ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

最近読んだ本
椎名誠「さらば国分寺書店のオババ」

本書は70年代に発表された著者の処女作であり、僕が本書を知ったのはNHK−FMの「クロスオーバー・イレブン」という番組だったと記憶している。
その放送回は聴かなかったけれど、若かりし僕には衝撃的な題名であった。
そうして僕は書店に並んだ「わしらは怪しい探険隊」を手にして、著者の生み出した昭和軽薄体に染まった作文を国語の授業で提出するような中学生になった。

つまり本書は僕にとっての“始まりの書”の一つであり、今頃になって某古本屋の105円コーナーで出会ってしまったのである。
しかし読んでみると、意外なほど面白くない。
今は存在しない国鉄職員から制服着用業界全般へと怒りの矛先を拡大しつつ、それらと対照的なマスコミ業界に一本背負いを食らわさせる後半からの大逆転劇というか大転換…まるで学生運動のエリートが社会の安楽椅子へと着地する口実を模倣したかのように、視野狭窄の不満分子から相手の身になって思いやるオトナの寛容さでオチが着くのは「勤め人のペーソス」というべきか「したたかなアイロニー」というべきか?

だが本書の面白味は、実は本編ではなく「文庫版のためのあとがき」にある。
この新潮文庫の初版が'96年なのは、長らく絶版だった訳ではなく、侠気あふれる理由があったのだ。
また出版後に再会したオババの話や“やたらと「○○的○○的○○的」と、的をタタミかけていく語りが多い”理由など、2ページ程度の短い文ながら本編の読後感を豊かにしてくれる。
まぁ(昭和のニオイを嗅いでみたいナ)っていう奇特な若者が読んでみるにはオススメかな、文体の先輩格にあたる嵐山光三郎によるオマケ的な解説も含めて。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】宮田和彦「虫の正しい踏み方」| 2011.02.16
【最近読んだ本】宮田珠己「ときどき意味もなくずんずん歩く」| 2011.11.25
0
    | books | 2012.05.26 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
    最近読んだ本
    椎名誠「世界どこでもずんがずんが旅」

    初版は'10年、初出は'06〜'09年の旅コラムです。
    とはいえ80年代から極地や僻地のあちこちを「ずんがずんが」してきた著者だから、そりゃもう滅多な旅情物じゃあありません。

    桜蘭への旅は、奥さんの著書(渡辺一枝「チベットを馬で行く」)は読んだ事がありますが著書の話は初めてでした。(←すいません記憶が混同しちゃってるかもしれません、チャンタン高原と楼蘭じゃ離れ過ぎてる…)
    ケニアやキリマンジャロ登頂は、案内役だった佐藤秀明の写真エッセイを思い出しながら読みました。
    何度か出てくるモンゴルの話は、ちょっと前に読んだ「ナラン」とは微妙に違った読後感がありました。
    トレンサップ湖の話は別の方が書いた本の印象と重なりましたし、カイラス巡礼の話も別の方の写真や文章によるイメージが浮かんできました。

    個人的に印象深かったのが過酷なアリューシャン列島の荒涼さと、何度か出てくるラオスやミャンマーの柔和な人々とニュージーランド周辺の地域…パプア・ニューギニアの長閑さやキタヴァ島のクラの儀式、そして「十五少年漂流記」のモデルとなったチャタム島などは本書の僅かな文章だけで何故か今すぐ移住したくなってしまうくらい激しく惹かれてしまいました。
    どの話も一部始終を知りたくなるほど魅力的ですが、それらをカタログ的にダイジェストで味わえるのが本書の醍醐味なのです。

    ここまで世界各地の辺境に出掛けていると、もう冒険家の一歩手前といいますか…本物の冒険家のように企業回りの金策も要らず万端お膳立て整えられたプチ冒険ではありますが、苦難を笑える気力と素人が物見遊山で訪れるには相応しくない土地の四方山話を語る文才とを兼ね備えた著者は現代の語り集め部か昭和軽薄体の吟遊詩人かという気がしますね。
    むしろ素人でもうっかり行けちゃうからこそ、ますます稀有な存在になりつつある事を強く感じるのです。



    関連あるかもしれない記事:
    【最近読んだ本】小屋一平「トイレはどこですか?」| 2007.08.13
    【最近みたビデオ】ドロンズ「南北アメリカ大陸横断ヒッチハイク 青雲のラテン編」| 2007.12.11
    【最近読んだ本】嵐よういち「海外ブラックロード」| 2008.06.30
    【最近読んだ本】さいとう夫婦「バックパッカー・パラダイス2 楽園の暇」| 2008.07.08
    【最近読んだ本】須川邦彦「無人島に生きる十六人」| 2011.11.13
    【最近読んだ本】下川裕治「12万円で世界を歩く」| 2012.06.22
    【最近読んだ本】内野加奈子「ホクレア 星が教えてくれる道」| 2012.10.23
    【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
    【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
    【最近みたDVD】「僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜」| 2013.12.19
    【最近読んだ本】有楽企画・編「よその国ではどーやってるの?」| 2014.02.06
    【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16
    【最近読んだ本】安居良基「世界でもっとも阿呆な旅」| 2016.11.08
    0
      | books | 2012.04.06 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |
      最近読んだ本
      椎名誠「ナラン 草の国の少年たち」

      著者が初めてモンゴルに行ったのは'90年、故・開高健の代役として紀行番組のレポーターを務めた約1ヶ月の旅だった。
      民主化へと移行する激動の首都ウランバートルから草原の遊牧民の暮らしへと分け入り、その時の写真と文が「草の国の少年たち」として'92年に出版された。

      そして、草原に架かる巨大な二重の虹の下を子供が駈る馬を見て「白い馬」という映画の構想が生まれた。
      著者の4作目となった監督作品のパンフレットに収録された「プロダクション・ノート」、その映画の公開時期に合わせて'95年に月刊プレイボーイに連載された「NARAN」の計3編が大幅な加筆を経て本書に収められている。

      モンゴルにはモンゴル独特の光線の色味があり、その広大な風景を撮れば間違いなく絵にはなるのだが…正直なところ、本書の写真は大して面白くない。
      ハッとさせられる写真がない訳ではないが、他の仕事の合間に撮った気晴らしなのだと感じられる。

      文章に関しては、もはや昭和軽薄体を期待してはいけないのだろう。
      それでも懐かしいシーナ文体の面影に嬉しくなるし、真面目な文章であっても魅力的ではある。
      信頼していた現地スタッフの銭ゲバぶりに憤りつつも体育会的合宿ロケのゲル生活を謳歌し、子供たちとの素朴な触れ合いには著者の温かみが感じられる。

      数年前に観た、グレートジャーニーの冒険家が関わった遊牧民たちの映画「プージェー」を思い出してしまった。
      彼らの、厳しい暮らしの中にあるかけがえなさが、これからも共にありますよう。


      〈モンゴル・周辺〉関連記事:
      【最近聴いたCD】ウヨンタナ「天の壁」| 2009.04.06
      【最近読んだ本】ラハムスレン・ガンゾリグ「モンゴル アジアの心臓」| 2011.02.22
      【最近読んだ本】椎名誠「世界どこでもずんがずんが旅」| 2012.04.06
      【最近やったゲーム】「射雕英雄傳」| 2012.09.04
      【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
      【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
      【最近読んだ本】菅沼晃「モンゴル仏教紀行」| 2013.03.07
      【最近読んだ本】米原万里、山本皓一「マイナス50℃の世界」| 2013.04.27
      【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
      【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
      【最近みたDVD】「NHKスペシャル 日本人はるかな旅 第1集」| 2014.10.16
      【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
      【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
      【最近読んだ本】「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
      【最近読んだマンガ】たかぎ七彦「アンゴルモア 元寇合戦記」1巻| 2016.12.26
      【最近行ったところ】東京国立博物館(「海の道 ジャランジャラン」展)| 2018.09.22
      【最近読んだ本】清水哲朗「NewType」| 2020.01.09
      0
        | books | 2011.11.10 Thursday | comments(0) | - |
        最近読んだ本
        佐藤秀明(写真、文)「サファリ」

        ケニアでは旅をsafariというそうで、サバンナを旅するという意味らしいです。

        本書は(怪しい探険隊)の椎名誠と沢野ひとしをガイドする、という「山と渓谷」編集部の企画により刊行された'91年の作品です。
        著者は本業が(椎名誠により映画化された)「ガクの冒険」で知られる写真家で、若干シーナ的な昭和軽薄体を交えた文章と併せて綴られたアフリカ紀行…いや観光記となっております。

        動物のクローズアップでは明らかに腰が引けてますが、景色には風や湿度を含め込んでしまうような拡がりが感じられました。
        バルーン・サファリ(熱気球)では、風に乗っているので風音すらしない…その無音が聞こえてくるよう。
        奴隷環境で生きられないマサイ、適応能力の高いキクユ…さすがは5度目のアフリカだけあって体に染み込んだような言葉で、読んでいてワクワクしてきます。

        今回のメインであるキリマンジャロ登山には特に惹かれるものを感じなかったのですが、これは単に僕の志向性によるのですね。
        どんだけ上り坂なんだっていう非上昇思考(といいますか他力本願)とは別に、観光登山のルートでグッズ売ってたりするのもね…なんかイメージと違いすぎて残念。
        しかし最後に寄ったモンバサは、10年前に思い付きで書いた自分の歌詞が意外に間違ってなかった事が分かって嬉しくなりました。

        この盛り沢山な短い旅程は素人じゃ色々と大変なので、お手軽ながら浸れるアフリカとしてオススメです。


        関連記事:
        【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24

        〈アフリカ〉関連記事:
        【最近読んだ本】小川弘「アフリカのかたち」| 2009.12.03
        【最近読んだ本】アフリカ理解プロジェクト 編「アフリカンアート&クラフト」| 2009.12.03
        【最近読んだ本】青木弐朗「リビア ローマ遺跡写真集」| 2009.12.03
        【最近読んだ本】前川健一「アフリカの満月」| 2011.11.07
        【最近読んだ本】江口一久「ぼくの村、カメルーン・フルベ族の人びと」| 2012.02.12
        【最近読んだ本】松本仁一「アフリカで寝る」| 2012.06.07
        【最近みたDVD】「失われた文明(10)アフリカ 奪われた栄光」| 2013.04.07
        【最近読んだ本】竹田津実「アフリカ いのちの旅の物語」| 2014.03.23
        【最近みたDVD】「MASSAI, les guerriers de la pluie」| 2014.05.31
        【最近読んだ本】藤原章生「絵はがきにされた少年」| 2019.09.11
        0
          | books | 2011.08.27 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |
          最近読んだ本
          椎名誠「風まかせ写真館」

          中学の一時期、この人の“昭和軽薄体”を模倣していた事を思い出した。
          四半世紀ぶりに読む文体は、当時ほどのくだけぶりは潜めていた。

          アイルランド及びアイラ島の文章は、村上春樹氏の著作を思い出させる。
          (←「もし僕らのことばがウィスキーであったなら 」
          当然ながら、同じ風景を見ていても全然ちがう目のやり場。

          キャプションにしては長い、旅先を綴る文。
          そして、まだデジカメでは写せないであろう白黒の、にじむようなコントラスト。

          しかしながら、こういった写真本は今後むずかしくなっていくんだろうな。
          事前承諾なしに撮ってしまう事や、不特定多数に公開する旨の承諾を得る事などが
          (当事者以外からも)厳しく問われるだろうと思うと・・・。
          そういう意味でも昭和的、あるいは20世紀的な面影を感じる一冊。
          0
            | books | 2007.11.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |




            ↑ top