
        そしてリトルモアの出版といえば、子どもの撮った写真集を思い出した。
        '00年刊行。
        今ならCG編集で簡単に作れそうだけれど、この色合いはデジカメじゃない。
        実に懐かしい色だ。


        〈無人の街〉関連記事:
        【最近読んだ本】阿久井義孝、伊藤千行「水辺の生活誌 軍艦島」| 2008.03.10
        【最近読んだ本】小野一郎「ウルトラバロック」| 2008.10.13
        【最近読んだ本】谷川渥「死都」| 2009.02.13
        【最近読んだ本】九龍城探検隊(写真・文)、寺澤一美(絵)「大図解 九龍城」| 2009.11.30
        【最近読んだ本】本山周平「Luxembourg, The Netherlands」| 2011.02.10
        【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
        【最近みたDVD】「THE LAST 7」| 2013.12.21
        【最近みたDVD】「エンド・オブ・ザ・ワールド」| 2014.01.27
        【最近読んだ本】小林伸一郎「亡骸劇場」| 2014.08.03
        【最近読んだ本】中筋純「流転 緑の廃墟」| 2015.12.12
        【最近みたDVD】「劇場版infini-T Force ガッチャマン さらば友よ」| 2019.05.08
        【最近みたDVD】「リヴォルト」| 2020.04.13

        〈中野正貴〉関連記事:
        【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「MY LOST AMERICA」| 2009.01.23
        【最近読んだ本】中野正貴「東京窓景」| 2011.11.16
        【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
        0
          | books | 2009.09.18 Friday | comments(0) | - |
          最近読んだ本
          「childlens」

          タイトルどおり、就学前のチビッコたちが主役の写真集。

          しかし作者というか撮影者が不明、出版社名だけ目についたんだが…?

          事務所に属してそうな昨今の垢抜けた子供と違う、だけどそこそこ小綺麗でオシャマで屈託ない表情。
          とはいえリトルモアからの初版は'03年ですから、今時の子供が違うように見えたって本当は同じなんだよね。

          どう見られるかなんて気にしないで、むき出しでキョロキョロしてて散らかし放題で…。
          最高だよ、オマエらの生き方って!爆

          画家や詩人は、極めたスキルを捨てて子供の感覚に立ち返ろうとするじゃない?
          こうして一瞬を切り取って眺めると、少し分かるような気がするんだ。
          現実には伊武雅刀の言う通りでさ、振り回されるし手が掛かるしで、イライラハラハラするんだけどな〜。笑

          でも好いんだよ子供らは、そう笑ってれば。
          君たちが好き勝手に生きてるだけで。
          この世界が、本当は愉快な場所なんだって思えてくる。
          なんでだろ、なんだか見てると有難い気持ちになっちゃったんだよね。
          子供のいる世界って素的だなぁ…ていうかさ。

          …これ、もしかして君らが撮った?!
          チャイルド=レンズ?


          〈子供写真〉関連記事:
          【最近読んだ本】豊田市美術館・編「内なるこども The Child」| 2009.03.10
          【最近読んだ本】菅洋志・編「キッズフォトグラファーズ 盲学校の23人が撮った!」| 2014.02.09
          【最近読んだ本】新倉万造×中田燦「大人の写真。子供の写真。」| 2014.08.15
          【最近読んだ本】新倉万造×中田燦×中田樂(撮影)、中田諭志(文章)「大人の写真。子供の写真。II」| 2014.08.24
          【最近読んだ本】ワンダーアイズプロジェクト(編)「ワンダーアイズ」| 2015.06.17
          【最近読んだ本】グレッグ・ペンブローク「うちの子が泣いてるワケ」| 2015.08.18
          【最近読んだ本】須藤夕子「Catch Your Smile!」| 2016.09.25
          0
            | books | 2009.01.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top