おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

最近みたDVD
「ねらわれた学園」

「時をかける少女」がアニメ化されたなら、こっちも当然されてんだろうな…なんて、レンタル店で思い浮かんで探してみたら見つけましたよ本作を!笑
だけど流石に同じ製作チームじゃありませんでしたね、本作は中村亮介なる監督と松竹×サンライズの'13年公開作品らしいです。
正直に言うと本作も「時かけ」の期待を裏切るショボさと同じレベルだろうって、内心かなり冷ややかな気持ちで観始めたんですよ?
つまり期待値マイナスの状態からスタートしたのに、何このクライマックスのドキドキハラハラな展開は!

眉村卓の原作は読んでなくて、大林監督で映画化された実写版は(オーケン本じゃシュールなSFXを強調してたけど)松任谷由実の「守ってあげたい」しか記憶になくて…TVドラマ版も手塚眞と武田真治しか覚えてないけど、先ず序盤でドビュッシーの「月の光」が流れた時はヤバい感じの懐かしさに心を掴まれて。
鎌倉という如何にもな舞台に携帯を絡めた現代的シチュエーションと、最初は予想通りの空回りリメイクに思えたのですが…中盤以降の原作版「時をかける少女」を巧みにブレンドしたような中村監督の脚本力の賜物か、過去の実写版を遥かに凌ぐ出色のジュブナイルSFに仕上がっています。

AKB48の渡辺麻友の声って初めて聞いたけど、涼浦ナツキ役の演技は声優陣と区別つかないレベルで意外でした(主題歌の方は懐メロっぽい曲調自体がダサかったけどね)、むしろ波乗りお嬢さん春川カホリ役の方がアイドル声で萎えたな。笑
ちなみに主人公のケンジと未来からの転校生イケメン京極は後半から存在感アップ、ケンジ祖父と京極父との因縁(←wikipedia情報では原作絡みらしい)やナツキとケンジの過去という込み入った事情が上手く演出されていて感情移入しやすかったです。

クラスの出し物としてシェイクスピアの「夏の夜の夢」を本筋に絡めているので、知っているとストーリーの味わいが一層深まるのでしょうね…エンドロール後のサプライズも若干ベタではあるけど、まんまと胸に沁みてヤラレましたよ。
ところで雑誌「ニュータイプエース」でコミック連載もしていたようですが、どんだけ「○○エース」ってバリエーションあるの?笑
0
    | animation | 2014.07.15 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだ本
    大槻ケンヂ「変な映画を観た!!」

    初版'07年のちくま文庫、初出は'01〜04年の「キネマ旬報」誌に隔号連載されたコラム「オーケンのなんかヘンなの観ちゃった」で…再編集&加筆の中心は大方、第3章であろうか。
    第1章は著者オーケンの思い出シネマ語り、第2章はカルト・ムービーとヘン映画または映画におけるロックの扱われ方…そして第3章ではオーケン自身が関わった映画とその裏話的な内容、巻末解説は江戸木純。
    三留まゆみによる連載時のイラストも収録してはいるものの、ギッシリ詰まった文字情報は縮尺されると読み辛いっていうか読めん!

    オーケンにかかれば名作も大作も一気にヘン映画と肩を並べてしまい、人並み程度には幅広く映画を観てきたつもりの僕なんかでは敵う筈もないのだった…そもそもホラー系では「サスペリア2」、ゾンビ系では「ショーン・オブ・ザ・デッド」しか僕は観てないし。
    例えばあの「タイタニック」をドリフ「全員集合!」前半のドンデンと言われたら観る気にさせられるじゃないか…オーケンの飄々とした文章力と裏腹なシビアな観察眼、そこに映画愛が加われば町山“秘宝”智浩の牙城も危ういところだ。

    若き日のオーケンに接近するケラ先輩のエピソードに限らず、実生活においてもヘンな人々の磁場に彩られている著者…黄昏の新宿を漂っていた姿は幽鬼さながらであり、初台の朝もやに姿を現した故・天本英世と奇妙な相似形として今でも僕の記憶に焼き付いている。
    だから町田町蔵こと町田康が“「大槻さん、バンドやったらモテまくりって、ウソじゃないスか!」と打ち上げで食ってかかった”なんていう微笑ましい思い出話の数々と、あの絶望と虚無のオーラで自然に雑踏の海を割っていた背中のコントラストにグルーピーならずともヨロめいてしまう。

    80年代のシャレオツ映画と思い込んでいた「星くず兄弟の伝説」を“最低ラインの基準”と書かれて観直したくなり、格調高い文芸作品を“激眠”と喝破されて溜飲を下げ…なんといっても観たい映画をゴッソリ増やされ、だがそれらの何本を近所のレンタル屋で発見できるのかと思うと飢餓感は募る一方なのである。
    少なくとも、ギリヤーク尼ヶ崎の「祈りの踊り」は間違いなく置いてないな…せめて「フラッシュ・ゴードン」は、先日の「テッド」から気になっている上に“フラッシュ! ア〜ア〜! 一斉に笑かす!!”なんて空耳ネタかまされては辛抱堪らんというものだ。

    その他、本書で取り上げられる映画で僕も観たのは以下のとおり。
    「レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ」
    「デトロイト・ロック・シティ」
    「トータル・リコール」
    「マイノリティ・リポート」
    「スターシップ・トゥルーパーズ」
    「地獄の黙示録」


    関連記事:
    【最近読んだ本】大槻ケンヂ「ロコ!思うままに」| 2008.11.26


    以下は個人的に気になった映画メモ。
    続きを読む >>
    0
      | books | 2014.02.15 Saturday | comments(0) | - |
      最近読んだマンガ
      浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻

      タイトルには“鉄腕アトム「地上最大のロボット」より”と但し書きが付き、作者クレジットにも“長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション”と付いてます。
      しばらく前に3巻だけ読んで、なんというか(ふーん)という感じだったのですが…甘かったかもしれません、かなり引き込まれます。

      アトムが登場するのはラストで、しかも普通の少年です…いやもちろんロボットなんですけどね、主人公もユーロ連邦のゲジヒトというロボット刑事なのです。
      スイスの異常な山火事とロボットの残骸、ドイツで殺されたロボット法擁護団体幹部…ゲジヒトがうなされ続ける悪夢と唯一体の「人間を殺したロボット」、ロボット同士が殺し合った中央アジア紛争という歴史。

      各地で原因不明の破壊が相次いでいる“最高性能のロボットたち”の中には、ゲジヒトやアトムのように人間と見分けがつかないタイプもいます…旧式のロボットでも心はあるのですが、法律で権利を保証されてはいてもロボットと人間の意識には未だに大きな隔たりがあるのでした。
      P.K.ディックの作品に込められた“どこまでが人間で、どこからが人間じゃないのか”というテーマが、ここにも表れています。


      次巻

      関連記事:
      【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
      【最近みた映画】「パシフィック・リム」| 2013.09.04

      〈長崎尚志〉関連記事:
      (プロデュース)
      【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2009.06.11
      【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
      【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
      【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻(再読)| 2013.02.07
      【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
      (原作)
      【最近読んだマンガ】芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」1巻| 2015.12.01
      【最近読んだマンガ】芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」2巻| 2015.12.08
      【最近読んだマンガ】きら「SQ[エスキュー]」| 2015.12.29
      (“江戸川啓視”名義)
      【最近読んだマンガ】クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻| 2012.10.25

      〈手塚治虫〉関連記事:
      【最近読んだマンガ】手塚治虫傑作選「家族」| 2008.08.23
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「ユフラテの樹」| 2010.05.29
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「ガラスの城の記録」| 2011.07.21
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」| 2012.03.30
      【最近読んだ本】司城志朗「MW ―ムウ―」| 2012.06.01
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「百物語」| 2013.07.31
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫の描いた戦争」| 2018.01.07
      【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫『戦争漫画』傑作選II」| 018.01.14
      0
        | comic | 2013.01.14 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |
        最近読んだマンガ
        岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻

        前に読んだ「少女まんが魂」で絶賛されてた、夢枕獏の代表作を漫画化した作品なのですが…僕には全っ然、分かりません。笑

        のっけから古代エジプトのファラオたちが、平安京の陰陽師対決と平行して描かれていきます。
        どうやら都の設計に関わるゲマトリア的な伏線みたいなのですが、いちいち考えるのが面倒臭くなったので本来の意図は不明です。
        絵は上手いけどクセが強い、というかね…誰が誰なのか区別が付かんのですが!
        結構(分からん奴など知ったことか)と言わんばかりの勢いなので、まぁ途中から読んでるから仕方ないけど…萎えますなぁ。

        よくある晴明ものと趣きが大きく異なるのは、道満法師が八百比丘尼に通ずる異形の者として描かれている点でしょう。
        女性の姿をしながら人ならぬ、不老不死の神。
        御簾の御前で催された射覆(せきふ)の儀において、晴明は道満法師に競り負けてしまいます。

        都の結界を破り禍をもたらす道満と、後手に回った晴明の知略を懸けた攻防戦。
        その辺はあとがきの射覆に関する解説にも詳しいのですが、さっぱりですわ。
        ただ、己の胸に受けた傷で魑魅魍魎を使役するといった件(くだり)に、五十嵐大介の短編集「魔女」のクマリが用いた大いなる呪術を思い出したりしました。

        巻末の謝辞に手塚眞の名があるのは、旦那さんでしたっけか?


        関連記事:
        【最近読んだマンガ】岡野玲子「消え去りしもの」| 2012.11.27

        〈奈良・平安時代〉関連記事:
        【最近読んだマンガ】四位広猫「篁破幻草子 蛍月夜に君の名を」| 2009.05.05
        【最近読んだマンガ】山田章博「BEAST of EAST 東方眩暈録」1巻| 2009.12.04
        【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
        【最近読んだマンガ】坂本久作「コミック版 藪の中・羅生門」| 2010.11.14
        【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
        【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
        【最近みたDVD】「鬼神伝」| 2014.04.22
        【最近読んだマンガ】ユキムラ「たむらまろさん」| 2014.07.28
        【最近読んだマンガ】芥川龍之介(原作)、日高トミ子(漫画)「コミック版 蜘蛛の糸・鼻・芋粥」| 2015.04.18
        【最近読んだマンガ】皇なつき「黄土の旗幟のもと」| 2015.04.24
        【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
        【最近読んだ本】ポール・アンダースン(著)、岡部宏之(訳)「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
        【最近読んだマンガ】山内直実「ざ・ちぇんじ!」1巻| 2019.04.30

        〈長命/不老/不死〉関連記事:
        【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
        【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
        【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
        【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
        【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
        【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
        【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
        【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
        【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
        【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
        【最近読んだ本】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
        【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
        【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
        【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
        【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
        【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2016.05.11
        【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
        【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
        【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
        【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
        0
          | comic | 2010.03.10 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだマンガ
          手塚治虫傑作選「家族」

          祥伝社新書、テーマを絞ったアンソロジー。
          単行本に初収録となる「ブッダ」外伝を含む、10作品が収められている。

          ブラックジャック3作の中では「もらい水」が、タイトルが二重三重に係っていて秀逸。
          その他シュールだったり虚しかったり、淡く織り混ざる読後感に手塚ワールドを堪能。

          改めて、そのストーリーテリングと画面構成に感心する。
          あとがきに手塚眞が書いてるように、斬新さや突飛さの土台には普遍があった。

          正直、誰もが褒め称えるのをなぞるようだが、
          やはり読み返してみると、以前よりも良さが分かるというか…。
          人への愛にあふれてるな、と。


          〈手塚治虫〉関連記事:
          【最近読んだマンガ】手塚治虫傑作選「家族」| 2008.08.23
          【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2009.06.11
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「ブッダ」全12巻| 2009.12.25
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「ユフラテの樹」| 2010.05.29
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「ガラスの城の記録」| 2011.07.21
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫クロニクル 1968〜1989」| 2012.03.30
          【最近読んだ本】司城志朗「MW ―ムウ―」| 2012.06.01
          【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
          【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
          【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻(再読)| 2013.02.07
          【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「百物語」| 2013.07.31
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫の描いた戦争」| 2018.01.07
          【最近読んだマンガ】手塚治虫「手塚治虫『戦争漫画』傑作選II」| 018.01.14
          0
            | comic | 2008.08.23 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top