ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近読んだ本
大鹿智子「T.M.K. Illustrations 大鹿智子作品集」

更に続くサブタイトルが「空きビルの中庭から『それにもかかわらず私たちは恋をする』をうたうソプラノがきこえてきた。」って、もうそういうの結構ですから…それと各作品のタイトルが意味不明なのもね、まぁ初版が'93年ですから時代的に致し方ないにせよ。
やはり作品名って妙に捻らない方がいいもんです、きっと作者も今頃は身悶えするほど後悔してる筈。笑
これがまた残念な位、好い絵なんです…もっと素直な名前を付け直してあげたらと思います、いちいち題名でイメージ下げてるもの。
リブロポート刊、かえすがえす惜しい出版社でした。
大鹿智子作品集1 (←クリックして拡大できます)
大鹿智子作品集2 (←クリックして拡大できます)
0
    | books | 2016.02.23 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだ本
    佐々木悟郎「佐々木悟郎作品集II/Cahier」

    カイエ、と読むようです。
    初版'91年、発行元はトレヴィルで発売元はリブロポート…“「ウォーターカラー」から4年振り”の作品集で、102点ものイラストを収録しております。
    作者を知ったのは、確か青年誌のコラム的な書き物に添えられていた小さな挿し絵だったような…それから作品を見かければ気に留めていて作者の名前も知るに至ったのですが、てっきりカラーインクで描いているのだとばかり思っていたので水彩画とは意外でした。

    80年代(特に前半)のイラストレーションは、鈴木英人や永井博を筆頭に「アメリカ的なモチーフ」が主流だった印象があります…広告写真でも浅井慎平などが思い出されますが、そうした傾向はもしかしたら(手が届きそうな憧れ)があったのかもなぁという気も。
    しかし僕の印象では80年代の後半に頭角を現した佐々木の場合は、同じ「アメリカ的なモチーフ」ながらも所謂(旧き良き時代への憧れ)を描いていました。
    単に題材が懐古的なのではなく、意図的な省略と滲みの効果が映像表現の回想シーンを思わせるのですね。

    「隣の芝生は青い」と言いますが、それも眺め飽きて(最も青々としていた頃)を夢想するまでに至ったのか…なんて、勝手な想像を膨らませてしまったりも。
    といっても佐々木は昭和的な日本や静物といったモチーフも描いていたのです、けれども静物を描く際には割と普通に水彩画なんですね…得意の滲みボカシを使わない静物画にも懐古的な雰囲気が感じられるのは不思議ですが、何故か安西水丸の作品を連想させます(もしかして二人は同じ時代のアメリカでデビュー前のキャリアを積んでた?)。
    合間に挿入されているエッセイにも、安西水丸の文章に近い感じがしました。
    佐々木悟郎作品集II/Cahier1
    佐々木悟郎作品集II/Cahier2


    関連記事:
    【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
    【最近読んだ本】和泉 勇・訳「182人のイラストレーターが描く 新訳 イソップ物語」| 2012.01.10
    0
      | books | 2015.08.25 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      村上陽子「風のなりゆき」

      作者の写真を、初めて見たのは「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」か…夫が綴る、アイルランドへシングルモルトの蒸留所を訪ねる旅の話に添えられていたウィスキー・キャットたちやくすんだ風景だった。
      その文章に劣らず、まるで独立した目線で旅をしているような写真が印象に残った…いうなれば(この件りではこういう写真)という挿し絵的な役割とは微妙にズレた色味や構図で、無論スナップは望みどおりにはいかないにせよ文章に合わせる事を念頭に置いて撮られたように見えなかった。

      次に見たのは「遠い太鼓」だったか「雨天炎天」だったか、移住した地中海の島での日々を綴った夫のエッセイに添えられていた写真だった…今度は旅とは違って日常だけれども、どこか仮住まいの視点を伴う文章と同じような雰囲気を感じさせる風景を収めていた。
      それを「センス」と一言で済ませずに言い表せない事がもどかしく感じられる。
      本書に収められたのは、いわばそれらのアウトテイクだろうか…出版は'91年だから、そうかもしれない。
      因みに出版社は個人的に好きなリブロポート、造本を平野甲賀が手掛けている。

      巻末のプロフィールには“1986年から'89年にかけての3年間、夫の仕事の関係でイタリアとギリシャに住む。
      出発直前、夫からα-9000をプレゼントされたのをきっかけに写真を撮り始める”とあり、おそらくは高級一眼レフのAE(自動露出)とAF(自動焦点)機能で気の向くままにシャッターを切っていったのであろう。
      膨大な枚数を撮ってベストショットを寄せ集めれば、などと訳知り風に分析してみても僕自身が納得できない…確かに(写真は場数)と思う反面、そうそう奇跡的なショットは偶然に撮れたりはしないものだからだ。

      合間に綴られた小文も小気味好く、写真の味わいを引き立てている…といったら失礼だろうか、引き立て合っていると言っておこう。
      そこに人物がいればドラマ性を感じ、動物たちがいれば空気の温度や匂いを感じる…猫たちの目は鋭く、ペリカンの意味不明な尊大さも充分に伝わってくる。
      カルバドス島のロバも、ミコノス島のつつき鳥も干し蛸でさえも存在を強く主張している…そう見えるのは、よそ者の視点だからか?
      0
        | books | 2014.02.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだ本
        平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」

        '85年、リブロポート刊。
        本書は、装幀家の仕事を網羅した作品集である。
        この出版社には、メインストリームのこぼれ球を独特の審美眼ですくい上げてくる…というような印象がある(特に80年代)。

        装幀を辞書で引くと、書物の体裁を作る装本技術と表紙デザインだけを指す2つの意味があった。
        今は主に後者であり、そう考えると音楽アルバムのアート・ディレクターと何が違うか全然わからない。
        レイアウト、活字の版組み、色指定の他、紙質の選定…少なくとも音楽作品では紙質まで指定できないと思うが、やはり大して違いがないように端からは見えてしまう。

        では何故、ブック・デザイナーはジャケット・デザインを受注しないのか。
        80年代前半まで、グラフィックを含めた全体を著者が手掛けている装幀が多いのだが、それが僕にザ・スミスの一連のジャケット・ワークを思い起こさせる。

        ともあれ、こうして時代と共に変遷する本の表紙を俯瞰するのは見て楽しく、名だたる仕事仲間の寄稿や対談も装幀というものを身近に感じさせてくれる。
        依頼される本の内容を読み込んだ上で、高橋悠治によれば「手の指の数よりおおい本を毎月つくっている」そうだが、であれば尚更に装幀の作法で作るジャケットを見てみたいとも思う。


        関連記事:
        【最近読んだ本】広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」| 2008.02.01
        【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
        【最近読んだ本】「ミュージック・グラフィックス」| 2009.03.12
        【最近読んだ本】港千尋「文字の母たち」| 2009.05.06
        【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
        【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
        【最近読んだ本】「リサ・ラーソン作品集」| 2009.11.24
        【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
        【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
        【最近読んだ本】杉元秀樹・杉元賢治「アインシュタイン切手博物館」| 2011.08.30
        【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
        【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
        【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
        【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
        【最近読んだ本】伊達千代&内藤タカヒコ「デザイン・ルールズ『文字』」| 2013.09.15
        【最近行ったところ】上野の森美術館「世界を変えた書物展」| 2018.09.30
        0
          | books | 2009.09.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだ本
          THOMAS McKNIGHT「Windows on paradise」

          トレヴィル社による(発売元はリブロポート)、トーマス・マックナイトの画集です。

          近年では(少なくとも日本の都市部では)、シルクスクリーンやリトグラフの一般的な印象が非常に低下してしまった感がある。
          そもそも、そういった印刷物はアートであるのか?といった疑念も僕の中にある。

          きっと多くの人も同じなんだな、だから序文や解説に釈明というか意識表示の含みがある。
          本来、作品の質と流通販路は関連してないのだから、よほどなのだろう。

          彼の作品には、2つの特徴がある。
          1つはバルコニー的な空間、つまり開放的だが庇護で限られている。
          これがアメリカではなく、ヨーロッパ文化的な印象を受ける理由だろう。

          もう1つは、色彩的アクセントとしてのファブリック。
          全体に簡略化する中で、布目や模様の表現が細かい。
          これは構図上での植物の代用と、都会的な印象を付加する工夫だろう。

          リゾートホテルなんかのホスピタリティを意図しているようだが、僕が感じるのは(たった今までいた全権者の不在)だ。
          冷めた極楽色の宮殿に、うっかり紛れ込んだ異邦人の心地というか。
          欧米の鑑賞者と異なる、いわゆる島国根性の特性かな。

          各国に出掛けてサンプリングしてきたオブジェクトを配置して、絶妙なカラーバランスを整えれば印刷所任せでも成立しそうな画風…とも思うけど。
          THOMAS McKNIGHT(←左クリックで拡大表示されます)
          0
            | books | 2008.12.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top